いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2019/1/28

『一切なりゆき』 樹木希林  ひと

このところ、パソコンで、樹木希林さんの映像を探して見ている。

あの有名な富士フイルムのCM.
40年も続けられたとか。
2019年のお正月、樹木希林さんのいないお正月。

映画「あん」の封切りの挨拶や、インタビューも面白かった。

葉に絹をきせず、思ったことをずばりと言う。

北大路魯山人が好きだとかで、日曜美術館に出演しておられた時も
とても良かった。

そして文春新書の『一切なりゆき』を、追悼の気持ちで買いました。
まだ図書館に入っていなかったからでもあります。

すでに30万部を突破というこの本、
すべて読み終えたら、またご報告いたします。


クリックすると元のサイズで表示します

文春新書 『一切なりゆき』  樹木希林のことば
0

2019/1/20

ドラマ「BRIDGE」 関西テレビ  ドラマ

神戸の友達から、関西テレビで「BRIDGE」というドラマがあるから
見てね、、、と連絡があり録画しました。

阪神淡路大震災で神戸のJR六甲道駅(高架)が落ちました。
早朝だったこともあり、亡くなった方も、怪我をされた方もいなかったようです。
その六甲道駅を復旧するために戦った人たちのお話。

実際にその時に撮された映像と、ドラマとして撮影された映像がうまく組み合わされていました。
JR六甲道駅へ、ロケに来たようです。
それで駅の近くに住んでいる友達が、教えてくれたのでした。

神戸に住んでいた時、よく利用した六甲道駅なので、
今回のドラマは永久保存版です。

地震の時には、私は三田市へ引越ししていたのですが、
親戚や友人がたくさん神戸にいました。


73日間でJR東海道本線を開通させた人たち。
「下町ロケット」もそうですが、技術者の偉業を思います。
そして寒気の中で、24時間、2交代制で作業をしてくださった方々。
すごいなあと思います。

水道から水が出ることが、当たり前だった日常が一瞬にして奪われる。
家が壊れて、財産を失う。
多くの人が命を落としました。

猪年のときは、災害が多かったと今朝テレビで聞きました。
関東大震災、伊勢湾台風、、、
猪年だったとは知りませんでした。

2019年が、無事に過ぎるようにと祈らずにはいられません。
0

2019/1/13

ベトナムのひかり  ドラマ

NHKの土曜ドラマスペシャルを見ました。1/12

 ベトナムのひかり 僕が無償医療を始めた理由

実話でした。
羽鳥(実際は服部匡志)先生という眼科医。
関西の方らしく、英語も関西弁で字幕がつくのは面白かった。

こういうお医者さんが、本当にいらっしゃること。
なんだかとても嬉しい。
15年以上も続けておられる。

お父さんの言葉、「人は人を助けるようにできているんや」


苦労して医学部に入り、30代で内視鏡を使った網膜手術の腕で多くの人に認められた。
「神の手」と言われるほど。

ベトナムでは、多くの人が治療を受けられずに失明している。
助けてほしいとベトナムの医師から頼まれて始まった無償医療。

月の半分は日本で働き、半分はベトナムで無償で働く。
妻の理解と支えも素晴らしい。

ベトナム語と関西弁と英語。
ベトナムの役者さんと日本の役者さんとの共演。
古都フエの町の美しい風景、建物も楽しめました。

音楽も自然で違和感なく、よく合っていました。

ベトナムの若い医師たちを育ててもいる。

視力を失いかけている人が、手術で「見える」ようになったときの喜び。
光・ひかり・ヒカリ。
「ひかりを取り戻すということは、未来を、大きな可能性を取り戻すということや。」

ベトナムと日本の懸け橋。
このような日本人のお医者さんがいてくださったこと。
本当に嬉しい。

人は人を助けるようにできている。

まことにそのとおりです。
医は、仁術ということばが、どこか遠くへいってしまっているような昨今。
人を助けることに、命を情熱をかけておられる方がおられたのでした。


クリックすると元のサイズで表示します

 BS4Kで2月3日夜8:45から再放送があるようです。
 是非ご覧ください。
0

2019/1/8

七草粥  

1月7日もすぎ、七草粥を作りそこね。
今日あたりいただきましょうと考えております。

みなさまの2019年の始動は、いかがでしたか。

少しずつ日常が戻ってきて、
今年もまた、できる活動はさせていただきたいと
願う日々です。

いつまで車が運転できるか。
いつまで文字がはっきり読めるか。

先のことを考えると、不安な材料はいっぱいありますが、
とにかく今を生きる。

引き際の美しさ、潔さについても
いろいろ考えさせられます。

気負わず、へこたれず、笑顔で暮らしたいですね。

みなさまのご多幸をお祈りいたします。

0

2019/1/4

2019箱根駅伝  スポーツ

2019年も恒例の箱根駅伝をテレビで観ました。

もう帰る実家もなくなり、お正月は家で。

マラソンや駅伝を見ると、いつも励まされます。
私も自分の道を走って行こうと。

今年は予想外の展開で、
5連覇の期待のかか青山学院大学は、往路6位。
5分以上も首位東洋大学から離れている。

詳しい経過は、みなさんご覧になったと思うので省略しますが、
結果は、往路優勝が東洋大学。
復路諷誦が青山学院大学。

総合優勝は、東海大学の初優勝。

区間新記録もたくさん出ました。

そもそも箱根駅伝大会は、金栗四三(今度の大河ドラマ韋駄天)が、
アメリカ横断駅伝という構想をもち(実現しなかったが)その予選会として
山のあるコースとして箱根を選んだとか。
これは初耳でした。

駅伝からマラソンへ・・・という長距離ランナーの育成を期待する
瀬古さんは、設楽勇太や、大迫傑の活躍を喜んでいる。

記録を残せる人。
これはいろんなスポーツに当てはまるけれど、
努力と運なのかと、
つくづく思うことがある。

才能があっても、うまく発揮できなくて諦めた人は多い。

好きなことに打ち込める人生というのは、
しあわせなことだと思う。

人生、いろいろだと実感する、今日この頃です。

2019年も、日是好日であったらと願います。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ