hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2020
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

DS1307RTCモジュールの水晶発信子を交換する。

水晶振動子の取り付け状態により、モジュールを基板へ
実装する時に、少し支障があることがわかりました。
サイズが大きく、傾いているため、水平取り付けが
難しくなります。
少し小さい水晶振動子に交換してみました。

左側がオリジナル(直径3mm長さ8mm)、
右側が交換済です。(直径2mm長さ6mm)
クリックすると元のサイズで表示します

ピンヘッダの黒い部分の厚み(2mm)と比べると、交換前の
モジュールは大きくはみ出していることがわかります。
クリックすると元のサイズで表示します

DS1307RTCモジュール5個セット¥599円(1個約120円)
5個とも動作確認OK アマゾンで購入

クリスタル(水晶発振子)32.768kHz
秋月電子通販コード P-04005 単価30円

ちゃんと動く物の部品を交換するのはムダではありますが、組み上がった基板に傾いたモジュールが付いているのは嫌なので交換することにしました。

無保証自己責任でお願いします。
0
投稿者:管理人

DS1307RTCモジュール改造でCR2032使う

DS1307RTCモジュールを改造して3.0Vリチウム電池
が使えるようにしました。標準の3.6V充電池(LIR2032)よ
り安価です。

クリックすると元のサイズで表示します
アマゾンで購入したものです。

クリックすると元のサイズで表示します
改造内容は
充電回路を切断するためD1を取り外します。
次に、電池のプラスをDS1307のVBAT端子に直接つなげる
ために、R4を取り外し、R6をショートします。

改造は無保証自己責任です。
0
投稿者:管理人
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ