hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2022
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Klogger(仮)

Klogger(仮)開発完了間近です。
クリックすると元のサイズで表示します

外観を紹介しておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
今後デジタル入力を4つ追加します。
16x2 LCDで
LCD1行目 UDPで送られてきたTEXTを表示
LCD2行目 UPHを表示

基板1枚に収まらず、2枚(2段積み)になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ESP32+seeeduinoXIAO+DS3231(RTC)+microSD
クリックすると元のサイズで表示します

16bit入力
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: ESP-WROOM-32 Arduino
投稿者:管理人

AE-TLP291-4x2-CAの裏技的リード取り付け

秋月電子TLP291使用8ビットホトカプラモジュール
アノードコモン I-16315 150円
AE-TLP291-4x2-CA
取り付け高さを低くおさえるためのリードを取り付け方法
(約5.5mm)
クリックすると元のサイズで表示します

使用する材料
基板用リードフレーム C-07011 90円

リードフレーム位置を合わせてはんだ付け
クリックすると元のサイズで表示します

反対側も同様にはんだ付け
クリックすると元のサイズで表示します

はんだを付けすぎないように注意(付けすぎは吸い取る)
クリックすると元のサイズで表示します

リードを曲げる(80度ぐらいでOK)
クリックすると元のサイズで表示します

反対側も曲げる
クリックすると元のサイズで表示します

曲げ完了
クリックすると元のサイズで表示します

リード途中のくびれを確認
クリックすると元のサイズで表示します

折り取るためにくびれのところで曲げる
クリックすると元のサイズで表示します

折り取るためにくびれのところで曲げる
クリックすると元のサイズで表示します

折り目が付いたら曲げ延ばしして折り取る
クリックすると元のサイズで表示します

リードが付きました
クリックすると元のサイズで表示します

ユニバーサル基板にセットした様子
クリックすると元のサイズで表示します

参考
このホトカプラモジュールが良いと思うところは
少ないスペースで8回路のホトカプラが取り付けられる。
アノード,エミッタが4bitづつコモン接続されているので
配線が少なくて済む。
現在製作予定のI/Fボードに採用決定です。
0
タグ: TLP291
投稿者:管理人
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ