いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2018/6/26

躍動と哀愁のマリンバ  音楽

録音が5月6月と忙しかったので
気分転換をかねて、またまた、ワンコインコンサートへ。

なんとなくマリンバが聴きたい気分で、探していたら、
2ヶ月くらい前に見つけました。
ほとんどもう座席は残っていなくて、
3階の4列の一番後ろで、舞台に向かって右端。

さて、ここでどんな音が聴けるのか・・・と興味津々。

演奏は、8曲でほとんどよくしているもの。
ピアノ(同級生の女性)とパーカッション(後輩の男性)が共演。

曲目は
1.モンティ  チャルダーシュ
   この曲はヴァイオリンで演奏されることが多いのですが、
   マリンバとピアノも、素敵でした

2.サン・サーンス  序奏とロンド・カプリチオーソ
   これも有名な曲。ピアノとマリンバ。
   3階の隅っこでしたが、音はとてもよく響いていました。
   ホールがいいのかな。

3.ピアソラ  リベルタンゴ
   これは、ソロ。4本のマレット(枹・ばち)を使ってだったと思います。
   前から、この4本を使うのはすごいなあと思っていました。
   ハープ奏者も、尊敬しているのですが、
   マリンバ奏者も本当にすごいです。

4.西部哲哉  五木の子守唄による幻想曲第2番
        〜マリンバとピアノのための〜 (初演)
   すごいアレンジでした。五木の子守唄が、変げ。

5.M.シュミット ガーナイア
   これはアフリカの曲らしい。もともとマリンバはアフリカ生まれの楽器。
   19世紀末にいまの形になったようです。
   いわゆる木琴の下にパイプがついた。
   最初は、木の板を土の穴の上に置いて演奏していたらしい。
   穴が共鳴板。

  マリンバの音は深く暖かい響きで、癒されます。

6.朝吹英一  走れマリンバ
   これは、マリンバとピアノにパーカッションが入ったもの。

そうそう、演奏者のお名前は
 マリンバ  岩見玲奈 いわみれな
 ピアノ   富永愛子 とみながあいこ
 パーカッション  田村拓也 たむらたくや
みなさん東京音楽大学の卒業生。

7.リムスキー・コルサコフ  熊蜂の飛行
  これも3人で。マリンバを岩見&田村で。
  この曲は、コンサートでよく演奏される。
  とてもテンポが早く、腕の見せどころなのかもしれない。
  二人が音域を代わりながらの演奏。
  あとにパーカッションも入る。

8.アンダーソン  アンダーソン・メドレー
  よく聞く、シンコペーテッド・クロックやタイプライターや
  そりすべりなどなど、軽快な3人での演奏

曲の間のおしゃべりも明るく力強く、本当に躍動的でした。

そしてアンコール
 岩見玲奈さんが好きで、自分で編曲したという「ダニー・ボーイ」
 マリンバの音色にすごく合っていて、涙がでそうになりました。
 これはソロ。
次にあとの二人を呼んで、3人でのアンコール。
 曲名は忘れてしまいましたが、よく知っている曲でした。

いつもながら、ワンコインでこれほどの演奏を聴けるとは。。。
至福の時間でした。

ありがたい、ありがたい、、、、

音楽総監督の佐渡裕さんに感謝。

  
クリックすると元のサイズで表示します

ミラクルマリンバ岩見玲奈withホットなプレイヤーズ
 兵庫県芸術文化協会 文化振興事業の紹介のHPからお借りしました。
1

2018/6/23

リボーン 再生・復活  

リボーン REBORN 再生・復活
この言葉が、急に気になりました。
これは以前どこで聞いたのだったか。

そして思い出したのが、映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で歌われていた歌だったということ。
山下達郎の作詞作曲。
それで、少し前にアマゾンで買っていたDVDを見ました。

もちろん、本を読み、映画も映画館で見ています。
私が、東野圭吾にはまるきっかけになったものなので、
大切にしている作品です。

1980年と2012年の時空を超えて。
今回、DVDで確認したことは、32と言う数字は、
店主のナミヤさんが亡くなってからの33回忌ということでした。
やはり1度映画を見ただけでは、細部までは分かりません。

丸光園も、マルコ園と思っていました。
魚屋ミュージシャンと迷える子犬さんが1980年に
ナミヤ雑貨店の前で、言葉を交わしたことも、
深い意味があった。

セリは、魚屋ミュージシャンと丸光園で会い
弟の命を助けてくれた
彼の歌を、感謝をこめて歌い続ける。

だれかに幸せになってもらいたいと願う気持ち。
希望を信じて生きて欲しいと願う思い。

映画では、店主のナミヤさんと、丸光園の創設者暁子さんの恋と
丸光園で育った子供たちとのつながりが、鮮明に描かれている。
3人の男の子たちのその後が描かれていたのも、映画ならでは。

やはり私は時空を超える物語が、好きです。

アニメ「君の名は」も、テレビで3回見て、細部を確認。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」も大好きです。

村上春樹の『1Q84』の元になった ジョージ・オーウェルの『1984』も
時々その未来予言的な内容を思い出す。

ヨハネの黙示録の、ハルマゲドンは、いつ来るのかと、
6/18の大阪北部地震で再度、考える。
そして、先程も少し大きい余震が。。。

悔いのない日々を過ごしたい。



クリックすると元のサイズで表示します

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 本

山下達郎 作詞作曲  REBORN

 生きることを教えてくれた
 あなたを忘れないよ
 かけがえのない愛の形見に
 さみしさは似合わない
 そっと微笑む
 にじむ夜を抱きしめ

 あなたはいつだって
 わたしのそばにいる
 目に見えぬ力で
 心を奮わせる
 いつかまた きっとまた
 めぐり会う時まで
 少しだけのさよなら

 触れることはもうかなわない
 でも いつも感じてる
 わたしたちが生きた証しを
 くちびるに言葉を乗せ
 あなたの代わりに
 歌おう声の限りに

 わたしたちはみんな
 どこから来たのだろう
 命の船に乗り
 どこへ行くのだろう
 あなたからわたしへと
 わたしは誰かへと
 想いを繋ぐために

 悲しまないで
 うなだれないで
 振り向かないで
 怖がらないで
 止(とど)まらないで
 あきらめないで
 生きて行きたい
 あなたのように

 あなたはいつの日か
 ふたたびよみがえり
 永遠のどこかで
 わたしを待っている
 たましいは決して
 滅びることはない
 いつかまた きっとまた
 めぐりあう時まで
 少しだけのさよなら
 たくさんのありがとう
 少しだけのさよなら

   これは、再臨のときに復活して、よみがえって会うという希望

クリックすると元のサイズで表示します

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 映画
1

2018/6/19

大阪北部地震  自然

昨日の朝6/18(月)7時58分。
大阪北部を震源とするマグニチュード6の地震がきました。
うちは兵庫県ですが、大阪に近く、震度5でした。

地震は、なんの前触れもなく、突然揺れる。
ぐらぐら、ぐらぐら、30〜40秒くらい続いたでしょうか。
私は居間のテーブルに座っていたのですが、
なかなか揺れが収まらないので、
ひたすら「イエス様!」を連呼。

本が数冊落ちてきたくらいでしたが、
我が家の猫は、びびってしまって、
今日も、ずっと居間にはいませんでした。

どうも、押入れに隠れていた模様。

友人のO夫妻は、震源地。
早速メールをしましたが、大丈夫でした。
一時ガスと水が止まったようですが、
今はライフラインは復旧。
ほっとしました。

平塚の従兄弟から、電話があり、
三重県の友達からもメールがありました。
沖縄の教会の友達からも、メールがありました。

本当に、ありがたいことでした。

まだまだ余震が続きます。
これ以上大きな地震がこないようにと祈るばかりです。

しかし、阪神淡路大震災の揺れを経験しているので、
それよりは小さかったと思いました。

災害は忘れたころにやってくる。

発生確率80%の南海トラフへの備えをしなければ・・・と思います。

けれど、万が一その時、大阪の梅田の地下街にいたとしたら、
それも運命としなければならないのかも・・・と
録音の仲間たちと話しました。

みなさまのところは、被害はありませんでしたか。

被災された方々の上に、力が与えられますように。
亡くなられた方々のご親族の上に、慰めがありますように。

1

2018/6/11

『天翔ける』 葉室麟  

図書館に予約してから、かなり日にちがすぎていて、
どうしてこの本を読みたいと思ったのか、忘れてしまいました。

葉室麟という作家の名前は、本屋さんで見てましたが、
全く読んだことのない作家。

時代は、江戸末期。
主人公は、松平春嶽だと分かってきました。
勝海舟の使いで、坂本龍馬が訪問している。

NHKの大河ドラマの「西郷どん」とも、
同じ時代。

加賀百万石を築いた春嶽。
時代もののドラマでは、よく出てきていましたが、
その詳しい生涯は、知りませんでした。

今日から読み始めたところですが、
なかなか面白そうです。

クリックすると元のサイズで表示します

『天翔ける』  表紙   株式会社 KADOKAWA 角川
1

2018/6/5

百合の花  

6月になりました。
そろそろ梅雨入りの気配。

いま、百合の花と紫陽花が綺麗に咲いています。
薔薇はもうおしまいのころ。
バス通りのバラ街道(勝手に名付けました)の薔薇も、
バラ公園の薔薇も、我が家の白い薔薇も、そろそろおしまい。

鉢を大きくしたからか、
今年は百合が綺麗に咲きました。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


好きな花たちが、毎年咲いてくれるのは、
本当にしあわせです。

少し前には、ムスカリが青紫の花を見せてくれました。

紫陽花も、だんだん増えていきます。

大好きな桔梗の花の茎も伸びてきています。

春から夏へ、、、野に咲く花が美しい季節です。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ