いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2017/9/27

映画 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」  映画・演劇

本日9/27、映画の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を見てきました。
23日から公開で、1週間は大きな映画館の一番広いところで、1日5回上映。
ただ、最近はすぐに回数が減ったり、終わってしまったり、かろうじてレイトショウということもあり、この度は、早くに行きました。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を読んで、東野圭吾にはまった私としては、どうしても見たかったのです。
あの1980年と32年後の2012年を、どのように映画で描くのか、
とても興味がありました。

原作を読んでいなくても、よく分かるように、年代の違いをうまく描いてました。
とても良かったです。

浪矢雄治の役を、西田敏行が演じました。
私が思い描いていた人物とは、少し違いましたが、好演でした。

小説を読んでいるときは、三人の少年たちの性格が、なかなか掴めませんでした。
しかし映像になって、よりその性格がわかりました。

敦也の山田涼介は、全然知らない子。ガクトにどこか似ている。
翔太の村上虹郎は、「仰げば尊し」で知った子。村上淳の息子だそうです。落ち着いた印象。
幸平の寛一郎は、佐藤浩市の息子で、三國連太郎の孫。どんな演技をするか楽しみ。

丸光園は、マルコ園かと思っていました。
いろんな事情を抱える養護施設で育った子供たち。

REBORNリボーン再生・復活の歌詞もとても良かった。
セリの歌も、山下達郎の歌も。

生きる希望・生きる意味をみつけて成長していく若者たちをみるのは、
本当にうれしい。

原作の小説もとても良かったけど、
この映画もとても良かった。

終わってから、思わずパンフレットを買ってしまいました。

時空を超える物語、不思議な話・奇跡・奇蹟は、大好きです。
ファンタジックで、現実的。

クリックすると元のサイズで表示します


追記
映画の好きなお友達が、校正してくださいました。
何箇所か修正いたしました。
ありがとうございます。
1

2017/9/25

「眩」(くらら)  ドラマ

ご覧になりましたか。
NHKのテレビドラマ「眩」(くらら)
葛飾北斎の娘、栄(えい)が主人公。宮崎あおいが好演していました。

大阪の阿部野ハルカスで、北斎展があるようです。
世界に散らばっていた北斎の絵が、200点あまりくるようです。

歴史秘話ヒストリアでもこのお栄のことを取り上げていました。
父親北斎を手伝っていたから、ややいままで陰に隠れた存在、
しかし、遊郭の格子を通してもれる灯りの表現など、
レンブラントと比べられるほど。

彼女は光と影に、ことのほか興味をひかれたようだ。
江戸の火事は、有名ですが、その焔の色も、どうしたら出せるか、、、
絵を描くことに魅入られた娘。
「家事なんて細々したことは、やってられない」とのたもう。

昨日、その「眩」をくららと読ませていることで、
ふと気がついたことがありました。
まぶしい=眩しい。
くらら=光り輝くもの。という意味があります。

アッシジの聖フランチェスコの同志であった
修道女クララが、光り輝くものという意味だったことを
思い出しました。


眩しく光り輝くその光を表現するために、影をつける。

まさに、お栄をあらわしている「眩」くららでした。

それにしても、葛飾北斎の構図の大胆さに、
今更ながらに驚いています。
斬新で洗練されている。

でも彼自身は、晩年にも、「もっと上手に描けるようになりたい」と
お栄に言っていたとか。

参りました。
0

2017/9/17

『蜜蜂と遠雷』 ピアノ全集  音楽

毎年秋に、小学校からの友人と4人で一泊旅行をするのが恒例でした。
ところが、今年は友人の家族の怪我で、急遽中止になってしまいました。
それで、というわけではないような、あるような、、、、
『蜜蜂と遠雷』のピアノ全集を買いました。
完全版です。 CD8枚。
CD1と2に風間塵
CD3と4に栄伝亜夜
CD5と6にマサル・カルロス・レヴィ・アナトール
CD7と8に高島明石

彼らが1次予選、2次予選、3次予選、本選に弾いた曲が
すべて収録されています。

いろんな有名な演奏家で。
グールド、ラン・ラン、キーシン、リヒテル、ルービンシュタイン、ホロビッツ・・・
仲道郁代、中村紘子もあります。
本選は、オーケストラがつきます。

いまはまだ、順番にCDを聴いているところですが、
小説をたどりながら曲を聴くことができたらいいなと思っています。

このピアノ全集を企画・編集した方は、きっとどの曲に、どの演奏者を選ぶか
いろいろ考え、悩まれたことと思います。

そんなことも考えながら、楽しみたい全集です。

音楽が出てくる小説は、大好きです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ