hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2020
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

NTPで取得した時刻をRTCへセットする(ESP編2)

「NTPで取得した時刻をRTCへセットする」の続編2です。

NTPとRTCを組み合わせる方法を考えてみました。
NTPから時刻を取得し、取得出来た時のみRTCを
合わせます。
(スケッチ例や作例を公開している方々に感謝します。)

今回は
ESPr One(ESP-WROOM-02)とDS3231 I2C RTCモジュール
を使って、スケッチ例NTPCilentを改変してやって
みました。
クリックすると元のサイズで表示します

スケッチを紹介します。
※変更のないところは省略していますので、オリジナルの
スケッチ例からコピペして下さい。わかりやすくするため、
変更がなくても表示している所もあります。
include行は < から < へ修正して下さい。

#include <ESP8266WiFi.h>//< を < に直して下さい
#include <WiFiUdp.h>
#include <Time.h>
#include <TimeLib.h>
#include <Wire.h>
#include "RTClib.h"
#define UTC_TOKYO +9

#ifndef STASSID
#define STASSID "your-ssid"
#define STAPSK "your-password"
#endif

const char * ssid = STASSID; // your network SSID (name)
const char * pass = STAPSK; // your network password

unsigned int localPort = 2390; // local port to listen for UDP packets

/* Don't hardwire the IP address or we won't get the benefits of the pool.
Lookup the IP address for the host name instead */
//IPAddress timeServer(129, 6, 15, 28); // time.nist.gov NTP server
IPAddress timeServerIP; // time.nist.gov NTP server address
const char* ntpServerName = "time.nist.gov";

const int NTP_PACKET_SIZE = 48; // NTP time stamp is in the first 48 bytes of the message

byte packetBuffer[ NTP_PACKET_SIZE]; //buffer to hold incoming and outgoing packets

unsigned long unixtime;//
char date_ymdhms[21]; // yyyy/mm/dd,hh:mm:ssn0
unsigned long previousMillis = 0;//
const long interval = 60000;//600000 :10分 3600000 :1h
int ntpAccsCount = 0;//NTP accsess count
int accsInterval = 60;//NTP accsess interval

// A UDP instance to let us send and receive packets over UDP
WiFiUDP udp;
RTC_DS3231 rtc;

void setup() {
//変更のないところ中略
if (! rtc.begin()) {
Serial.println("Couldn't find RTC");
while (1);
}
if (rtc.lostPower()) {
Serial.println("RTC lost power, lets set the time!");
// following line sets the RTC to the date & time this sketch was compiled
rtc.adjust(DateTime(F(__DATE__), F(__TIME__)));
// This line sets the RTC with an explicit date & time, for example to set
// January 21, 2014 at 3am you would call:
// rtc.adjust(DateTime(2014, 1, 21, 3, 0, 0));
}
}

void loop() {
//get a random server from the pool
WiFi.hostByName(ntpServerName, timeServerIP);

/* 起動初期はRTC時刻は合っていない。rtc.lostPower()の時はコンパイル時刻が設定されている。起動初期だけ早くNTP時刻を取得して、RTC時刻を合わせたい。通常動作時のNTPアクセス頻度は1日あたり3回(RTCの日差を補正できる妥当な回数を設定)
intervalを1分ぐらいにしておいて、繰返し回数をカウント、指定回数になったらNTPアクセス。起動時ntpAccsCountは0でNTPアクセス、アクセス後Udp.parsePacket()の戻り値がなかったら繰返し カウントを指定回数まで進めて、NTPアクセス頻度を上げる。*/
unsigned long currentMillis = millis();
if (currentMillis - previousMillis >= interval) {
previousMillis = currentMillis;
if (ntpAccsCount == 0) {

sendNTPpacket(timeServerIP); // send an NTP packet to a time server
// wait to see if a reply is available
delay(1000);

int cb = udp.parsePacket();
if ( cb ) {
//変更がないところ中略
// print Unix time:
//Serial.println(epoch);
unixtime = epoch;//追加箇所
//変更がないところ中略
time_t t = unixtime + (UTC_TOKYO * 60 * 60);//日本時間へ調整
// wait ten seconds before asking for the time again
//delay(10000);
//adjust RTC time
rtc.adjust(DateTime(year(t), month(t), day(t), hour(t), minute(t), second(t)));
Serial.println("adjust RTC time");
} else {
Serial.println("no packet yet");
ntpAccsCount = accsInterval;/*NTPアクセスできなかった時はカウント値を変えて
アクセスタイミングを早める。*/
}
}
ntpAccsCount++;//NTP accsess count
if (ntpAccsCount >= accsInterval) {//accsess interval
ntpAccsCount = 0;
}
}
delay(1000);
DateTime now = rtc.now();//RTCの現在時刻を読む
sprintf(date_ymdhms, "%04d/%02d/%02d,%02d:%02d:%02d", now.year(), now.month(), now.day(), now.hour(), now.minute(), now.second());//
Serial.println(date_ymdhms);//
}

//以降変更がないので省略

無保証自己責任でよろしくおねがいします。
ESPr-One、I2C RTC DS3231 NTP to RTC
0
投稿者:管理人

NTPで取得した時刻をRTCへセットする(Arduino編)

「NTPで取得した時刻をRTCへセットする」の続編です。

NTPとRTCを組み合わせる方法を考えてみました。
NTPから時刻を取得し、取得出来た時のみRTCを
合わせます。
(スケッチ例や作例を公開している方々に感謝します。)

続編の記事を投稿しました。
ESPr One(ESP-WROOM-02)とDS3231 I2C RTCモジュール
を使って、スケッチ例NTPCilentを改変してやって
みました。
NTPで取得した時刻を・・・(ESP編2)

今回は
Arduion UNOとEthernet shield、DS3231 I2C RTCモジュール
を使って、スケッチ例Ethernet2 UdpNtpCilentを改変して
やってみました。
クリックすると元のサイズで表示します

スケッチを紹介します。
※変更のないところは省略していますので、オリジナルの
スケッチ例からコピペして下さい。わかりやすくするため、
変更がなくても表示している所もあります。
include行は < から < へ修正して下さい。

/* Arduino UNO ,Ethernet shield ,ds3231 I2C RTC
* スケッチ例Ethernet2 Udp NTP Clientにds3231 RTCを追加して、RTCを
* adjustする機能を追加して取得できた時はNTP時刻でRTCをadjustする。
* 取得できなかった時は取得できるまでアクセス間隔を短く変更する。
* 日本時間に直して、シリアルモニタへ表示する。
* 改変 hiro yamamoto works 2020.08.21*/

#include <SPI.h>//include行のすべての「<」を「<」へ修正して下さい。
#include <Ethernet2.h>
#include <EthernetUdp2.h>
#include <Time.h>
#include <TimeLib.h>
#include <Wire.h>
#include "RTClib.h"
#define UTC_TOKYO +9
// Enter a MAC address for your controller below.
// Newer Ethernet shields have a MAC address printed on a sticker on the shield
byte mac[] = { 0xDE, 0xAD, 0xBE, 0xEF, 0xFE, 0xED };
unsigned int localPort = 8888; // local port to listen for UDP packets
char timeServer[] = "time.nist.gov"; // time.nist.gov NTP server
const int NTP_PACKET_SIZE = 48; // NTP time stamp is in the first 48 bytes of the message
byte packetBuffer[ NTP_PACKET_SIZE]; //buffer to hold incoming and outgoing packets
unsigned long unixtime;//
char date_ymdhms[21]; // yyyy/mm/dd,hh:mm:ssn0
unsigned long previousMillis = 0;//
const long interval = 60000;//60000 :1分 3600000 :1h
int ntpAccsCount = 0;//NTP accsess count
int accsInterval = 60;//NTP accsess interval 1分を60回なので60分
// A UDP instance to let us send and receive packets over UDP
EthernetUDP Udp;
RTC_DS3231 rtc;
void setup() {
// Open serial communications and wait for port to open:
Serial.begin(9600);
/*while (!Serial) {//Leonardoなら/**/取ってcodeを有効にして下さい。
; // wait for serial port to connect. Needed for Leonardo only
}*/
// start Ethernet and UDP
if (Ethernet.begin(mac) == 0) {
Serial.println("Failed to configure Ethernet using DHCP");
// no point in carrying on, so do nothing forevermore:
for (;;)
;
}
//Serial.println(Ethernet.localIP());
Udp.begin(localPort);
if (! rtc.begin()) {
Serial.println("Couldn't find RTC");
while (1);
}
if (rtc.lostPower()) {
Serial.println("RTC lost power, lets set the time!");
// following line sets the RTC to the date & time this sketch was compiled
rtc.adjust(DateTime(F(__DATE__), F(__TIME__)));
// This line sets the RTC with an explicit date & time, for example to set
// January 21, 2014 at 3am you would call:
// rtc.adjust(DateTime(2014, 1, 21, 3, 0, 0));
}
}
void loop() {
/* 起動初期はRTC時刻は合っていない。rtc.lostPower()の時は
コンパイル時刻が設定されている。
起動初期だけ早くNTP時刻を取得して、RTC時刻を合わせたい。
通常動作時のNTPアクセス頻度は1日あたり数回(RTCの日差を補正できる
妥当な回数を設定)intervalを1分ぐらいにしておいて、繰返し回数を
カウント、指定回数になったらNTPアクセス。起動時ntpAccsCountは
0でNTPアクセス、アクセス後Udp.parsePacket()の戻り値がなかったら
繰返しカウントを指定回数まで進めて、NTPアクセス頻度を上げる。*/
unsigned long currentMillis = millis();
if (currentMillis - previousMillis >= interval) {
previousMillis = currentMillis;
if (ntpAccsCount == 0) {
//変更がないところ中略

time_t t = unixtime + (UTC_TOKYO * 60 * 60);//日本時間へ調整
// wait ten seconds before asking for the time again
//delay(10000);
//adjust RTC time
rtc.adjust(DateTime(year(t), month(t), day(t), hour(t), minute(t), second(t)));
Serial.println("adjust RTC time");
} else {
Serial.println("no packet yet");
ntpAccsCount = accsInterval;/*NTPアクセスできなかった時はカウント値を変えて
アクセスタイミングを早める。*/
}
}
ntpAccsCount++;//NTP accsess count
if (ntpAccsCount >= accsInterval) {//accsess interval
ntpAccsCount = 0;
}
}
delay(1000);
DateTime now = rtc.now();//RTCの現在時刻を読む
sprintf(date_ymdhms, "%04d/%02d/%02d,%02d:%02d:%02d", now.year(), now.month(), now.day(), now.hour(), now.minute(), now.second());//
Serial.println(date_ymdhms);//

}
//以降変更がないので省略


無保証自己責任でよろしくおねがいします。
0
投稿者:管理人
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ