hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2020
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Arduinoで簡単なWebserverやってみた

プログラム学習と実験をしてみました。

SDWebServerスケッチの機能を目標に挑戦しましたが、
達成ならず、データ保存をあきらめ、web表示だけとしました。

概要
スケッチ例WebserverとUdpNTPClientを組み合わせる。
timeライブラリ追加、日本時間表示

機能
SDからIP Address設定を読み込んで固定IP Addressで
ネットワーク接続する。
webアクセスがあるとNTP時刻を取得し、アナログ入力
0~5を読み込みと電圧値(mV表示)変換、時刻と一緒に
webページに表示する。

Arduino用のブレッドボードは秋月電子さんで入手できます。
クリックすると元のサイズで表示します

Arduino UNOをセット
クリックすると元のサイズで表示します

Etherenet Shiledをセット
クリックすると元のサイズで表示します

USB、LANケーブルを接続、SDをセット
クリックすると元のサイズで表示します

Webページの表示
クリックすると元のサイズで表示します
表示される時刻とアナログ入力測定タイミングは数秒(?)
ずれます。(測定タイミングが遅い)

スケッチは改変部分を公開します。
0
投稿者:管理人
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ