hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2021
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

hiro yamamoto works

古い装置だから・・・
コストはかけられない・・・とあきらめずに
自分でセンサやデータ記録機器を作って、
少コストで改善につなげましょう!!
「自分で作る」に挑戦してみませんか?
当ブログの記事がお役に立てばうれしいです。
自分で作れば少ないコストで色々な事を
試すことができます。


クリックすると元のサイズで表示します
複数の圧力を計測する真空センサモジュール
真空圧力を測定することで、早期に漏れを発見し
トラブルを予防することができます。

I2C通信インターフェースのついたマイコンと接続して使えます。
(I2C ADC ADS1015,Pressure Sensor MIS-2500-015V)
写真は真空センサ5個ですが、8個まで付けられます。
マイコン1台あたりに接続できる真空センサ数は16個までです。
(ADコンバータ4個、ADコンバータ1個あたりのセンサ数4個)

クリックすると元のサイズで表示します
加速度(MMA8451)と温湿度(BME280)を組み合わせたセンサ
バッファ(PCA9600D)追加でセンサケーブルを長くしても
OK。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ESP-WROOM-02 データローガー用増設ボード
マイコンボードと組み合わせて、デジタルI/O(入力)で
装置シグナルタワー他から稼働状態を記録します。
サブマイコンで数えたパルス数も一緒に記録します。

クリックすると元のサイズで表示します
ESP-WROOM-02ピッチ変換キットを使ったマイコンボード
I2Cセンサーデータと年月日時分秒をSDへ記録。
Wi-Fiネットワーク接続、Webサーバ、NTP同期RTC

クリックすると元のサイズで表示します
夏休みの工作的プログラム学習WebServer

クリックすると元のサイズで表示します
0〜5V 12ch Data Logger
0
投稿者:管理人

ハンダ吸い取り器のノズルが詰まったので交換しました。

太陽電機産業製ポータブル自動はんだ吸取器TP−100の
ノズルが詰まってしまったので交換しました。

吸いが悪くなったのでクリーニングピンを挿入したら
抜けなくなり、ひっぱったり、回したりがんばった結果
ノズルの中で折れてしまいました。

お手入れをさぼった結果です。
取扱説明書に「作業終了後クリーニングピンで3,4回
出し入れして、トリガーを一度引く、その後プラグを
抜いて・・・」吸いが悪いときしかやっていませんでした。
よく読まなかった私が悪い。
クリックすると元のサイズで表示します

取り外したTP−100のノズル
クリックすると元のサイズで表示します
初めて取り外しました。こんなに長かったとは

詰まっています。想定していなかったので、
交換部品を準備していませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

購入したノズル(Φ1.0mm)とクリーニングピン(Φ0.7mm)
クリックすると元のサイズで表示します
アマゾンで7/22発注7/31入庫(9日間)
goot(グット) 替ノズル φ1.0 TP-100/200N-10 ¥2,160
goot(グット) 替クリーニングピン0.7mm TP-100CP-07 ¥265
goot(グット) ピンバイス TP-100PV ¥491

交換の仕方
(強く締めすぎると破損するので注意とあります。)
クリックすると元のサイズで表示します

挿し込んで
クリックすると元のサイズで表示します

スパナで締め付けます
クリックすると元のサイズで表示します

追加で用意した詰まりを予防するアイテム
クリックすると元のサイズで表示します
ピンバイスと0.9mmドリル刃

クリーニングピンと併せて定期的にクリーニングします。
クリックすると元のサイズで表示します

使用後の手入れをきちんとやって再発防止します。
今度はドリル刃を折ってノズルに詰まらせないように気を
つけます。
0
投稿者:管理人
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/9 
 
AutoPage最新お知らせ