hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2020
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ESP-WROOM-02マイコンボード改(2020.09)

ESP-WROOM-02マイコンボード改2020.09(紹介)

今回は手元にあった同じ機能の部品で作りました。
クリックすると元のサイズで表示します
2枚めではOLED表示器を廃止しました。
主にスケッチに書かれた、ネットワーク情報の表示目的
でしたが、現在スケッチではSDカード内設定ファイルに
書かれているので、いらなくなりました。


ESP-WROOM-02マイコンボードの製作スライド動画を作りました。
0
投稿者:管理人

PCA9600 I2C-Bus Buffer改

再編集

関連記事
作ってみたI2CバスバッファPCA9600

PCA9600 SX,SY端子のプルアップ抵抗は、MASTER,SLAVE
デバイス両側でプルアップすればバッファでは不要です。

変更したバッファ基板
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

1.27mm8ピンDIP変換基板にPCA9600をはんだ付け(△は1pin)
2-3pin間、5-6pin間はんだメッキ線(0.3mm)で接続
2-8pin間、6-8pin間は470Ω、3-4pin間、4-5pin間は
ダイオード(BAT43)方向注意、基板裏に10μF/10Vチップコン

センサー側バッファ配線図
クリックすると元のサイズで表示します
配線延長にLANケーブルを使うためRJ-45コネクタを使っています。

マイコン側バッファ配線図
クリックすると元のサイズで表示します

制作編
1台あたり部品数量(秋月電子通販コード)
PCA9600 1個 I-15018
ダイオード 2本 I-13907(ショットキーバリアダイオード)
 オーバーシュート吸収の目的と推定
 BAT54Aの代用でBAT43を使いました。
基板 1枚 P-06016
チップコンデンサ 10μF 25V 1個 P-13388
抵抗 470Ω 1/6W 2本 R-16471
抵抗 4.7kΩ 1/6W 2本 R-16472
LANコネクタDIP化キット K-05404
はんだめっき線(直径0.3mm)少々 P-14119
部品リードに被せる絶縁チューブ少々
送受それぞれに1台、合計2台必要です。


LANコネクタのジャンパー配線(表)
クリックすると元のサイズで表示します

LANコネクタのジャンパー配線(裏)
クリックすると元のサイズで表示します

LANコネクタとバッファ配線(表)
クリックすると元のサイズで表示します

LANコネクタとバッファ配線(裏)
クリックすると元のサイズで表示します

センサ配線(MMA84513軸加速度センサ)
クリックすると元のサイズで表示します
配線色と信号名 茶:5V 青:GND 紫:SCL 白:SDA

無保証自己責任でお願いします。
0
投稿者:管理人
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ