左のメニューに、私に関連するページやお勧めページへの「リンク集」、このブログを分類して見る事の出来る「記事カテゴリ」があります。 ・記事の一番右下に、投稿順に表示を切り替えることが出来るボタンがあります。 ・拍手頂いた後のコメントは私しか読めません。が、残念ながら返信ができません。各日のブログ最後のコメント欄からの投稿は誰でも読め、返信もできます。

2008/6/24  23:18

おかしい^^;  '08.6月議会

 6月議会が終了しました。

○若狭テクノパーク条例の制定
●体育施設条例の一部改正
○若狭町監査委員条例の一部改正
○国民健康保険税条例の一部改正
●伝統建造物群保存地区保存条例の一部改正
○平成20年度一般会計補正予算
(●が私の担当、教育厚生常任委員会の分)

全て可決されました。

固定資産評価審査委員3名の同意、人権擁護委員1名、議会推薦農業委員3名の推薦などがあり、全て同意・異議なく終了しました。


 終了後は全日本男子バレーの荻野正二選手の後援会発足についての説明報告。
三十三の診療所の今後について。
病院運営の勉強会があり、最後に広報委員会。

 途中にハタと気づいて、2週間から4週間程度の休暇を頂きたい旨を全議員さん方に報告お願いしました。
寝耳に水の議員さん方。後は子宮筋腫の話で持ち切りとなりました。


 夜は恒例の定例会後の懇親会
これまた宴会ジャックかと言うほど私の周りは手術のことで持ち切りに。
何だかんだと言いつつ、心配してくれたり励ましてくれたり脅してくれたり。
おかしい^^;。

 今、テレビを眺めて笑いながら、なんとなく心ここにない自分に気づいたりもして。
不安じゃないなんて言ったら嘘ですよね。
指の先っちょちょっと切っても痛いのに、腹切るんだよ〜、怖いよ〜
子宮を取ることに対してナイーヴになると、女でなくなるというイメージが強くなってノイローゼや鬱になることもあるというような話も聞いたことがあるけれど、ちょっと分らないでもない
 議会事務局の女性職員さんが、あまりに私の話にみんなが集中するので心配してくれていたけれど、考えようによってはしんどいことなのかもしれない。

 初めはね、隠すつもりでいたんだ。

 でも、どうしたって何かの行事に不参加で、噂になるのは目に見えてるし、変に誤解されても嫌だし。
子宮筋腫を持つ女性は4人に1人。40歳以降は3人に1人。
だったら、恥ずかしいなんて思える立場でなし、周りに伝えることで・・・ちょっと表現が変だけど、市民権を!!みたいなね。

 手術が決まって既に2週間。
何となく気持ちもおさまってきたし、今日みたいに笑い話で終始したことで、かえって気持ちが救われた気もするんだ。

ワイワイガヤガヤ。
みんなの優しさは十分知ってるから、いたずら小僧みたいな脅しも気持ちを朗らかにしてくれる。

ありがとね。
 
0

2008/6/20  12:40

なんだかね〜  '08.6月議会

 教育厚生常任委員会があって、と言っても、議題は二つ。と、付託されてはいないけれど一般会計補正の関係部分を質問したり。
なんだか結婚を進める事業のことでずいぶん盛り上がって、いつになったら会議が終わるんだろうと茫然と聞いてしまった。
 60過ぎたオジサンたちが50代のオジサンたちを相手に、20代30代の考えを想像してあ〜でもないこ〜でもないと言っている姿はちょっと滑稽で、手は打たなきゃいけないけれど、議論にはならない気がして。でも一生懸命なの


 役場にはいろんな人が出入りして、職員は一生懸命住民とやりとりをする。
けれど、一生懸命説明したにもかかわらず、それがきちんと伝わっているとは限らない。
何もかも専門すぎて、住民にとっては理解しづらく、高齢であればなおさら。
 職員は出来るだけ丁寧に失礼がないように言葉を選ぶ。
 住民は丁寧な言葉で話されるほど理解が出来なくなる。間違って伝わってしまうこともある

 そんなこんなで、不満が生まれる
 職員は住民が怒りを口にしなければ、疑問や不安や不満を口にしなければ、住民は理解してくれたと思う。疑問や不満に気づかない。
気づいても対処法がわからなかったりもする

不安や不満に気づかなかった職員。
不安や不満をその場で解消せず、行政不信に昇華させてしまう住民。
職員が悪いのか、住民が悪いのか。
どちらも悪くはない。みんな一生懸命

 職員は住民にとって何が大切かどんなサービスが受けられることが良いか、その事業に合わせ、地域に合わせ、家庭に合わせ、その人に合わせ、一生懸命働いている。
 住民は分からないシステムを耳を澄ませて聞いても、はじめての言葉について行けず???でうなずいてしまった。

「愛」
仕事には愛がないといけないと思っている。嫌いな人もいるし、苦手な人もいる。変な人もいるし、言いがかりをつける人もいる。
けれど、仕事をする以上は相手を包み込むとまでは言わなくても、受け入れる度量がいる。嫌いだから、苦手だから、変だから、怖いからと逃げてばかりはいられない。
逃げたくなる気持ちをおさめるために、私は「愛」を考える。
女神になったつもりで、天使になったつもりで、難しいときほど「愛」を思う。
誰でも受け入れられるほど器用ではないからこそ、「愛」を被る。
うまく行く時もあれば行かないときもあって、いつも反省する。
けれど、自分の中にしっかり持っていよう・・とだけは思っている。

そんなことを行政職員に求めてもダメだろうか。無茶だろうか。
店のスタッフには偉そうに言えても、議員はそこまで職員には言えない。
私の部下ではないから。
上司がキチンといるから。

給料をもらって仕事をするという意味をもう一度考えてほしい。
プロであるということをもう一度考えてほしい。
私たち住民は、役場の職員さんを頼りにしているのですから。

どこの誰の話かなんて探る前にね〜

0

2008/6/17  22:56

6月議会  '08.6月議会

 ずいぶん間が空いてしまいました

6月議会が開会し、1週間が経過しました。
今回は昨年からの持ち越し予算(繰越明許費)の報告、エコファームの経営状況の報告。
一般会計の補正と条例の改正4件、条例の制定1件。
議員になってたぶん一番議題の少ない議会です。

明日から始まる各常任員会にそれぞれ付託されました。
○若狭テクノパーク条例の制定
●体育施設条例の一部改正
○若狭町監査委員条例の一部改正
○国民健康保険税条例の一部改正
●伝統建造物群保存地区保存条例の一部改正
○平成20年度一般会計補正予算
(●が私の担当、教育厚生常任委員会の分)

 今日は一般質問でした。
私の質問は
「自主防災組織の立ち上げと住民の意識啓発への取り組みについて」
「公民館の運営について」

 自主防災組織については初めっから全くのすれ違い
どうやら自主防災組織ということについての認識が全くなかった様子。それでもと、予算付けにムキになって質問を続けたけれど効果なし
質問終了後、他の議員さんから「もっと勉強してくれって一言で片付けたら良かったんやで」と諭され、そっか

 今までに、講演会みたいな質問するなと言われることがあったので、質問の中の言葉の意味を詳しく述べなかったのが良くなかったな〜。
知らないかもしれないことは、詳しい資料を付けてやり取りすべきだったな〜。
通告の後にも何の質問もなかったから、てっきり意味が分かってのことだと思ったのが間違いだったわ。
また「ナメラレテル」と言われちゃうかな。


 公民館運営についても、各地区の活動の事務局としての公民館と、行政の出先機関としての公民館。二つの顔をきちんと分けて予算を配分すべきだと言いましたが、カ・ラ・ブ・リ。
どうも、意味が通じなかったらしい。
「公民館」というものの存在自体、仕事内容自体が、お互いの共通ではなさそう。
私にとってはすっごく大きな存在なんだけど。
・・・ちょっと保育に対するすれ違いと似てるな・・・。


 すっごい不発だけど・・・どうにもならないや。
私の出来ることして行こう

 明日の夜からCATVで放送が始まると思います。
私は5番目。あさっての放送になるのかな・・。
良かったら、見てください。苦笑しまくってる私の姿。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ