いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2011/9/28

利休  茶道

千利休の映画は、1989年に2本作られていて、そのころ両方見ました。
四百回忌が1991年になるので、そのために作られたようです。

この度、「利休」という勅使河原宏監督の作品が、BSプレミアムで山田洋次監督の日本映画100選「家族編」に選ばれました。原作は野上弥生子の『秀吉と利休』
これは、私が2本を比べて、いいと思った作品か、どちらだったかな?と思いつつ見ました。

侘び寂びという日本文化の真髄を描きたいという、監督の試みは、成功していたと思います。その豪華な衣装(ワダエミ)や、茶道具(本物を使う)、茶々(山口小夜子)と秀吉(山崎努)の一場面で使われた絨毯が一千万円とか、茶室や庭の風情、梅の花を鉢に散らして活けるところ、手を抜かず極めたといえます。

日本の美を堪能することができました。

しかし、どうも私がいいと思ったのは、もう一つの作品、
監督:熊井啓、利休:三船敏朗、井上靖原作『本覚坊遺文』のほうだったような気がします。
レンタル店で探してみようと思います。


そして、この度知った新たな情報、
三浦綾子が、『利休とその妻たち』を執筆するために、資料調査していたとき、千宗室に会い「利休はなぜ切腹させられたのでしょう?」と聞いたら、即座に「キリシタンだったからですよ」という答えが返ってきたとか。
そのことを三浦綾子は、随筆か何かに書いておられるようです。

利休の妻や娘がキリシタンであったのは、事実らしい。
また茶道の作法が、キリスト教の聖餐式と似ていることも、研究者が発表しておられる。

茶室に入る前に蹲踞(つくばい)で手を洗い清める。
神聖な儀式に入る前に、神官が身を清める。私たちも、神社の手水舎で手を洗う。

茶道は好きで、若い頃少し習いましたが、その道も奥が深く、本当に極めるのは、悟りを得ることと同じかもしれません。

単にお手前を覚えるだけでなく、その形から真理に至る道を求めている人は、どれほどいるでしょう。

茶道具、掛け軸を誇るためのお茶会になっていたとしたら、利休の心からは離れているように思います。

有名な2畳の待庵。
『利休 わび茶の世界』(久田宗也著)を図書館から借りてきました。
そこでは、「二畳敷の茶室の成立の一契機を、当時朝鮮の儒教に生きる道人の生活環境にみようとの仮説をたてた」とあります。

いろいろな迫り方があるようです。

利休が60歳で作った「待庵」は暗く狭く不思議な空間で、瞑想する場所としてふさわしいようです。

『茶道と十字架』(増渕宗一著)という本もあるらしい。
是非読んでみたいと思います。
そういえば、高山右近は利休の七哲であり、キリシタン。

教会の敷地内に、茶室を作った牧師もいるとか。


茶道とキリスト道、どのようにつながっているのでしょう。
ただ、利休の辞世の歌を読むと、果たしてキリシタンなのか、それあえてそれを隠したのか、よく分かりません。

どなたか、何か情報があったら、教えてください。




クリックすると元のサイズで表示します


木蓮    宮川妙子 画


クリックすると元のサイズで表示します



鳥沼の夏    北海道 富良野


northland-art-studioさんからお借りしました。
いつもお写真を快く貸してくださってありがとうございます。
鳥沼というところは、静かで瞑想にふさわしい場所ではないかと想像しています。
観光地ではないのがいいですね。
2

2011/9/19

宇宙の渚  光り

昨夜9時から放送された、NHKスペシャル「宇宙の渚」をご覧になった方も多いかと思います。

タイトルに惹かれて、絶対に見ようと、BSプレミアムのほうは予約しました。

オーロラ、流星、スプライト。
宇宙ステーションからの映像を、録画と生で見ることができました。

オーロラは、地上からカーテンのように揺れるのを見たほうが迫力はあるのではないか・・・と思いましたが、残念ながら、オーロラをアラスカで見るという夢はいまだ叶えられておりません。

流星は、目に見えないものを含めると、2兆個もあるとか。。
「星に願いを」子供のころ一生懸命流星を探したことを思い出します。

そしてこの度初めて見たのが、スプライト。
これは「妖精」という意味だそうですが、飲み物で、こういう名前のがありました。
雷が光るとき、上に出る光だそうで、相当のエネルギー。

いろんな形を見せてもらいましたが、確かにオレンジ色の妖精のような形のものもありました。二人の天文科学者が、驚き感動しておられるということが、この映像がいかに希少価値のあるものであるか、を教えてくれました。

宇宙ステーションから見て、太陽が沈んだあとに現れる「光のヴェール」
これがグレン宇宙飛行士を助けた光。地平線から上にある大気圏が光る。
確かグレン飛行士は、地上へ無事帰還してから、伝道者になった人。
自動操縦機が壊れ、手動で操縦したとき、夜になって目印となるものがなかったときに、
光のヴェールに導かれた。

地球を優しく包む光がある。守られている星、地球。

100年くらい前に発見された「夜光雲」は、とても美しいけれど、「真珠母雲」は、二酸化炭素の影響でできて、オゾン層を破壊するという。


私たちが知らないことが、どんなにたくさんこの宇宙にはあることか。


静かな魂の旅をしたような、不思議な感動がありました。


この宇宙は、神様が創造されたと信じている私にとって、
神秘の映像でありました。



宇宙から送られてくる波動、電子・・・・

地球を被っている大気圏の重要な役割。

科学者は、浪漫を追い求める夢想家で、詩人でもあるように思います。


宇宙飛行士だった毛利さんが、「オーロラを宇宙船が突き抜ける時、音楽と香りがした。バロックと雅楽のようだった。」とおっしゃっていたことが、心に残りました。


光の中をくぐり抜ける・・・そのような体験をすることができるのは、ほんのひと握りの人。香りと音楽、脳のどこかが刺激されるのでしょう。


撮影をしてくださった、古川宇宙飛行士は、子供の頃、毎年流星群を自宅の庭で、家族で眺めるのが習慣だったとか。


星を眺めていると、何だか力をもらうような気がします。

樹木からも力をもらいますが、夜空を仰ぎ、宇宙を思うとき、時空を超えて飛翔することができるような気がします。

神様に語りかけるのは、家の中で祈るときよりも、外に出たほうが、声がより届く?ような気がします。

心が沈むとき、この宇宙の映像を見ると、黒い雲が晴れるように、心が軽くなるような気がします。


宇宙の渚に、佇んむひととき。
あなたは、どんなことを思われましたか。



クリックすると元のサイズで表示します


雲海    函館上空


northland-art-studioさんからお借りしました。
いつもありがとうございます。
この写真は今年の3月12日に撮られたものですね。

宇宙船には乗れなくても、飛行機には乗れます。

飛翔したいです。


2

2011/9/16

清水耕蔵の絵本  絵画

このごろは、「子育て支援」とかで、子供たちの教育について市が熱心に取り組んでいます。
だから図書館でも、児童書の書棚はいっぱいあります。
小さい西分室では、部屋の半分くらいが、絵本や児童書です。

私にとって それはとても嬉しいことです。
絵本、童話に とても興味がありますから。

先日、絵本の棚で、かなり力のある絵を発見しました。
それが清水耕蔵さんの絵でした。

「海神島」((かいじんしま)鶴見正夫/文  清水耕蔵 作・絵  (講談社)

最初のページ、、それは日本画といってもいいような静かな夕暮れの海の景色でした。
ざっと全部を読んだあと、早速その絵本を借りてゆっくり家で眺めました。
<魔神かと恐れられた大男が、大津波から村を救い、そのまま島になった。>
というお話です。これは日本の風土・文化に根ざしたものでした。
人々のために命を捧げることの尊さを、静かに、しかし迫力のある絵で訴えます。
1枚、1枚が絵画として鑑賞できると思いました。

清水耕蔵という名前は知りませんでした。
1925年生まれなので、現在86歳。

1981年ボローニャ国際児童書展エルバ賞を「八方にらみねこ」で受賞。
武田英子・文  清水耕蔵・絵 (講談社)

図書館の検索で調べると、「八方にらみねこ」と「ながぐつをはいたねこ」がありました。
もちろん、2冊を借りました。

うちにも猫がいるからでしょうか、「猫もの」にはつい手が出ます。
池田あきこの 「ダヤン シリーズ」も大好きです。うちの猫そっくり。
ダヤンは、どちらかというと日本の猫というより、世界のどこにでもいる猫。国際色?のある猫です。

しかしこの八方にらみの みけ猫は、純粋な!日本の猫であります。
躍動感のある猫の姿、、、最後には「御札」の絵になるところも、日本的か。
このみけ猫も、親切なおじいさん、優しいおばあさんの役に立つ猫になろうと修行に出るのです。

誰かのために・・・この心をなくしたら、人は人でなくなる。


「海神島」「八方にらみねこ」
図書館か、書店で、1度手にとってご覧ください。



これはうちのジェームズです。
生後3ヶ月くらい まだ「にらみねこ」の修行をする前。

クリックすると元のサイズで表示します


これはいまのジェームズです。
うちへ来て3年。「やや臆病な にらみねこ」になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

1

2011/9/3

映画 「ノルウェーの森」  映画・演劇

映画の「ノルウェーの森」がDVDになったと聞いて、レンタル店へ。
6本すべて貸し出し中。3日後に行ったら、1本だけ返ってきてました。

ただ、教えてくれたNさんとその友人は、「つまらなかった」とか。
帰宅したら、長男が見たいというので、先に貸す。
翌日、「つまらなかった。途中で見るのをやめようかと思った。」という感想。
ポルノ映画のようだったというのは、Nさんと同じ。

そんなにひどいのかと、覚悟!して見ました。

確かに、途中で退屈になりました。
直子役の菊池凛子と、緑役の水原希子と、なんだか似ていました。緑はあのような人だったか・・と思わず途中で映画のオフィシャルサイトを見る。

もう20年以上前に原作を2回ほど読んだのですが、私は当時ベストセラーになり、一躍「村上春樹」という名前を世に知らしめたこの作品、、、あまり好きではなかったのです。
それまで読んでいたハルキワールドとどこか違う。。

今回また赤と緑の表紙のあの本を読んでみて、すっかり忘れている部分も多く、新鮮な印象。
20歳の誕生日、大人になること。。。この辺の年齢の人たちには迫ってくるものがあったのかと思ったり。

かつて読んだときは、直子から緑に心が移るところがなぜか哀しかったことを思い出したり。

イスラエルで講演した卵と壁のたとえの中に、「システム」という言葉が出てきましたが、すでにこの本のなかにも「システム」という言葉が使われていることに気づきました。

エリック・クラプトンの「マイ・フーリッシュ・ハート」もありました。ジャズの曲は知らないものが多く、いつもどんな曲なのだろう・・と思って読んでいました。

時は流れ、いまやYou Tubeで、ワタナベ君が直子にプレゼントした
ヘンリー・マンシーニの「ディア・ハート」を聴くことができました。


この原作を映画にしようとすると、あのようにしか出来ないのかもしれない。


それにしても京都の北(北山杉が思い浮かぶ)にある療養所の景色が、全然京都ではないのは、がっかり。
兵庫県の神河町というところで撮影したらしい。
監督の中には、ノルウェーの森のイメージが強くあるのだろうか。


ただ、親友が17歳で自殺して、愛する人が精神を病んでやがて自殺してしまう。
その哀しさに押しつぶされそうになり、岩場で魂の叫びをあげる主人公ワタナベ君の気持ちは、分かるような気がしました。

それは癒されることのない深い悲しみ。

レイコさんや突撃隊のことは、時間の制約もあり、描ききれていなかった。
物足りない気がしますが、仕方がないのかもしれません。
原作を読んでいなかったら、余計面白くないかも。


「風の歌をきけ」も昔映画化されたけれど、ああいうふうにしか映像化できない村上春樹の世界だと思いました。
今回も、どうがんばってもあのようにしか映像化できないのかもしれません。
どこか無理がある。

原作者村上春樹さんは、この映画を見て、どんな感想をもったのか、
お聞きしてみたいです。
たぶん、なにも公にはおっしゃっていないでしょうけど。

****
最後に原作下巻223ページから
どのような真理も、どのような誠実さも、どのような強さも、どのような優しさも、その哀しみを癒すことはできないのだ。我々はその哀しみを哀しみ抜いて、そこから何かを学びとることしかできないし、そしてその学びとった何かも、次にやってくる予期せぬ哀しみに対しては何の役にも立たないのだ。
僕はたった一人でその夜の波音を聴き、風の音に耳を澄ませながら、来る日も来る日もじっとそんなことを考えていた。
****


クリックすると元のサイズで表示します

落葉松の道   東神楽


クリックすると元のサイズで表示します


紺碧   積丹半島


northland-art-studioさんからお借りしました。
いつも素敵なお写真をありがとうございます。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ