hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2021
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

100Wパネルシステム

50Wパネルを2枚窓にセット。窓は西向きで海に面していますので、午後1時頃から日没まで日が当たります。

充放電コントローラーと表示ユニット秋月電子さんで購入しました。表示されている数字はパネルからバッテリーへの充電電流です。
クリックすると元のサイズで表示します

充放電コントローラーとバッテリー(コントローラー真下の箱は関係ありません。)
クリックすると元のサイズで表示します


太陽電池パネル:50WX2 OPSM-SF0050(OptoSupply Limited)
充放電コントローラー:10A CXN10-1.1(Phocos AG)
バッテリー1:36Ah U1-36NE(LONG)
バッテリー2:12Ah WP12-12(LONG)
放電コントローラ:バッテリーリフレッシャーキット改造
メイン照明:200lmX2 OSPRO2W1-W44LS1C1A
間接照明作品2:1120mcd OSMW03C12GP-WarmWhite

11月頃から晴れの日が少なくなり、夜間照明(間接照明、直接照明)を一晩点けておけるほどの電力が充電されなくなりました。日本海側の宿命
曇りの日が多く、晴天も長く続かない。
太陽電池パネルの設置場所と方法がベストでない。
そこで直接照明を消して間接照明のみで使っています。
寝るわけですので十分です。

間接照明0.72W(60mA 12V)を2個
直接照明1.92W(160mA 12V)を2個
0
投稿者:田舎人
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ