いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2012/3/30

理学療法士  祈り

旅立ちの今日、うれしいたよりが届きました。

二人の若い男の子が、見事理学療法士の国家試験に合格なさいました。

一人は4年間働きながら勉強していた教会の青年。
もう一人は友達の息子さん。

資格を取るために、二人ともどんなに努力なさったか。
「若い時の苦労は買ってでもしなさい。」と口で言うのはたやすいけれど、
その渦中にある人たちにとっては、苦しく辛い。
それを乗り越えることで鍛えられる精神。

自分が選んだ道を歩める素晴らしさ。

二人ともすでに就職先も決まっていて、
4月から社会人。

夢と希望をもつことができる若い人たち。

3月になると必ずラジオから聞こえてくる歌。
私の大好きな「旅立ちの日に」を贈ります。

♪勇気を翼に込めて
希望の風に乗り
この広い大空に
夢を託して

この繰り返しの部分が
心の中を何度も流れます

Y君、M君、おめでとうございました!!



クリックすると元のサイズで表示します

神様の豊かな祝福をお祈りします。

フリーの写真サイトよりお借りしました。



クリックすると元のサイズで表示します


小樽 第3ふ頭


いざ船出せん

northland-art-studioさんからお借りしました。

いつもありがとうございます。
2

2012/3/19

運命の人 山崎豊子  心象風景

みなさん、ご覧になっていましたか?
「運命の人」
山崎豊子の本は、何冊か読んでいましたが、この本はまだ読んでいません。

沖縄の密約については、澤地久枝さんが『密約』という本を書いていて、
ずっと前にテレビで、澤地さんの語るのを聞いたことがありました。

沖縄の青い空と海を見ていると(映像で)、私はそこに血の色を思い浮かべてしまいます。
昭和20年の3月から始まった沖縄戦の悲惨な戦いは、断片的には知っていました。

「運命の人」とは、だれなのか。
最終回で、それは弓成亮太の妻であったことに、深い感動を覚えた。
新聞記者としての生き方に共感し、一生支えようと決心したその心は、
揺れ動き、悩むことはあっても、その若い日の契は崩壊しなかった。

耐え忍ぶとひと言でいうが、それを体験することは辛く厳しい。
途中で投げ出す人の多いことを思うと、
やはりすごいことだと思う。

国家機密、極秘文書という名のもとに、真実を隠ぺいする政府の体質は
なかなか変わらないことを痛感する。

「運命の人」全4巻に挑戦する気力がいまは失せているけれど、
かつて「沈まぬ太陽」を読破したことを思い出し、
読むことになる日が来るかもしれません。

とりあえず、澤地久枝さんの「密約」はアマゾンへ。

あまりにも、沖縄の歴史を知らなさすぎたことを反省します。
断片的ではなく、人々の苦悩をしっかり見据えていきたい。


クリックすると元のサイズで表示します


沖縄の海


ラターレインさんからお借りしました。


クリックすると元のサイズで表示します


忘れな草

northland-art-studioさんからお借りしました。


沖縄の戦いで亡くなった方々へ手向けます


******
追記

取りあえず、図書館へ「運命の人」を予約したところ、
貸し出し中・・が多かったにもかかわらず、
本日3/21 一気に単行本で全4冊、借りることになりました。
ほかにも3冊、何か月か待っていた本も来てしまい・・
読書三昧ならぬ、読書に忙殺・・ということになるかもしれません。
がんばらねば!
*******
2

2012/3/8

デイジー テスト  

今日は、3月末に大阪の肥後橋にある日本ライトハウスで、
「デジタル編集の講習」を受けるためのテストがありました。

定員15名に対して、応募者25名。
10名ずつ、別室でノートパソコンを使って、文章の入力とそれをフォルダに残し、またそれを違うフォルダに移動する・・・これを25分で完了するのでした。

朗読の仲間4人でテストに挑戦。
予想以上に課題は難しく、とても緊張して手が震えるほどでした。

私に与えられたノートパソコンは、セブン。
最近XPからセブンにパソコンを買い替えておいて良かった!と思いました。
そうでなければ、操作に慣れず、時間内で終わったかどうかわかりません。

部屋の時計を見ながら、「天声人語」の抜粋を入力。
最近読んだ、清少納言の文章が引用されたものでした。

まだ制限時間内なのに、完了したと出ていく男性、そのあと3人の女性も出て行って、残ったのは、6人。
でも時間を競うものではないので、私は念入りに見直しをしました。

さて、結果はどうなるでしょう。。

終わってから、4人で阪急梅田駅近くの喫茶店で、気分転換のお茶をしました。
一人で落ち込んで帰るのではなく、みんなでわいわい話しながらの、楽しい受験後のひとときでした。

いい仲間は、ありがたいです。
感謝。

帰宅して、疲れからかめまいを感じて、少し横になりました。
歳かも。。



クリックすると元のサイズで表示します


これは東京の喫茶店。大阪梅田のではありません。。


northland-art-studioさんからお借りしました。
いつもありがとうございます。



*********追記
先ほど(3.13 午後8時過ぎ)、日本ライトハウスからお電話がありまして、
何とか合格しました。
お祈りありがとうございます。

感謝!!
********************
2

2012/3/3

エミリ・ディキンスン  

2007年の11月、、このブログを初めて1か月あまりの「矢と歌」太田俊雄先生の記事を、
先生のお孫さんのみちこさんが読んでくださって、コメントをくださいました。

きっかけは、ロングフェローの「矢と歌」を検索してとのこと・・・・
先生がお亡くなりになって、もう25年も過ぎていたとは。
群馬県の安中市へ移られたこと、お亡くなりになったことは知っていましたが、
よもやお孫さんとの出会いが、ブログを通して与えられるとは思ってもみませんでした。

うれしい奇跡、神様からの贈り物。


メールアドレスを残してくださっていたので、さっそくメールさせていただきました。

エミリ・ディキンスンの「もしもわたしが」という詩は、かつて私も太田俊雄先生に教えていただいた詩。
太田先生は、その恩師柴田俊太郎先生から教わったのではなかったかと思います。
みちこさんは、この詩をおじいさん(太田先生)から教えられ、将来の方向を決めることにもなったとお聴きして、新たな感動を覚えました。

エミリ・ディキンスンは、その生き方を含めてとても魅かれる詩人です。


いろんな訳がありますが、中島完訳で紹介します。

もし私が一人の心の傷をいやすことができるなら
私の生きるのは無駄ではない
もし私が一人の生命の苦しみをやわらげ
一人の苦痛をさますことができるなら
気を失った駒鳥を
巣に戻すことができるなら
私の生きるのは無駄ではない



私の生きるのは=「私の人生は無駄ではない」で読んだ気がします
苦痛をさます=さます・・・何かほかの言葉はないでしょうか。

とても勇気づけられる詩です。


もしこのブログが、だれかの心の傷をいやすことができるならと
祈りつつ記していきたいと思っています。


クリックすると元のサイズで表示します

小樽  赤岩海岸 五月の桜

northland-art-studioさんからお借りしました。

これはどこの海岸でしたか。
早速教えていただき ありがとうございました。


私はこの左側の細長い岩が、聖母子像に見えて仕方がないのですが、
みなさんは、どのようにご覧になりますか?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ