いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2021/6/8

『紀の川』 有吉佐和子 作  

1959年1月〜1959年5月「婦人画報」に連載された、
有吉佐和子の『紀の川』

この作品で、認められた有吉佐和子は、「華岡青洲の妻」「複合汚染」「恍惚の人」など
多くの作品を残しているが、53歳で亡くなっている。

私は、朝日新聞に連載された「恍惚の人」で、初めて有吉佐和子の作品を読みました。

『紀の川』は、ずっと気になっていたけれど、とうとう読めないでいました。

この度、NHKの朗読の時間で、全50回、藤田三保子(NHK朝ドラ 鳩子の海の主役だった)の朗読で聞きました。

紀州弁は、「華岡青洲の妻」で、耳にしていました。
なので、懐かしいような気がしました。

和歌山の素封家(地主)の3代にわたる女の歴史。
明治生まれの 花
その娘 文緒
孫で戦後生まれの 華子

明治、大正、昭和という歴史の流れを、
紀州和歌山の風土、悠々と流れる紀の川。。。。

当時としては、進歩的な家庭に生まれた花は、和歌山市内にある女学校を出ていた。
裕福な家に生まれながらも、破天荒な生き方で、花に反発する文緒。
戦後の農地解放で、土地を失い、苦学する華子。

人は、その時代から離れて考えることは、なかなかできない。
その時に聞くこと、読むこと、見ること。
その中で、思考が生まれ、思想も作られる。

有吉佐和子という女性の、背景を知り、その時代に生きる女性を知った。

この現代に生きる女性を書いている小説家は、
誰なのだろう・・・・と、ふと思った。

クリックすると元のサイズで表示します

  ぼけの花 (「よしみが行く」さんからお借りしました)
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ