hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2020
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Seeeduino XIAOのボードマネージャ1.7.6でコンパイルエラー

Seeeduino XIAO ボードマネージャ インストールでの
注意点(2020.05.31)

PC環境によって現象や表示、復旧方法は違う可能性が
あります。参考程度に読んでください。
(確認している環境は
Raspberry Pi4 4GB Raspberry Pi OS
Arduino IDE 1.8.12)

Seeeduino XIAO ボードマネージャ1.7.6をセットする
スケッチ例からISRBlinkを選びコンパイルしてみる。
テストなのでスケッチはどれでも良かった。
エラーが出てコンパイルできなかった。
error while loading shared libraries: libfl.so.2: cannot open shared object file: No such file or directory
google翻訳
共有ライブラリのロード中にエラーが発生しました:libfl.so.2:共有オブジェクトファイルを開けません:そのようなファイルまたはディレクトリはありません

試しに
次にボードマネージャを1.7.2をインストールする。
再度ISRBlinkをコンパイルしてみる。
「コンパイルが完了しました。」となった。
結論
最新バージョンが良いとは限らない
クリックすると元のサイズで表示します

ボードマネージャバージョンで深追いして
やらかした失敗とその復旧方法

失敗例
もう一度1.7.6をインストールしてみる。
やはりエラーとなる。

1.7.2をインストールする。なぜか今度はエラーとなる。
ボードマネージャ表示は1.7.2がINSTALLEDとなっている。
バージョンのリストに1.7.6は表示されない。
見かけ上1.7.2がインストールされたように見えるが
中身は1.7.6なのかもしれない。

表示されている他のバージョンをインストールしようと
するが、ボードマネジャの下方に赤字メッセージが表示
され、インストールできない、削除できない状態となる。

復旧方法(参考になれば)

1.ファイルマネージャを開き、[表示]→[隠しファイルを
 表示する] ホームフォルダ下の .arduino フォルダ内
 packages 中の seeeduino フォルダを削除する。
2.Arduino IDE ボードマネージャで1.7.2をインストールすれば復旧完了
クリックすると元のサイズで表示します

以上
0
投稿者:管理人

ESP-WROOM-02ピッチ変換済モジュール2種比較

スイッチサイエンスで販売しているものと秋月電子で
販売しているモジュールを比較してみました。

秋月電子製
 電源-GND47μFコンデンサ2個を搭載しています。
 基板サイズがわずかに大きい。
 フラッシュ4MB
 細ピンヘッダ付属

スイッチサイエンス製
 フラッシュ2MB

端子位置は互換性があります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

チップコンデンサが搭載されています。
クリックすると元のサイズで表示します

0
投稿者:管理人
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/6 
 
AutoPage最新お知らせ