いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2010/4/30

お墓  自然

今日は神戸アドベンチスト病院へ友人のお見舞いに行きました。

帰りに、ふと思いついて、須賀敦子さんのお墓を訪ねてみました。
以前宝塚にお住まいのK夫人を神戸アドベンチスト病院へお連れしていたとき
いつも通っていた道沿いの、甲山(かぶとやま)墓園のカトリック墓地に
須賀さんのお墓があることを、最近知ったからです。

3月20日が命日。

4時近くに墓園に到着。門の右側にあるお花屋さんで百合を2本買って、
左側にある管理人さんのいる建物へ行く。
《巡回に出ています。2回ベルを押してください。5,6分で来ます》
という張り紙が。
ベルを2回鳴らすとすぐ、建物の裏からごそごそと物音がして、管理人さんが現れた。
「須賀敦子さんのお墓はどこでしょうか」
「ああ、5区の2の×××です。お宅のような人がよく来るので、机に番号を書いて貼ってあるのです。地図をあげましょう、ここが現在地、5区は歩いても2,3分です。
僕は須賀さんの本を読んだことはないのですが、そんなにいいんですか」とおっしゃる。

「イタリアで暮らしていらして、昭和4年くらいに生まれた方で、イタリア人と結婚して、帰国して60歳からエッセイなどを書いた人です。とてもいいんです」と私。

車で墓地のすぐ近くまで行けることが分かって、5区のあたりに車を止めて、階段を上り、須賀さんのお墓、黒い御影石を探しながら歩く。。。。

お墓には「永遠の安息を得て安らかに・・・」とか聖書の言葉などが刻んである。
大きな十字架のあるのは、大阪のカトリック教会の合同墓地。
その近くにありました、海に向かって立つ須賀さんご一家のお墓が。

少し日にちが経ったように見える、カラーの白い花がある。須賀さんのお好きな花。
そこへまだ開いていない百合の花を入れる。百合もお好きな花だったはず。

お墓の前に座って、山々を見る。。。
ゆったりとした敷地で、広々として明るい。
別の区画には日本式のお墓もたくさんあるけれど、
この一画は別の雰囲気がある。

夕暮れ5:15分に門が閉まると書いてありましたが、
少し離れたところのお墓へ、中年のご夫婦がお参りにいらして、掃除をなさっていた。
子供を連れた若い女性が、犬の散歩に・・・


緑の木々に囲まれた静かな場所があったら・・・とずっと思っていましたが、
お墓というのは、あまり人が来なくて静かです。

一人で静かに考えたいとき、私はまた、ここへ来そうな気がしました。

身内でない人のお墓を訪ねたのは、これが初めてです。
♪私のお墓の前で、泣かないでください〜
という「千の風になって」のメロディーが
家に帰ってから心に浮かんでくる。

須賀さんの本から受けるたくさんのものに思いを馳せたいとき、
私はまたきっとここに来る。



クリックすると元のサイズで表示します

須賀敦子 マリアアンナの 墓石

クリックすると元のサイズで表示します

1929年1月19日ー1998年3月20日
0

2010/4/28

昭和二十四年  心象風景

今日、不思議なことがありました。

夕方いつも行くスーパーのレジで、十円硬貨を5つ出しました。
するとレジの女性が1枚の硬貨を返してきて、
「これは十円ではありません」と言うのです。

一見、色も形も十円のようなのですが、よーく見るとすこし小ぶりです。
外国のお金が紛れ込んだのかしらと、手に取ってじっと見ると
日本国と書いてあります。
(いま調べたら、百円にも十円にも一円にも、硬貨には、みんな日本国と書いてあります。紙幣には、日本銀行券)

その硬貨の表には、国会議事堂が彫ってあり、5円と書いてあります。
裏には、上に日本国、真ん中に鳩の絵、下に昭和二十四年とあります。
穴のあいてない、5円でした。
初めて見ました。

(5円玉に穴が開けられるようになったのは、いつからでしょう。)

いつこの5円玉が私のお財布に入ったのか、見当もつきません。
きっとどこかのお店のおつりでしょう。

「十円じゃないって、よく分かりましたね」と私がそのレジの女性に言ったら、
「器械がはじき出しました」と。

ということは、よその店のレジの器械では、認識してなかったということ。

ちょっと他の店で試してみたくなりましたが・・・
でもこれは大事に持っていたいような気もします。

なぜなら、昭和24年というのは、1949年。
我らが村上春樹さんの生まれた年です。

ちなみに、村上春樹の「1Q84」は、
イギリスの作家ジョージ・オーウェルが書いた小説「1984年」を意識して書かれています。
(啓示を受けたのではないか・・と私は勝手に思ったりしてます。)

オーウェルは1948年に執筆。1949年に出版しました。
この48年を反対にして84年という未来の世界を空想した小説で、
イギリスでもアメリカでもとても話題になった本です。

私の手元には、昭和25年の初版の日本語に翻訳した「1984年」があります。
こげ茶色したその古い本は、今年還暦を迎えます。
人が「考える」ことをしないようにする社会、監視国家の恐怖。
1984年という時を過ぎて生活している私たちにとっては、
出版当時と違う意味で、いろいろ考えさせられる本です。


昭和24年の5円硬貨が、今日、どうして現れたのか、
不思議です。


クリックすると元のサイズで表示します


冬の海    小樽

northland-art-studioさんからお借りしました。

この岩、なんだか人の横顔のように見えるのですが・・
岩に名前はついているのでしょうか?


追記

以前に見た「ラブレター」というDVDをどうしてか見たくて、
今日5/2見ました。
中山美穂が2役していて、豊川悦司が出ています。
その主人公藤井樹(ふじいいつき)の住所が、
小樽市銭函でした。。。

なんだか不思議でした。
小樽と神戸が舞台です。
そして最後に「失われた時を求めて」の図書カードの裏に、
藤井樹の肖像画のデッサンがあったのでした。。

歳をとると、失われた時を求めたくなるのかもしれません。
最初の手紙のときに、郵便配達の男の人がラブレター?と聞く、、、
図書館が出て来るのも、私の好みです。

岩井俊二監督、なかなかでした。

ただ、経費節約のためだったのか、神戸の場面が小樽でロケだったらしく、
神戸の六甲山系が写ってないのは、ちょっと残念でありました。
0

2010/4/24

断捨離(ダンシャリ)  

ラターレインさんのブログで
「断捨離」(ダンシャリ)という言葉を教えていただきました。
そういう本があるそうです。
ヨガの断行、捨行、離行という言葉からきているらしい。

上手に片付けましょうという本。。。。

最近、図書館で見つけた本まで、欲しくなって注文してしまうアマゾン病。
断も捨も離も、全然できていません。


しかし、何を断ち、何を受け入れるか。
何を捨て、何を残すか。
何から離れ、何に付くか。

取捨選択という言葉がありますが、
良いと思うものを見分ける眼を持つことは、とても重要なこと。

何でも捨てればいい、すべてを断つ、いっさいのことから離れるなんてできません。



私は幼いころから本を読むことが大好きでした。
いまもそれは変わりません。

最近、なぜ私はこんなに本を読んでいるのだろう、
いままで読んできたことには、どんな意味があるのだろう、、
と考えています。

自分が選んで、取り入れてきたもの。
好んで受け入れてきたもの。

それが自分という人間、個性を創ってきているはず。

これから私は何をしたいのか?

読みたい本に囲まれながら、、、
音楽に包まれながら、、、
しばし、立ち止まって物想いにふける
今日この頃でありますよ。


クリックすると元のサイズで表示します


エゾノリュウキンカ   北海道 東川

瑞々しい美しさ。

northland-art-studioさんからお借りしました。


北国に春がやってきました。
カタクリ、エゾエンゴサク(風のガーデンを思い出します)
の咲く日も間近でしょうか。

野の花の語ることばに、耳を傾けたい。

****
平原綾香さんが、中国で子供たちを援助するためのコンサートを
クラリネットを吹くお父さんと一緒にしたというニュースを知りました。
彼女の生き方にも、注目しています。
0

2010/4/21

輝く人  ひと

アンジェラ・アキが主題歌「輝く人」を歌うNHKの番組「こころの遺伝子」を見ました。

「Take a chance on you. 
   自分に賭けてみなさい」という上司ボブの言葉が人生を変えた。

日本人の父とアメリカ人の母の間に生まれた、
ハーフというコンプレックスがあったという。
そのコンプレックスを忘れさせてくれたピアノ、音楽、
自分はそれに賭けてみようと決心する。

自分の体験、悩みを歌にする、シンガーソングライターになりたいと思う。

***上司からのカウンセリング****
期限を区切って具体的な目標を立て、それを紙に書けば
夢を実現できる確率は高くなる。
6カ月後なにをするか、3年後にはなにをするか、10年後にはどうなっていたいか。

人生の困難に対して、前向きに逃げずに立ち向かっていく。
********


椎名林檎の武道館でのステージを見て、
その個性に圧倒され、自分も3年後に武道館に立つ!という
無謀ともいえる目標を書いて壁に貼る。

2005年9月「HOME」というCDでメジャーデビュー。
2006年12月26日、目標を掲げて3年3カ月後、ついに達成。

その3年間は、自分の甘えを取り去り、週に2冊は本を読み、
シンガーソングライターとして非常な努力をした。

自分を励ます曲は、多くの人を励ます曲となって
たくさんの人の心に沁み入る。

勇気・ガッツ、規律・夢というキーワードをアンジェラ・アキは掲げた。
次なる目標はグラミー賞。

夢に挑戦する!!
輝く人は、自分の中にいる。
自分の可能性を信じて、自分の中の輝く人を見つけよう。


あなたはどんな夢を掲げ、挑戦していますか。

歳だからなんて言わないで、あなたの輝く人を見つけて・・・・


クリックすると元のサイズで表示します


回廊   司馬遼太郎記念館


northland-art-studioさんからお借りしました。


追記
昨年の中学校の合唱コンクールの課題曲は、アンジェら・アキの作曲した
「手紙」という歌で、共感を呼び、話題になっていました。

拝啓15の君へ・・・自分がタイムカプセルにつめた手紙を読み返して作ったとか。合唱する中学生たちとの交流の様子もテレビでやっていました。

黒ぶち眼鏡のピアノを弾く女性・・・
どんどんファンを増やしていきました。
泣きながら彼女の歌を聴く人達、
心の琴線に触れる歌を歌えるのは、すばらしいですね。

素直に自分の思ったことを表現していて、虚飾がない、熱いハート。
グラミー賞を目指して頑張ってほしいですね。
0

2010/4/18

1Q84−3  

なぜ人々は村上春樹の作品に群がるのだろう・・・
この現象はなにを意味しているのでしょうか。
隠れ春樹ファンだった私には、とても不可思議な気がするのです。


『1Q84−BOOK3』を読み終えました。
前回は油断していたら、売り切れでなかなか手に入らなかったので、
今回は2カ月くらい前にアマゾンへ先行予約を・・・
きっかり4/16午前に届きました。

土曜と日曜日で読み終えた人も多いことでしょう。
内容をあれこれ言うのは、まだ読んでいらっしゃらない人に悪いので言いませんが、
なかなか見事なストーリー展開でした。

今回はどぎつい描写もほとんどなく、ほっとしました。

帯の文章「そこは世界にただひとつの完結した場所だった。
どこまでも孤立しながら、孤独に染まることのない場所だった」

しかしまだ続きが始まりそうな終わり方でした。

村上春樹は、『カラマーゾフの兄弟』のような長編を書きたいという。
あるいは、これがそうなるのでしょうか?

今回は「死」と「愛」を取り上げてたような気もします。
天吾と青豆は1954年生まれだとわかりました。

人生の探り方・・同じかもしれない。
外国でも評判がいいのは、予感、現代あるいは未来を的確に感知しているからでしょうか。

人が魂の奥に持っている悲しみ、苦しみ、痛み・・
その先に見える希望の光・・・
心に響く温かなもの・・・


現実と架空の瀬戸際、すれすれの線を描く。

『1Q84』の1,2と『世界の終わりと、ハードボイルドワンダーランド』を読み返してみたい気分です。


お読みになったら、感想を聞かせてください。


クリックすると元のサイズで表示します


光降る時     函館

northland-art-studioさんからお借りしました。

黒雲に覆われた空、光は闇の中に輝く
美しい輝きが
希望はそこにあると
告げている

光降る時
温かなものが
魂をつつみ、紡ぐ



************新潮社 公式サイトより******************


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ