いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2018/9/28

『戦争なんか大きらい!』  

絵本作家、61人が描いたという絵本
『戦争なんか大嫌い』が、九条の会10周年を記念して
出版された。
まだ、実物を見ていないけれど、
戦争は、私も大きらい。
戦争をする日本になってもらいたくない。

戦争の実体験のある母から、
焼夷弾が降ってくる中を
祖母と逃げたことを聞いた。

従兄弟のお祖父さんは、
焼夷弾に当たって、
丸焦げになったと聞いた。

今の若者たちは、
そういう話を聞いていないのか。
戦争の悲惨さを
語り継ぎ、
これまでそうであったように
戦争をしない、
平和な日本であってほしい。

あり続ける努力をしてほしい。
お金を儲けることだけに
邁進する国には、なってほしくない。

自分の国だけが一番であってほしい
などと願わないでほしい。

地球の平和!
なんだか急に、ウルトラマンを
思い出してしまった。


★★★★★★★
追記 18.10.5
『戦争なんか大きらい』の絵本、届きました。読みました。

憲法の条文が書いてあり、その反対側に絵がある。
61人の絵本画家の、それぞれの思いが伝わってくる。

時々、開いて見たくなる絵本。

子どもたちは、この絵本を、どのように受け止めるのか、
聞いてみたい。


0

2018/9/24

「The有頂天ホテル」  映画・演劇

9月2回目の三連休、みなさまはいかがお過ごしでしたか。
秋分の日で、お墓参りにいらした方もあるでしょう。

私は9/20木曜日早朝、目の調子が悪くなり、予定していた音訳校正の仕事ができなくなり、
のんびり三連休を過ごしました。

9/22土曜日の夜には、Yさんのお家でホームパーティを開いてくださいました。
本格的なもので、6人がけの大きなテーブルにいっぱいの手料理。
”すごい!!”ということばしか出ませんでした。

Y夫人は、宮崎のご出身、最後には「冷汁(ひやじる」という郷土料理がでました。
主に日本食なので高齢の?私たち7人には、ぴったりのお食事でした。
しかし美味しいので、ついつい食べ過ぎて、翌朝は、朝食はほとんど食べられませんでした。

このごろ、時間があると「アマゾン・プライム」でビデオを見ることが多くなりました。

トム・ハンクス主演だからと見た「王様のためのホログラム」は、
舞台がサウジアラビアというのと、中国企業の進出のすごさは、今時でしたが
内容が希薄で、残念。

それで、気を取り直して三谷幸喜の「有頂天ホテル」を見ました。
2006年の映画です。
予告を見ていても面白そうでしたが、予想を裏切らず、
なかなか複雑にいろんな話題が盛り込まれ、ホテルマンの気骨も見せてもらい、
満足でした。

なにを伝えたいのか・・・・
引き出しをたくさん持っている脚本家は強いです。

役所広司も良かったし、松たか子もいい演技をしていました。

どこへも行かなくても(映画館やレンタルビデオ店すら)、
こうして映画を楽しめること、ありがたいです。

自分を偽らずに、生きていこう!
と思わされました。

最後のオダギリジョーの「謹賀信念」改め「謹賀新年」の書
まさに自由な発想。

気持ちが落ち込みそうになった時に、おすすめの映画でした。

みなさまは、ご覧になりましたか。

クリックすると元のサイズで表示します


 映画 「The有頂天ホテル」よりお借りしました。
0

2018/9/17

プチコンサート  音楽

9/16(日)午後2時から女声合唱団 花みずきのプチコンサートがありました。
友達のUさんが団員なのです。
5人の仲間たちと応援に行きました。

2007年に結成されたそうですが、指揮者、伴奏者ともに女性で、
団員は現在13名。
結構年配の方が多かったのですが、長年合唱をなさってきたからでしょうか
みなさんよく声が出ていました。

歌いたい、歌うことが好き、歌い続けたい。
その思いが、歌の歌詞の中にも感じられました。

1部はやなせたかし作詞、木下牧子作曲の「愛する歌」から7曲。

2部はなかにしあかね作詞作曲の「歌を探して」から2曲
「森のお客さま」から2曲

第3部は「ホームソングメドレー」で、よく知られている曲
 アニーローリー、グリーンスリーブス、ロンドンデリーの歌、ローレライ、
 野ばら、浜辺の歌。

生の演奏は、やはり楽しいです。
ピアノのすぐ近くに座ったので、伴奏者の滑らかな指の動きも見れました。
また、指揮者の女性は、大阪弁でのおしゃべりがとても面白く、
このような先生に指導してもらったら、どんなに楽しいかと思いました。

また、1部と2部は、すべて暗譜。
これもすごいことだと思いました。

歌うことが大好きな女性たちの思い、
しっかり受け止めました。


0

2018/9/12

備えあれば、憂いなし  自然

この度の台風21号は、噂どおり強力で、
予想以上の被害が、近隣で確認されました。

ここ関西は、近年台風が通過するとしても、ややコースを外れることが多く、
みんな油断していました。
きっと向きを変えて、それて行くだろうと。

ところがその予想に反して、今回はまともに直撃。
しかも台風の右側で、より風がキツく、
今までにないことが起きました。

たとえば、古い家の屋根瓦が飛んだり、
外に置いている物置が飛んだり、
そして思いがけぬ停電。
我が家は幸い、難を逃れましたが
何人かの友達、知人のところは、4日間も停電。

しかも、ある人は、隣近所は2日目についたのに、
自分のところとあと1軒だけは4日間停電。
どうも引き込み線までは、関西電力も感知することができないようで、
この地域は通電したと確認したら、個別の案件まではわからないようです。

しかし、その後起こった北海道の地震では、全道が停電。
あの山崩れも、広範囲で驚きました。
隣は土砂に埋まって、その隣は無事というところもありました。

水と電灯の備えをしておかないとと思います。

我が家はあわてて、携帯の充電器をアマゾンに注文しました。

備えあれば、憂いなし。

空振りだったら、それは感謝なこと。
万全の備えをしているつもりでも、万全ではないことも多い。


自然を甘くみてはいけないと、つくづく思う今日この頃です。

災害が起こらないことを祈るばかりです。

みなさんのところは、大丈夫でしたか。

被災された方々、復旧に携わっておられる方々の
健康が支えられますように。
そして立ち上がる勇気が与えられますように。


0

2018/9/4

映画「ミッドナイト イン パリ」  映画・演劇

午後2時ころ、神戸に台風が上陸したらしく、激しい風と雨でした。

午前10:30には、JRが運転をやめました。
昨日からの予告があったので、会社や学校も休み。
これはいい対処法だったと思います。

台風20号のときよりも、被害は大きかったようです。
同じ市内の友人は、電線が切れたらしく、停電。
夜になってもまだ復旧しなくて、大変です。

時間があったので、もう一つ、アマゾンプライムで映画を見ました。
「ミッドナイト イン パリ」
これは私の好きな、時空を超えるもの。
1900年ころのパリ。
フィッツジェラルドとゼルダ、ヘミングウェイ、ピカソ、コール・ポーター、
モジリアニ、ブラック、ロートレック、ゴーギャン、ドガ・・・・
いっぱい有名な芸術家が出てきて、面白かったです。

いつの時代も、現代に不満を持ち、過去を黄金時代と懐かしむ。

モネの絵もたくさん出てきました。
またパリの風景も綺麗でした。

自分が尊敬している画家や作家に会えたら・・・
ぞくぞくします。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ