いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2022/5/26

映画 「カサブランカ」  映画・演劇

よく出来た映画は、何度見ても、新しい発見がある。

私は、あまり同じ映画を何度も見るほうではありませんが、
数少ないその中の、「カサブランカ」を見ました。

教会の友人が、同じ監督の映画を紹介してくださったからでした。
「汚れた顔の天使」という1938年のもの。
そこに、ハンフリー・ボガードが出ていたことを
教えてもらったので、「カサブランカ」につながりました。

アマゾンプライムは、本当にありがたいです。
検索したら、すぐに見つかりました。

監督のマイケル・カーティスは、ユダヤ系ハンガリー人。
1942年公開、、、、というと、
なんだかプロパガンダの要素がないとも言い切れない。

時は1941年12月・映画の舞台は親ドイツの政権下に置かれた
フランス領モロッコの都市カサブランカ

ドイツの侵略による戦火から逃れて、アメリカへ亡命する人たちが、ここにたくさん集まってきていた。

詳しい内容は、ご存じの方も多いと思います。

リック=ハンフリー・ボガード
 映画通の人は、ボギーと呼ぶとは、知りませんでした。
イルザ=イングリッド・バーグマン
 気品のある女優さんだと、つくづく思いました。

「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」(時の過行くまま)。。。。
  やっぱり、いい曲です。
  ピアノを弾く、サムも懐かしい。
国を愛する心、、「ラ・マルセイエーズ」を合唱する酒場の人たち。

最後に分かる、ルノー署長とリックの友情も、憎いですね。

愛するがゆえに、彼女の幸せを願い、
「自分は、過去の思い出だけで生きていく、、、」なんて
なかなか言えません。

有名なセリフ、、、ここで出てくるのだと再確認。
「君の瞳に乾杯」が、3度か4度も出てきていたとは。

久しぶりに「カサブランカ」に浸りました。

 
クリックすると元のサイズで表示します

 カサブランカ (インスタグラムからお借りしました。)

  毎年、鉢植えですが、カサブランカと鉄砲百合が咲くのを楽しみに
  しています。
  ところが、今年は、初めて、つぼみに黒い虫がいっぱいついて
  何本か、切りました。 涙、涙、涙・・・
  なんとか残った百合・カサブランカの花が咲くのを待っています。
1

2022/5/26

セイブザチルドレンへ、桑田佳祐の同級生たちが  音楽

今日、大竹しのぶのスピーカーズコーナー(5/25)で、
心温まるお話を聞きました。

いま、Facebookでシェアさせてもらいました。

桑田佳祐、世良公則、佐野元春、char 野口五郎
1955年、56年生まれの66歳の同級生たちが
一緒に曲を作って、その収益の一部を
セイブザチルドレンに寄付するというのです。

詳細はこちらから

****tv朝日のニュースから引用*****

サザンオールスターズの桑田佳祐(66)が作詞作曲し、豪華メンバーが顔をそろえた楽曲
「時代遅れのRock’n’Roll Band」が、明日23日に緊急配信リリースされる。
参加メンバーは桑田、佐野元春、世良公則、Char、野口五郎という
1955年、56年生まれの日本の音楽業界の“同級生”5人。

新型コロナウイルスの感染拡大や、各地での自然災害、戦争など悲しみが世界中を覆う中、今年2月、桑田と世良が久しぶりに顔を合わせ、
「同級生で協調して、今の時代に向けた発信を出来ないか?」と話したことがきっかけ
4月末、桑田自ら、4人それぞれに手紙を書いて会いに行った。
40年以上も同じ世界で活躍していながら、意外にもこれまで交わることのなかった5人だが「今あえて『時代遅れ』なやり方で、我々の世代が『音楽という名の協調』を楽しむ姿を発信し、
その中で『次世代へのエール』や『平和のメッセージ』を届けたい」という桑田の思いに共鳴し、
それぞれがファンへの感謝とお互いへのリスペクトを胸に集まった。

制作期間は、桑田が手紙を送ってからたった1カ月。
ストレートな歌詞と力強いボーカルが圧巻の愛と希望のロックンロール・ソングが生まれた。
「桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎」名義で
明日23日に緊急配信される同曲を通じて得られる収益の一部は、
困難に直面する子どもたちを支援する「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付される。
************

音楽を演奏する人たちの、温かい思いが、形になって
たくさんの子どもたちを助ける。。。

いい活動ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

 紫陽花の花  (野口勝利さんからお借りしました)

  紫陽花の花が咲くのを待っています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ