hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2021
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

5Wパネルシステム

目的は 安くできて実用性ある。赤外線センサを使った夜間照明
材料 秋月電子さんで入手できます。
太陽光システム
太陽電池パネル5W(18V0.277A)1,550円
バッテリー12V 5AH1,400円
コントローラー3,000円過放電保護付き
計5,950円(送料500円)
システムで利用する機器
焦電型赤外線センサキット1,400円
LED 250円
合計 7,600円

ヒューズホルダ ?円
ヒューズ ?円5A程度が良いか?
端子 ?円カー用品で売っています。

1日当たり日照3時間として
0.277A×3H=0.831Ah(1日当たり)
50%放電から満充電まで
2.5Ah÷0.831Ah≒3日

3日間充電されなくて50%放電まで使うとすると1日あたり
5Ah×0.5(50%放電)÷3(日)≒0.83Ah

消費電力0.1Ah1日当たり8.3時間つかえる。(??)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

配線時十分注意!!危険!!ショートさせない!!
クリックすると元のサイズで表示します

工具は
クリックすると元のサイズで表示します

組み立て30分もあれば
クリックすると元のサイズで表示します

パネル出力
クリックすると元のサイズで表示します

コントローラ接続時パネル出力
クリックすると元のサイズで表示します

パネル裏面
クリックすると元のサイズで表示します

パネル裏面中(屋外使用で雨水しみこみに少々不安)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

システム利用機器はこれ
焦電型赤外線センサキット1,400円
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

組み立てましょう写真撮りながらで60分
コンデンサ容量は基板に表示されていないので説明書よく読んで!
クリックすると元のサイズで表示します

ボリュームは真ん中くらいに合わせておけば良かった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

電源と負荷配線リレーコモンを電源へ
リレーNOに負荷プラス、負荷マイナスを電源マイナスへ
配線時十分注意!!危険!!ショートさせない!!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
消費電流
待機時 1.4mA
動作時 100mA
40mA+60mA=100mA
LED電流は60mA
動作確認はCdsに光が当たらないようにして
クリックすると元のサイズで表示します
フレネルレンズを取り付けないと遠く離れていても点灯??
続きは後日
1
投稿者:田舎人

100Wパネルシステム

50Wパネルを2枚窓にセット。窓は西向きで海に面していますので、午後1時頃から日没まで日が当たります。

充放電コントローラーと表示ユニット秋月電子さんで購入しました。表示されている数字はパネルからバッテリーへの充電電流です。
クリックすると元のサイズで表示します

充放電コントローラーとバッテリー(コントローラー真下の箱は関係ありません。)
クリックすると元のサイズで表示します


太陽電池パネル:50WX2 OPSM-SF0050(OptoSupply Limited)
充放電コントローラー:10A CXN10-1.1(Phocos AG)
バッテリー1:36Ah U1-36NE(LONG)
バッテリー2:12Ah WP12-12(LONG)
放電コントローラ:バッテリーリフレッシャーキット改造
メイン照明:200lmX2 OSPRO2W1-W44LS1C1A
間接照明作品2:1120mcd OSMW03C12GP-WarmWhite
0
投稿者:田舎人
1 2 3 4 | 《前のページ | 次のページ》
/4 
 
AutoPage最新お知らせ