いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2021/9/20

十弦琴のライアー  

ライア―という楽器をご存じですか?

「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」で
木村弓さんが弾き語りで歌っておられた楽器です。

私はその音色に魅了されて、十年以上前に、ドイツから中古の小さいライアーを求めました。
つま弾くだけで、その音色に癒されました。

調べてみると***
ライアーとは?
ライアーは膝の上にのせて弾く小さな竪琴です。
1926年にドイツで、哲学者ルドルフ・シュタイナーの思想のもと、
その弟子たちによって誕生した楽器です。
シュタイナー学校で治療教育の楽器として、またシュタイナー音楽療法の現場でも使われています。
*******

このシュタイナー教育については、まだ20代の時に、詳しく調べ、講習会にも参加したほどでした。
よもや、そのシュタイナーのところで考案され、その音楽療法で使われていた楽器だったとは。。。。

でも、このところ、何年も弾くことがありませんでした。

今朝、不意に、楽器が可哀そうだなと思って、楽器のケースの蓋を開けました。
うっすらと付いているほこりを払い、音を出してみると、
音階はそのまま、大丈夫でした。

心に渇きを覚える時、音楽は癒してくれます。

ライア―の音・・・聴いてみてください。

 私の持っているのは、十弦ですが、もっと大きく、弦が多いものもあります。
 ピアノを弾く方々は、大きいのに挑戦しておられる方も多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

   馬酔木の花 (「よしみが行く」さんからお借りしました)

   季節は違うと思いますが、美しい花ですね。
   いつもありがとうございます。

   金木犀が、こちら関西では、香っています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ