いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2015/2/26

光と影  

セピアの薔薇


クリックすると元のサイズで表示します


       写真/@Lapie fr


フランスのニース在住のらぴさんのブログを訪問するようになって、
たぶん半年くらいでしょうか。

たくさんの素敵なお写真を見せてくださいます。

今回のこの薔薇、、、、光と影の使い方が心憎い・・・
どうしても、このお写真を私のブログに飾らせていただきたくて。

コメントに、レンブラントの絵を思わせる。。とありました。


そういえば、去年の12月にも

朝だけの影絵

クリックすると元のサイズで表示します

        写真/@Lapie fr

このような素敵な写真がありました。


常にカメラを手に、風景を切り取る・・・
私には出来ないことです。


ふと、亡くなった弟も、写真が趣味だったことを思い出しました。
遺品のNikonの一眼レフのカメラは、いま我が家にあります。

大自然の美しさ・・・
光と影の描く摩訶不思議な光景・・・

撮っておけたら、いいな。


らぴさん、これからも期待しています。
0

2015/2/19

『旅の途中で』  

『旅の途中で』という高倉健さんの本を読んでいます。

1996年〜2000年、ニッポン放送のラジオ番組「高倉健 旅の途中で・・・」の書き下ろし。

散文詩のように文字が並んでいる。

どの文章も、健さんの謙虚な優しい人柄が感じられます。
その中に「それが高倉健という男ではないのか」という章があります。
孤高の作家とも言われている、丸山健二さんが寄せた文章。

健さんは最初に

 自分をこの何年間か、
 勇気づけ励まし続けてくれたこの文章が、
 自分を応援してくれている皆さんにとっても、
 大きな力になるということを信じて紹介させていただきます。

最後に、
 いただいた言葉に反するようなことが、
 これから出てくるかもしれませんが、 
 丸山さんどうかいじめないでください。
 本当にありがとうございます。

と書いてありました。
その中身の文章は長いのでここでは省略しますが、
その文章を書いた、丸山健二さんという作家にも、
敬意を払います。

まさに、このような男が、高倉健である、と思いました。

安曇野に住んでおられる丸山健二さんの作品を、
図書館に何冊か予約しました。

ブログも読んだのですが、とても共感しました。
本物の作家を探そうとしておられる自信に満ちた人。

もし機会がありましたら
「それが高倉健という男ではないのか」を
是非お読みください。

新潮社から出ている単行本のこの表紙の文字
「旅の途中で」にも魅かれます。

人生は旅・・・
そう思うのは、芭蕉だけではない。
みんな、旅の途中です。

旅を終えて、健さんは眠っておられる。
どんな夢を見ておられるだろうか。


追記

ニッポン放送のラジオ番組を、YouTubedeで聴くことができると
らぴさんに教えていただきました。ありがとうございます。
さっそく捜してみたら、
「それが高倉健ではないのか」という番組で、
健さんの肉声での朗読を聴くことができました。
少し恥じらいを浮かべた声、胸に迫るものがあります。

真実を求めて生きていた人は、きちんと残してくださる。
そう実感しました。

真実・真理を求めて生きていきたい。
こんな不甲斐ない私ですが、、、気持ちだけは前を向いて
希望の光を見つめて、日々歩みたい。



クリックすると元のサイズで表示します


年末の釣り人
           写真/@Lapie fr

ラピさんからお写真をお借りしました。
ありがとうございます。
0

2015/2/8

追悼  後藤健二さん  いのち

やはり書いておきたい。
全く知らない人ですが、後藤健二さんを追悼します。

紛争地域で、何が起こっているか。
ジャーナリストとしての使命をもって生きていた人。

争いではなく、平和を求めた人。
憎しみの連鎖ではなく、赦しあうことを求めた。

報復ではなく、敵を愛する心を求めた。
子どもたちの笑顔を求めた。

彼の死は、強く訴えた、世界の平和を。
私も求めたい、赦すこと、愛すること、平和を。



『ダイヤモンドより平和がほしい  子ども兵士ムリアの告白』
後藤健二さんの著書を、アマゾンへ。

友人が、後藤健二さんの死から、星野道夫さんのことを思ったと言っていました。
確かに、二人は自分の名誉を求めたのではない、
人から賞賛されるために、写真を撮ったのではない。

自ら望んだ死ではなかったけれど、
その死の衝撃によって、世界に発信した愛。

大河ドラマの吉田松陰の死を、思った。
多くの若者の魂を奮起させた人。

生きることと死ぬこと。
繰り返される命の営み。

私は何を求めているのか。
あなたは何を求めているのですか。


追記
今の私は、「平和」を求めています。
ということに気が付きました。
日本も、世界も平和でありますように。


クリックすると元のサイズで表示します


黎明の美瑛  北海道

northland-art-studioさんからお借りしました。
いつもありがとうございます。

夜が明け、希望の光が輝くことを祈ります。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ