いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2009/12/31

2009年 大みそか  心象風景

2009年大みそか
いかがお過ごしになったでしょうか。

私は今年最後の美しい夕焼けを見ました。
平和な1年。
とはいえ、世の中は不況で決して満たされている人ばかりではありません。

おせち料理の主役はコープさん。
でも毎年少しだけお正月のお料理を作ります。
今年は黒豆をいただいたので、圧力なべを使って煮ました。

恒例のおとんぼ会(友人家族との忘年会)は、
息子さんや娘さんが孫を連れて帰省するので、
今年は男性だけが大阪梅田で忘年会。
いつまでも同じ状況というわけにはいきません。



1年の終わりと始まり。
けじめをつける。区切りをつける。カウントダウン。

除夜の鐘、船の汽笛の音、教会の鐘・・・
長崎では3つが同時に聞こえるとか。

清々しい気持ちで明日の朝を迎えたい。


みなさま、拙いブログをお読みくださって、
本当にありがとうございます。

2010年もどうぞよろしくお願いします。

みなさまのご多幸をお祈りいたします。



クリックすると元のサイズで表示します


2009年12月31日 こんな感じの夕焼けでした。


northland-art-studioさんからお借りしました。


いつも快くお写真を掲載させてくださって、
本当にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。


*******
今年もあと30分をきりました。
今日は朝から、FMの年末アコースティックギター三昧を聴きながら料理を作っていたのですが、
夜また聴いていたら、なんと「デパペペ」というギターデュオ(男性2人)が出演。

バッハの主よ人の望みと喜びとを弾いていました。
神戸のNさんから、教え子だと紹介され、ずっと気にしていたグループです。
Nさん、FM出演知っておられましたか?

最後の生演奏「きっとまたいつか」は、なんとなく耳に残っていて、いい曲だなと思っていたものでした。

思いがけないデパペペの登場!驚きました。
ギタリスト押尾コウタロー、アナウンサー黒崎めぐみが朝から司会進行。
DJ赤坂泰彦、上村かなも出ていました。

デパペペの今後の活躍を祈ります。
0

2009/12/28

師走  心象風景

12月28日  師走の気分があまりしないのですが、
近所のケーキ屋さんは、クリスマスの飾り付けはすっかり消えて、
なんと「謹賀新年」という大きな看板が出ていました。
ちょっと早すぎるのでは・・・

年末の買い物は、28日にと決めているので、野菜など買いに行きました。
でも、ジャスコとか、西宮ガーデンズなども、元旦から初売りとか。

昔は「盆と正月しか休みがない」という言葉がありましたが、
今や、御盆もお正月も商売の方は休みがない・・・
実際はパート、アルバイト、派遣社員の方々がいるから、
休みは十分とれてるのだとは思いますが、
お正月、がらーんとした静かな町の雰囲気は消えゆくのみ

明日から年末年始のお休みが始まりますが、
もうお年玉を用意することもいらなくなり、
元旦も家にいるかどうか分からない息子たち、
我が家のお正月も、様変わりしていくばかりです。


みなさんは、どのようにお過ごしですか。


クリックすると元のサイズで表示します


富良野

northland art studioさんからお借りしました。
0

2009/12/25

クリスマス・プレゼント  音楽

みなさん、サンタクロースは来ましたか?
今朝、枕元にプレゼントを見つけた幸運な子どもたち、
世界にはその喜びを知らない子どもたちがたくさんいることに胸が痛みます。

家族にプレゼントをすることもなくなってしまった今日この頃、
昨年に引き続き、今年も私は自分へのプレゼントを注文しました。

バッハの「クリスマス オラトリオ」です。
輸入版だったので、来年になるかもしれないと連絡があったのですが、
なんと12月24日に届きました。
二枚組でとても安価です。

ロ短調ミサ曲、マタイ受難曲、ヨハネ受難曲、クリスマスオラトリオを
バッハの四大宗教曲というそうです。

クリスマス・オラトリオはキリストの誕生を祝うからか、とても明るく最初の打楽器も力強いです。

ロ短調ミサ曲の「神の子羊」
マタイ受難曲の「主よ憐れみたまえ」
二つのアリアも切なく美しい旋律です。

でもなんだか、自分へのプレゼントというのは、後ろめたいというか、、、、
誰かに贈るほうが、喜びは大きいような気がします。

その人が欲しいものをリサーチして、こっそり贈ったときの
相手の喜ぶ顔を見る・・・
これが一番しあわせな時です。

*****
昨夜は、いままでやっていなかったクリスマスイブの祝会を
教会ですることになりました。
お客様3名と教会員17名、こどもさん2人で、合計22人の
アットホームな集まりでした。

グランドマリンバの演奏、青年達3人のリコーダーアンサンブル、ピアノのソロと
盛りだくさんの音楽プログラムでした。
牧師のメッセージも2つあり、キャンドルサービスもありましたが、
クリスマス礼拝、燭火(しょっか)礼拝ではなかったからか、
霊的な雰囲気はありませんでした。

でも終わってから茶話会を2階でして、楽しい交わりの時でした。
帰宅したら10時半。
もちろん夕食は作っておいたので大丈夫です。
(ご安心ください)


今日はクリスマス、息子たちはいそいそとお出かけ・・・
いつものケーキ屋さんでケーキを買ったことと、
バッハのクリスマス・オラトリオ、
ヘンデルのメサイアを聴いたこと、

あまりクリスマスらしい1日とは言えませんが、
静かに神様のみ子の誕生を思い、
その深い愛を瞑想しつつ
聖夜のひとときを過ごしたいですね。


メリー クリスマス!
素敵なことがあなたに起こりますように。



クリックすると元のサイズで表示します

暁の飛翔

northland art studioさんからお借りしました


クリックすると元のサイズで表示します

明治学院のパイプオルガン 修復完了09.10
世界で4番目の古いオルガン
0

2009/12/23

MERRY CHRISTMAS  光り

MERRY CHRISTMAS

2009年12月いよいよ今年もクリスマスイブの宵山?です。

明日はどのようなイブを過ごされるのでしょうか。

私は、教会でクリスマス祝会というのが夕方6時30分からあるので
久しぶりにクリスマスイブを、それらしくキャンドルサービスなどをしながら
讃美歌を歌い、マリンバやお琴の演奏を聞きながら過ごします。

大きいクリスマスケーキを買うこともないし、
小さいクリスマスケーキを自分で焼くこともなく、
近所の子どもたちが集まってくることもなくなった。

子どもたちが小さかったとき、自宅でクリスマス会をしたこと、
お母さんたちも手伝ってくれて、部屋も飾り、プレゼントも用意して、
楽しかったなあ・・・・

学研教室をしてたときも、年に1度のイベント
クリスマス会はその準備のときからわくわくしていた。
どんなカードをあげようか、プレゼントはなんにしようか、
楽しい、楽しい12月でした。

25日の朝、本当にサンタクロースが来て、プレゼントを置いていってくれた!!
そう信じられた幸せな子ども時代。

目にみえないものを信じる。

食物を与えられていることを感謝する。
ありがとう・・・いつも笑顔でそう言いたい。
ごめんなさい・・・・いつも謝れる心を持ちたい。

☆☆☆☆☆☆☆
今日、友人が教えてくれた聖書の言葉

無知な者は、不遜で互いをなじる。
正しい人は、互いに受け入れる。

      箴言14:9(新共同訳)

思いやりをもって、赦しあい、日ごとに愛の人と変えられたい。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
素敵なクリスマスをお過ごしください。


クリックすると元のサイズで表示します


暁の海 小樽 オタモイ海岸

northland-art-studioさんからお借りしました。


暁の海を飛んでみたい
その清涼な空気を胸いっぱいにうけ
心が浄化される
朝の光には
そんな力がある
2

2009/12/20

クリスマスの音楽  音楽

昨日はクリスマスの音楽にどっぷりと浸った至福の1日でありました。

広島三育学院高校聖歌隊が礼拝に来てくださいました。
全部で112人とかですが、Bチーム40人と引率の先生3人。
若々しく力強い歌声は、天国での天使たちの讃美もこのようなものかと
霊的にとても励まされました。
グローリアは圧巻でした。

二人の高校生の信仰のお話も、ユーモアを交えたいいお話でした。
女子高生は弟の詩を引用、男子は、2週間ほど前に指定校推薦受験でこちらに来て、お会いした高校生。
無事合格して、来年からは今いる聖歌隊の先輩と同じ大学。つまり青年がまた一人増えるという、私たちの教会にとってグッド・ニュース。
(毎年一人ずつ来てくれたら・・・などと思ったりして)

引率の牧師は、6年前までうちの教会の牧師さんだった先生。長女のKさんは、高校3年生で聖歌隊の1員として同行。感動の再会をいたしました。
かつてKさん、妹のIさんのお友達がいっぱい来てくれて、教会が子どもたちで溢れた時代でした。いまもその伝道精神はみなぎっていて、親切で優しくたくさんの後輩たちからも慕われているようです。

2年前の牧師の娘さんも聖歌隊のメンバー、妹さんとお母さんも同行。懐かしい再会でした。背がとっても高くなっていて驚きました。

若者たちが一心に打ち込む姿は、見ていて気持ちがいいです。

指揮者をしていた男の子は、私の親しい友人の息子さん。驚きの対面をしました。

次の世代に信仰の受け渡しを確実にする。。。これは祈りがなくてはできません。
うちの息子たちは、まだその芽が育っていませんが、いつか神様が成長させてくださると信じます。

*********

夜には、いつものクリスマス・パイプオルガンコンサート。
常連のバイオリニスト松田淳一氏と、チェリスト後藤敏子氏。オルガニストは木谷和子氏。
3人のプロの熟練した演奏で、疲れが癒されました。

特に、マスカーニの「カバレリア・ルスティカーナ」の間奏曲「アヴェ・マリア」は心と体をほぐしてくれました。

有名な曲を次々に演奏してくださる。
そんな演奏会でした。
星印がついているのは、好きな曲、特に心に響いた曲です。

 第1部
1.王宮の花火より「喚起」 ヘンデル
2.オルガン協奏曲OP.4NO.6 変ロ長調 ヘンデル
☆3.G線上のアリア  J.S.バッハ
☆4.トッカータとフーガ ニ短調  J.S.バッハ
☆☆☆5.シャコンヌ  T.A.ヴィターリ

 第2部
6.ヴィヴァルディ〜見た日本の四季   松田淳一編
☆7.アルビノーニのアダージョ  R.ジャゾット
☆☆8.オルガン協奏曲 op.4 No.5より プレスト  G.F.ヘンデル
☆☆☆9.アヴェマリア   P.マスカーニ
10.ナヴァラ  P.サラサーテ 
   (初めて聴いた曲でした。チゴイネルワイゼンより難解な曲だとか)
11.クリスマスメドレー   松田淳一編
アンコール   主よ、人の望みと喜びと    J.S.バッハ


クリスマス!!
世界中の多くの人達がお祝いするイエスキリストの誕生日。
地には平和、人には愛を・・・と祈らずにはいられません。

みなさまは、どのようなクリスマスシーズンをお迎えになっていますか。


クリックすると元のサイズで表示します

小樽 富岡カトリック教会

カトリック教会の建物は、意匠をこらした豪華なものが多いですね。

northland art studioさんからお借りしました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ