左のメニューに、私に関連するページやお勧めページへの「リンク集」、このブログを分類して見る事の出来る「記事カテゴリ」があります。 ・記事の一番右下に、投稿順に表示を切り替えることが出来るボタンがあります。 ・拍手頂いた後のコメントは私しか読めません。が、残念ながら返信ができません。各日のブログ最後のコメント欄からの投稿は誰でも読め、返信もできます。

2008/10/1  9:24

反対討論  '08.9月議会

 議会にはいろいろなルールがあって、それを守りながら議論をするのは紳士的であり(淑女的^^)、だからこそ18人もの議員が、ある程度満足がいくだけ意見を言ったり質問ができたりするのですが、それは全員協議会まで。

 本会議ともなると、ルールはもちろん、全議事が録音保管されることもあり、迂闊な発言や行動は慎まねば、議会全体を翻弄させてしまったり、ヒンシュクを買うことになります。
で、どうしても小さくまとめようとしがち。

 議会の進め方は全国町村議長会編集の「議員必携」を元に話されることが多いのですが、これがなかなか分厚い辞書のような本
すべてを把握することはなかなか大変なことで、議員必携を読んでも分からないと、県の町村議長会の事務局に電話をして確認したり。

 一般の方が聞かれると、え〜っというくらい初歩的なことをひとつひとつ積み上げていってる感じです。
いろんな職種から集まった議員。
議会運営の仕方は古参議員の口伝えと、こんな作業を一つ一つ経験しながら、やっと議会らしい議会に議員らしい議員に育っていくのだなあと思っています。


 いつも見ている顔とはいえ、町長以下三役行政課長職10数名、議員18人の静粛厳粛な本会議で、予定通りスムーズに進んでいる途中に違う流れを作るのは、正直ちょっと怖くて、今まで躊躇ばかりしてきました。

 生半可な議会ならぶっつぶしてやる!!くらいの意気込みを持って議員になったものの、あまりに普通の、あまりに人の好い、あまりに穏やかな議会の様子に、意気込みだけでぶつかるのはあまりに失礼だと、一つ一つ丁寧に議会参加する自分でいたいと思うようになっていました。

 あっという間の任期4年。
もしかしたら、このまま一度も本会議で生の声を発することはないのかも・・と思っていましたが、とうとう・・やっと・・反対討論をしました。
そんなに大したことなの?って笑わないでください。私にとっては大したことだったのです^^;。


 毎回、新しい事業が話題にされても、事業としての議案はなく、一般会計予算の中の一つの事業として含まれてしまっています。
ぎょっとするような事業が中にあったとしても、行政事務事業すべてにかかわる一般会計予算を反故(ホゴ)にして反対するには、それ相当のエネルギーが必要になります。

 担当委員会の人に内容をよく吟味してもらい、委員さんの多数によってその部分を一般会計予算から切り離して、それ以外の一般会計予算だけ修正案として委員会を通す。
 本会議前の全員協議会で、その内容を担当委員長・委員から他の議員に修正案として提出する旨を説明され、本会議にて修正案を議決・・というような流れを作らねばなりません。

 今回、反対したい内容が一般会計に含まれており、担当委員会の終了を待っていましたが、担当委員会ではそのことについての議論はあまり出なかったようで、議案の修正もなし。
当然議論になるものと考えて、担当委員の方に話を掘り下げてもらうようお願いしなかった自分が悪いのですが
 
 後になって、で、全員賛成になるの?と思うと居ても立ってもいられなくなり、閉会日、反対討論をしたいと全協で願い出たわけで。


 全員協議会では、行政側が議決前の案件をすでに広報しているということが話題になり、あまりにも議会を軽く見ているのではないかと紛糾し、本会議での町長の謝罪をもって収めるということもあり3時間ほどは、事の収まり先を探す時間が費やされました。
 すっごい覚悟をきめて一般会計の反対討論を願い出たのに、議会の中では議会軽視の話が大きくなり、意外にちっぽけなこととして時間が経っていくのがおかしいやら・・不安やら・・。


 いざ、反対討論の時はさすがに緊張はしましたが、朝から書いておいた文章を読むだけ。私の意見で反対の人が増えたということもなく、言ってみただけ!という結果となってしまいましたが・・

 議会終了後、反対討論なぞ安直にすべきでないと古参議員さんの一喝も食らいましたが、周りに居た他の議員さん方がびっくりするくらいかばってくださり、かえって古参議員さんに申し訳なかった
ホントはその古参議員さんのセリフももっともで、閉会日にたどり着くまでに、もっともっと出来ることはあったはず。
 苦しまぎれの反対討論は、反対する言い訳にしか過ぎないもの・・。

 いろいろと、一歩一歩で申し訳ないのですが、学ばせて頂いておりますm(__)m。
0

2008/9/25  23:32

ふ〜終わった  '08.9月議会

 9月議会が終了しました。
今日はその閉会日。
 スムーズに進めば15時には閉会かと思っていたけれど、実際には18時。
いろんな話し合いがあって、議会のあるべき姿・・みたいな会話も積極的に言葉にされて、雰囲気を読みあって。
って、全てが分かりあえるわけはなく、時間は過ぎて行きましたが、こんな議会があってもいいと、私は思いました。

 年長の議員さんには賛否両論あったみたいだけれど、責められる私をかばってくれる人、人・・。
押し切る無茶はしたくないけれど、押してみることも仕事!と自分にけしかけた一日でした。

 何にも達成できないし、何にもうまくは行かないけれど、何もしなかったわけじゃない。
完璧な仕事には程遠いけれど、ほんのちょっとの一歩。

 
0

2008/9/22  10:00

議会はね・・  '08.9月議会

 一般質問。19年度決算特別委員会。教育厚生常任委員会。

 上中地域が育んできた社会教育と集落自治の重要性を、町長は理解して現在の公民館運営を指示できているのか・・云々・・と問いました。
「苦手分野」という言葉でごまかした答弁だったと思いますが、素養のないことをいくら問われても、ちゃんとした回答にならないのは・・ま・・仕方ない・・では片づけられないんだけれど。
 社会教育とは何ぞや。
私も言葉にしつつ浮かぶ疑問や、思考の掘り下げがもっと必要だと感じました。
勉強しよっと


 19年度決算。
議長以外の議員全員が入ってる委員会で、1年の事業を振り返り、おかしな予算の使い道がなかったか、もっと有効な使い方はなかったか、使い過ぎはないかチェックする良い機会なのですが。
いかんせん、二日間で100億を超えるお金を見直すのは時間がない。根気がない。知識がない。
ないない尽くしの自分にどこまでチェック機能が果たせているだろう。

 一般会計から特別会計に流れるお金、戻るお金
借金しながら返してもいて、全部返してしまうと次の借金はできないんだとか。
フツーの世の中とはちょっと違うこともあり、システム自体特殊。
結局、行政側が提示した資料の上だけでのチェックになってしまう。
と、お手上げ気分を少しでもなくすために、今年こそは全部の数字を並べて全体のお金の流れを把握できるようにするぞと意気込んでおりますが・・。
がんばれ、私。


 教育厚生常任委員会。
付託案件はすべて補正予算。それも19年度決算を受けた精算のためのもの。
中身を議論するということにはなかなかなりません。

 一般会計予算の中に含まれている教厚関係部分に質問が集中。
・十村駅裏の施設の駐車場に100%国予算で福祉施設を建設するという話。
・佐久間勉記念館を新築する土地の購入と造成費用。
この二つだけで時間がどんどん過ぎていきます。

 国のお金やから、町のお金じゃないからいくらでも使えってものじゃない。
障がい者福祉やからすべて正しいってわけでもない。
なんであんなに「福祉」っていうだけで正論だと思いこんじゃうんだろう。今まで目を向けて来なかった償い?
 建物を建てれば良いという時代は終わったと思うんだよね。人間を育て、そこに必要となった時に、表面的な企画書に惑わされずに、内実に国が力になってくれる。
そんな国との関係、「人」との関係にはなれないのかなあ

0

2008/9/9  20:31

9月議会が始まりました。  '08.9月議会

 議会開会です。
一般質問は、4番目の受付でした。
私にしては早いでしょ^^?

 一般質問は、前回公民館の運営について質問しましたが、すごく認識の違う回答を得てしまったので、社会教育に携わって来られた方々や、集落地区の自治を頑張っていらっしゃった方々、そういう意識の高い方々からご意見をたくさん頂きましたので、もう一度、町長の社会教育や住民自治への意欲を問いたいと思います。

 議会の内容は、
○H19年年度一般会計予算継続費の精算報告(CATV更新事業1174万残、西田福祉施設472万残)
○H19年度決算に基づく健全化判断比率の報告(実質公債費率15%、将来負担比率232.3%)
○H19年度決算に基づく資金不足比率の報告(全企業会計の資金不足額なし)
○H19年度一般会計及び特別会計決算認定
○H19年度水道事業会計、工業用水道事業会計、上中病院事業会計の決算認定
○町営バス運行管理条例の一部改正(レイクヒルズまでの延伸)
○水道設備基金条例の一部改正
○H20年度一般会計補正予算
●H20年度国民健康保険特別会計補正予算
●  〃  老人健康保険特別会計補正予算
●  〃  介護保険特別会計補正予算
○  〃  簡易水道事業特別会計補正予算
○  〃  農業集落排水処理事業特別会計補正予算
○  〃  漁業集落排水処理事業特別会計補正予算
○  〃  公共下水道事業特別会計補正予算
○  〃  町営住宅等特別会計補正予算
○  〃  工業用水道事業会計補正予算
●  〃  国保上中病院事業会計補正予算
(●印が所属委員会の担当議案です。)

委員会の担当議案はそんなに多くないですが、一般会計補正予算に含まれる内容で重大なものが、私が所属する教育厚生委員会に関するものが多く、気を引き締めています。

11日(木)は一般質問、25日(木)は閉会。
どちらも傍聴できますので、議場へお越しください。
議場の傍聴席入口でお名前を記入していただければ入れます。

0

2008/9/4  10:32

9月議会  '08.9月議会

 いよいよ来週から9月議会です。
昨日はその事前説明の全員協議会がありました。

 毎回毎回持ち上がる町の新しい構想
なんで?
一貫性がないと思うんだけど。一貫性というより、計画性か・・。いや、一貫性か。

そりゃあ、職員さんだって大変よ〜。下地のない所に物を載せようって言うんだから、どこから勉強すりゃいいか分からないっしょ。
アイデアマン、思いつきの奇抜さ、高層とのパイプ、情報力
すべてに長けた人に付いて行くには、それ相応の力が必要。
育ててもらえるなんて甘い甘い
きっと、即戦力しか必要ないんだわ、うちの町にとっては

 補助金補助金で動いて行く時代は終わった!なんて綺麗事を思うのは、私が甘いのかな。
終わったと思わせて、実はそれでもハイエナのように群がる首長には、国はやっぱりちゃんと与えるんだ。
じゃあ、群がり得?

 国の予算がないなら、県、町の予算がないなら、ないなりの町づくりをするためにどうしたら良いか、人を育て町を育て、自らの力で生き抜ける町づくりを!!
 お金を使いすぎて後世に痛みを残すようなことなく、そのためには共生・協働の町を!!
などと思っているのは甘ちゃんの考えなのか?


町の仕事として、やって悪いことなど相当のことでなければないけれど、疑問はいつもある。
自分に全体像が見えてないからか・・。
ふむ・・。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ