左のメニューに、私に関連するページやお勧めページへの「リンク集」、このブログを分類して見る事の出来る「記事カテゴリ」があります。 ・記事の一番右下に、投稿順に表示を切り替えることが出来るボタンがあります。 ・拍手頂いた後のコメントは私しか読めません。が、残念ながら返信ができません。各日のブログ最後のコメント欄からの投稿は誰でも読め、返信もできます。

2011/10/24  9:29

ただいま  東北のこと

 石巻、東松島市を訪ねた視察が終わり、数日が過ぎました。
まだ、頭の整理ができておらず、ぼーっとしています。
何をまとめ、何を報告すればよいのか。
限られた時間の中で見たあの場所あの人達が、それが全てと受け取れるはずはなく、それをどう表現したらいいのか、ずうっと頭がゆっくりと回転している感じです。

 思った以上に明るく元気な人たち。
立ち直るとか、復興とか、そんな一言では片づけられない7か月という時の流れを、わずか数日で分かったようには言えない。

 ううん。本当は分かった気になって帰って来た私。
でも・・。

 向こうに行く前にちょっと寝不足で、行っても夜遅くまで話してて寝不足で、帰ってきたら確実に深い眠りにつくだろうと思っていたのに、先述したとおりの頭の中。
深い眠りにつけず、その上、地震の夢を見て、落石から逃げまどいながら、男の人が石を私に向かって投げつける。そんな夢。

 怖い夢も地震の夢もしょっちゅう見てる私なのに、この日は心臓が痛いくらいに打ち、その後どうにも眠れず、怖くて怖くて。
真っ暗な部屋の中で、聞いた津波の様子や、話してくれた人の笑顔や、ホテルの人、たぶん数えきれない人が亡くなったその場所の風景が思い出されて、なんか、とても申し訳なく。
このブログに「寄り添う」なんて軽々しく書いた自分も情けなく。
さて、どうやって報告したものかと。
朝までうつらうつらしていました。

 夜が明けて、夜中の辛さはないものの、向こうで異常に、いつも以上に高揚していた同僚議員たちの様子が、実はあれも、被害をちゃんと受け入れられていなかった、ううん、入れようとしないリミッターが働いた状態だったんじゃないか。そんなことも頭に浮かび、もう少し、時間を置いてからじゃないと、報告は出来ないなと思いました。

 翌日の消防秋季訓練の消防車や救急車のサイレンが、聞いた津波の時の様子と重なって急に涙がこぼれたり、議員球技大会の懇親会場の横の海が目に痛かったり、昨日の地元集落の敬老会で涙が出たり。
 「被災地」と言っても、壊れた家や車が撤去された跡は、7か月の間に草が生え、パッと見、うちの町の田んぼの風景とも同じに見え、今日も、うちの周りの青空と田園風景は、あの、住宅地がなくなった広い場所と似ているように見えます。

疲れなのか、感受性が強くなっているのか、そんな感じです。
でも、こうやって文字にすることで、たぶん、落ち着いてくるだろうと思っています。

今日は、今週予定されている行事の準備をし、夜の女性の会の会議まで、資料を読んで視察を振り返りながら過ごしたいと思います。
6

2011/10/14  7:12

寄り添うということ  東北のこと

 昨日、町主催の戦没者追悼式と、遺族会による追悼法要が行われ、出席してきました。
うちの町の議員は、そういう場には大概全員出席で、よほどの理由がない限り出席していると思います。

 そこでふと思ったこと。

 議員の仕事とは何ぞやと、議員になったばかりの頃はいつも頭の中で考えていて、行事に来賓として出席しては、これは議員の仕事としてふさわしいか?などと真剣に考えていました。

 戦没者慰霊祭は、自分も戦没者の孫という立場でもあり、その場にいることに感謝することもありましたが、たくさんの行事の中では、偉そうに来賓って名前で座っている時間て、なんか申し訳ない気すらしたり。
この時間、他にもできることがあるんじゃないか・・とかね。

 今でも気になることはありますが、慣れでしょうか、あまり感じなくなりました。

 昨日、ふと、こういう行事の来賓出席は時間がもったいないとか、出る意味がないと思うのってどうなんだろう・・と。そう思う議員さんがいたって不思議はない。
それって、基本、どういうことなのかって。
逆に出席することってどうなのか。

 あ。
「寄り添う」ってことなんじゃないかって。
人の悲しみ・苦しみ・喜びの場に立ち、そこにいる人たちの心に寄り添うんじゃないか。

議員という、町の行方をやっぱり多少は左右する立場にある人間が、一人一人の心に寄り添うという時間を大切にするのは、うん、大事なことなんじゃないか。
寄り添うことを忘れ、自分を中心に持って行ったら、それは、独善的な自分を作ることに、独善的な行動や判断を作ることになるのかもしれない。

 それが全てではないけれど、それもあるんじゃないかと。

「来賓出席」は、大事な議員活動なんだと思った。今さら〜^^;

  ・・  ・・  ・・

 お昼以降、11月臨時議会や12月議会のための議会運営委員会、議員全員協議会と続き、東北への視察が決定しました。
以前から、今年の議員視察はどこにするかどうするかといろんな話し合いや調整があり、私は、やはりまだ今の時期に東北を一回は見ておいてほしいという思いが強く、ちょっとゴリ押し。

 よしそうしようと言ってくださる方もありましたが、視察だけで被災地を訪れるのは申し訳ないからボランティアもしなければと意気込む方、視察もボランティアも物見遊山的で嫌だという方。
いろんな意見が入り乱れ、また、現地の今の様子がわからないもどかしさもあって、行程決定までにたくさんの時間が費やされました。

 結局、3コースつくり、私のように視察をメインにするグループ、ボランティアをメインにするグループ、全員で交流のある東松島市を訪問するのをメインに持ってくるグループに分かれました。

 ボランティアと言っても、既に7か月が経過し、各地のボランティアセンターも週末のみの運営となっており、平日の活動先を探すには、ネットを駆使し、最後は知人を頼って見つける状況。
どうせ行くなら、もっと早くにすればよかったのにと、愚痴りたくなるくらいでしたが、早くとも遅くとも、全く行動を起こさないよりは断然良しと考え、とにかく前向きに。

 視察を物見遊山と受け取られるのは議員はいつものことですが、今回はまして被災地。
面白おかしい場所でもなく、被災自治体に迷惑をかけるんじゃないかという気持ちもあり、みんな戸惑っていたのが現実。
でも、私はあの、3月に見たあの状況をまずは目にしなければ、これから議員はどうやって自分の自治体を動かすのか、また、被災地にどうやって思いをはせるのか、それが見えない議員てどうなのか・・って、思ってしまっていて。

 反面、テレビや新聞でしか現状を知らない私にとって、「今」の被災を見てもらって、3月を想像できるものなんだろうかという不安もあり。

 でもでも・・と、3月の時にお世話になった仙台の友人にまたお世話になり、視察場所や案内して下さる方を探していただき、どうにか行程発表にまで行き着きました。

 昨日、宿泊の打ち合わせのために、石巻市のホテルの方と電話で話しました。
一泊二食あたりの宿泊料金が安すぎて、不思議だったので。
答えは
「夕食が、定食形式でしかお出しできないので、夕食代が800円なんです。朝食はブッフェですが、パンコーヒーサラダのみで、和食の準備ができないので、宿泊料金に含んでおります。夕食時間も従業員の都合によって夜8時ましかできません。申し訳ありません。」
近くの居酒屋さんやお店について聞くと、
「魚をお出しするような地元の店もありますが、なかなか震災以前のようなところまでは行きません。うちも食材確保は難しいです。」

 3月に石巻にお邪魔しましたと伝えると、
「それでも最近は信号が動くようになりましてね。」
と。
復興は、そんなに簡単ではないんですねと言うと、
「そうですね。うちのホテルは、オーナーが、宿泊場所は早く元に戻さないとと、勇み足で頑張ったところがありますから、町全体でいうと、ちょっとずれた復興かもしれません。」
と、笑いながらおっしゃってました。

 ホテルが開いているというと、それだけでもうすべてが整ったような感覚があったけれど、全然違う現実を電話を通して知った私。
有意義な視察にせねばなりません。

 東北に寄り添い、うちの町の一人一人に寄り添うために。

 
7

2011/4/12  8:28


 いい天気だし、午前中は相棒が店の仕事をしてくれる。
その間に、出来てなかった店の支払いをしなきゃいけないし、ラジオラジオの録音もしなきゃいけない。
次のライヴの準備もして、出来れば被災地へ入りたいとも思っていて・・。

なのに、なのに。
気分が「無」。

選挙も万歳したし、議会だよりの一回目の会議も終えたし、気持ちは浮いてるはずなのに「無」。


 テレビの被災地映像や地震速報にだけ反応して涙したり、じっと構えている自分。

東北はみんな頑張ってる。
手伝いに来いと言われたのに、ほんの少しでも手伝えなかった自分にイラついてる。
選挙なんかしてて良かったのかと、今更ながらイラついている。
仕方ないのにねえσ^┰゜

いろんなことがありすぎた1ヵ月。

 ほんの少し時間をもらって、ニュートラルに戻そう。
3月の末に買い替えたスマートフォンも、まだ使いきれてない。
ん・・ちょっと休もう。
0

2011/3/27  22:57

第2便の状況  東北のこと

22時30分、上中庁舎に到着しました。全員、まだ疲れに気づかないくらい、元気いっぱい〓

明日の朝、起きられますように。



クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/3/27  12:23

第2便の状況  東北のこと

 仙台から白石方面に移動し、仙台大学に行って来たそう。
仙台大学出身のメンバーが、自分が泳いだプールを見たいと行くことに決まったよう。
幸い、水が減っているだけだった・・とか^^。

 今、白石ICから東北道に乗り、ガソリンも持って行ったものを入れ、新潟までぐらいは持つそう。
0

2011/3/27  10:04

第2便の状況  東北のこと

 10時に荷降ろし完了したそうです。
少し周辺を走ってから帰路につくとのこと。

 ガソリンスタンドはどこも行列がすごいと。
精神的なものもあるでしょうが、まだ足りてないんですね。
ガソリンの残量にも気を付けて!
0

2011/3/27  7:17

菅生から  東北のこと

6時に、おはようさん!と、元気な電話がありました。
‥の、いびきがうるさかった!!とか、そりゃあそっちのことや!!とか、電話の向向こうで騒ぐ声(*^^*)。
あはは。
元気そう。



0

2011/3/26  22:51

菅生到着  東北のこと

 ICのガソリンスタンドは長蛇の列らしい。
あとひとメモリのガソリンと、持参のガソリン40L。
どう使うかは、ん・・・お任せ。
明日の朝まで仮眠。
よろしく頼む。
0

2011/3/26  22:19

第2便状況  東北のこと

 22時15分
福島県国見IC付近通過。
もうちょいで菅生。
雪がちらつき、白い景色が見えるそう。
0

2011/3/26  20:00

第2便の状況  東北のこと

 8時時点、間もなく磐越道に入ります。
至極順調とのこと。
米山でガソリン満タン。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ