hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2019
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

レギュレータモジュールの作り方

表面実装タイプの3端子レギュレータと、チップコンデンサを
プリント基板に組み立ててモジュール化します。
部品形状サイズがほぼ同じなら同様に組み立てられます。
関連記事
 電圧ロガーの別系統5V電源
クリックすると元のサイズで表示します

 クワトロケースのファン電源
クリックすると元のサイズで表示します

組み立てた部品 秋月通販コード
・3端子レギュレータ NJM78L05SU3
 5V100mA パッケージ:SOT-89 I-11320
・チップコンデンサ 1μF25V P-08708
・SOT89変換基板 P-10835
・ニッケルメッキ線、絶縁チューブ各少々
(ファン電源用3端子レギュレータはUT7500G-25-A-B3-B-R
 2.5V100mA(10個入り)I-10269)

工具ほか
・ピンセット
・はんだこて
・両面テープ
・台(作業台の上で使う小さな板等)

厚めの両面テープを台に貼り付けます。
クリックすると元のサイズで表示します

基板を貼り付けます。
クリックすると元のサイズで表示します

取り付ける部品の位置を合わせてメンディングテープで
固定して、半田付けします。

下の写真で見た時
レギュレータ端子を基板端子の上下中央、
右寄りに合わせてください。
レギュレータの反対側中央にある幅広い端子(?)が基板の
両脇端子に乗らないようにしてください。(ショートの原因)
慎重に位置を合わせてください。
クリックすると元のサイズで表示します

幅広端子を拡大した写真です。両脇端子に乗らないように
(チップコン取り付けはこの後行います。)
クリックすると元のサイズで表示します
レギュレータの幅広端子も半田付けしておきます。

チップコンデンサに予備半田をします。
はんだこてを置いておき、ピンセットでチップコンデンサを
挟み、はんだと一緒にこて先につけます。
片方の端子だけでOK
クリックすると元のサイズで表示します

基板の端子に予備はんだをしてから
クリックすると元のサイズで表示します

ピンセットでチップコンの位置を合わせて半田つけします。
クリックすると元のサイズで表示します
もう一個取り付けるので位置を吟味して取り付けます。
写真のチップコンでは、基板端子がほとんど隠れてしまいます。

基板の向きを変えてもう一個つけます
クリックすると元のサイズで表示します
残りの端子2箇所を半田付けして形は完成です。

テスターでショートチェック
レギュレータの中央リードとチップコンの端子間に導通があること。
幅広リード側の半田付けしていない基板端子と
同サイドのチップコンの端子間に導通があること。
チップコンの端子間がショート(0Ω)でないことを確認します。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
両面テープから剥がします。
取れにくく糊残りしますが指でこすって落とします。

クワトロケースのファン電源なら次の写真のように。
茶:入力 青,黒:GND 赤:出力
クリックすると元のサイズで表示します

ファン電源以外なら
ジャンパー線の片方を長くしてリードにします。絶縁チューブを被せます。

クリックすると元のサイズで表示します

全部つけ終わるとこのようになります。
クリックすると元のサイズで表示します

完成しました。下写真
印刷のAE-側が入力、SOT89側が出力、中央がGND
クリックすると元のサイズで表示します


動作確認してから使います。
0
タグ: マイコン Arduino
投稿者:田舎人

TJCターミナル(メス)取り付け

電線にTJCターミナル(メス)を取り付けて
絶縁のため熱収縮チューブを被せる作業を説明します。

クリックすると元のサイズで表示します

工具
ワイヤストリッパ、圧着工具、この他に、ニッパとはんだこてがあればOK
クリックすると元のサイズで表示します

つながっている所をニッパで切り離します。
クリックすると元のサイズで表示します

電線も用意します。(0.2mm AWG24相当)
クリックすると元のサイズで表示します

私のやり方は2通り
2mmくらい被覆を剥いてターミナル溝に入れおさえる。
被覆を剥いた部分をどの位置に合わせるか注目してください。
クリックすると元のサイズで表示します

圧着工具の1.4のところにセットする。
ターミナルと工具の位置関係に注目してください。
クリックすると元のサイズで表示します
別のやり方
先にターミナルを圧着工具にセットしておき、
被覆を剥いた電線を挿入する。

電線の圧着が完了したら軽く引っ張って抜けないことを確認する。
クリックすると元のサイズで表示します

被覆の部分を締めます。
Φ1.8のところを使って、写真のように工具に対して端子が
垂直になるように裏側で押さえながら締めます。
クリックすると元のサイズで表示します

取り付け完了です。
クリックすると元のサイズで表示します

熱収縮チューブを端子と同じ長さに切って被せます。
RasPi+クアトロケース+ファン取り付け用の長さです。
ほかの用途では、
もう少し長く切ってケーブル側へずらして被せます。
クリックすると元のサイズで表示します

はんだこてを加熱して、太い部分で加熱収縮させます。
クリックすると元のサイズで表示します


完成です。
0
タグ: RaspberryPi
投稿者:田舎人
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ