いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2012/1/24

奇跡  祈り

今日、とても嬉しいことがありました。
教会のNさんの息子さんが、お正月過ぎから心臓の具合がお悪くて、高熱が出て、手術もまだ出来ない。。という状態でした。

ところが、白血球の異常数値が下がり、他の検査結果も良好で、
お医者さんも、なぜだか分からないけれど、これで抗生物質の投与をやめて大丈夫だったら、
退院できます・・・・という知らせがありました。


神様は祈りに応えてくださいました。
時に私たちが考えるよりも、答えが遅かったりすることもありますが、
すべては、み手のうちにあり、その時も支配しておられることを信じつづけ、
願いと祈りを捧げるとき、神様は最善の道を備えてくださる。

Nさんからのお電話、、一緒に癒しの奇跡を感謝し、喜びました。

互いに祈りで支えあうことが出来る仲間
ありがたいことです。


「祈れる」ということ、これも大きな恩寵だと思いました。

「神様、なぜですか!」という叫びと涙に、応えてくださる。

今日はとても幸せな1日でした。


神様、み名を賛美します。
ありがとうございました。。。。。。


クリックすると元のサイズで表示します


次男の嫁の会の出口さんからお借りしまいた。

美しい花に慰められます。




クリックすると元のサイズで表示します


northland-art-studioさんからお借りしました。


厳寒の中にあっても、光を目指して歩みつづけたいです。
1

2012/1/17

ふたりの京子さん  ひと

昨日、ふたりの京子さんが我が家に来てくださいました。

K京子さんと、N京子ちゃん。
ふたりとも、私より若いのですが、より若いNさんは、京子ちゃん。
私の歳に近いKさんが、京子さん。と呼びわけることになりました。

ふたりとも、若いころ=独身時代からのお友達です。
K京子さんとは、千葉の三育学院で1年間だけ一緒に学びました。
毎晩、寮の私の部屋へガウンをぞろりと羽織って、E.G.ホワイトの著書を1冊抱えて、やってきます。本を読んでおしゃべりする。それが日課のようになっていました。

昨年K京子さんがご主人の転勤で、有野台へ来られました。
私と仲がいいとは知らずに、N京子ちゃんと話が弾み、自己紹介でK京子さんは、「東京のキョウの京子です」といい、N京子ちゃんは「京都のキョウの京子です」と言い、
えっ、同じ字じゃないの・・・と笑ったとか。

N京子ちゃんとは、お互い結婚してから、また有野台で再会しました。京子ちゃんの長男と、うちの長男が同学年と分かり、ますます親しくなりました。そして、ずっと後で気がついたのですが、うちの次男の名前と、京子ちゃんの長男の名前は、文字が同じで、読み方が違う。これも偶然でした。


1月に遊びに来てくれるという約束は、去年の11月ころからしていたのですが、
昨日ふたりの京子さんが来てくれたのは、私にとって大きな慰めでした。
このことも、あらかじめ、神様は用意してくださっていたのでしょう。

パンの美味しい「サンマルク」のバースデー・ディナーの葉書が来ていたので、
3人でお食事に行きました。特別メニューのバースデー・ディナーコース。
テーブルには赤いキャンドルを灯してくださって、帰りにはお土産まで。。。

焼きたてのパンを、数え切れないほどたくさんいただき、満腹でした。
気心のしれている古い友達・・・・話しているだけで、気持ちが癒されました。

ふたりの京子さん、ありがとう。

そして、神様、慰めをありがとうございました。



クリックすると元のサイズで表示します



ナナカマド    玄柊さんのお母様の日本画


northland-art-studioさんからお借りしました。

冬になると、この絵を見たくなります。
雪にたえて、凛と咲く赤い実。
1

2012/1/6

2012年の始まり  いのち

2012年が始まりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末に、身内に不幸がありました。
1月は、悲しみのうちに過ぎていきそうです。


すべては神様のみ手のうちにあり、
最善だったと分かる日が来ると信じます。

たくさんの方々の慰めと励ましご親切が、心に沁みました。
ありがとうございました。


♪千歳の岩よ わが身を囲め
 裂かれし脇の 血潮と水に
 罪もけがれも 洗い清めよ

 世にあるうちも 世を去るときも
 知らぬ陰府(よみ)にも 審(さばき)の日にも
 千歳の岩よ   わが身を囲め

この讃美歌が心に流れてきました。

それで、今年与えられたみ言葉は

「わが岩 わがあがない主なる主よ、
 どうか、わたしの口の言葉と、心の思いが、
 あなたの前に 喜ばれますように」

   詩篇 19篇14節

 



クリックすると元のサイズで表示します


南極大陸  とっつき岬の夜明け

 2007年7月21日  越冬隊員  新井直樹氏撮影

新井さんは、少年のころからの夢、オーロラを見ることを実現した素敵なパパです。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ