いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2009/11/5

花は心の栄養  

毎年秋になると、お向かいの家には菊の鉢がいっぱい並びます。
菊作りの展覧会にも出品なさっているようです。
自分が元気でいるという証拠に・・というのがOさんの口癖。

お向かいのOさんは、とても親切なおじいさんです。
うちの玄関前の小さな庭の木の剪定も、いつもしてくださいます。
本当にありがたいです。

昨日夕方、私が黄色、紫、白のパンジーの苗を鉢に移していたら、
赤い菊の花が2輪咲いている鉢を持って、Oさんがいらして、
「赤い花があったらええと思うよ。花は心の栄養というから」と
その丹精こめて作られた菊をくださいました。

花を育てて、隣人に贈る。
素敵なことですね。

自分の家で咲かせた花を、両手に抱えきれないほど持って来てくれた、
亡き叔母のことを思い出しました。
色とりどりの花を見て、すごいなー庭にいっぱい花を咲かせるって、
どんなに嬉しいことだろうと、子供のころ思いました。
家には小さい日当たりの悪い中庭があるだけでしたから。

いろんな色の花が咲き乱れる、ターシャチューダの庭には、
羨望の眼差し・・広い土地がまず無いという現実。

花は心の栄養・・・・

この世に花があることで、私達の心は慰められ、豊かに、優しくなる。
花は神さまからの贈り物。
心を養い育ててくれる。確かに。


バラ園の秋の薔薇を早く見に行かなくては。。。。




クリックすると元のサイズで表示します


教会の玄関を飾る薔薇 ニュードーン  

ぶどうの樹さんからお借りしました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2015/5/21  0:00

 


Photo by Asagimadara



黙って見ていると

何かに似ている

しばらく考えこんだけど

よくわからなくて

春風がさやさやと通りすぎた


知人の犬に似てる

そう思いついたら

無性に笑えて
白や黄色や

紫のすみれが愛しくなった


毎朝 見つめ 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ