hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2019
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

マイコンはじめませんか その10

マイコンを使ってなんか作ってみませんか?

クリックすると元のサイズで表示します

その10
 「Fading」サンプルプログラムの中身を変えてみる。

「Fading」をさらに変更してみましょう。
6個のLEDを明るさを変えながら点灯させます。


//説明のため一部分だけ記載
for (int fadeValue = 0 ; fadeValue <= 255; fadeValue += 5) {//ここから
analogWrite(9, fadeValue);//数字はデジタルピンを表しています。
analogWrite(3, fadeValue);//デジタルピンを追加すれば一緒に点灯します。
delay(30);//30ミリ秒 数字を大きくすればさらにゆっくり点灯し、
//数字を小さくすれば速く点灯します。
}//ここまでが点灯させるためのプログラム
for (int fadeValue = 255 ; fadeValue >= 0; fadeValue -= 5) {//ここから
analogWrite(9, fadeValue);
analogWrite(3, fadeValue);//デジタルピンを追加すれば一緒に消灯します。
delay(30);//30ミリ秒 数字を大きくすればさらにゆっくり消灯し、
//数字を小さくすれば速く消灯します。
//点灯、消灯で数字を変えれば、それぞれの速さを変えることもできます。
}//ここまでが消灯させるためのプログラム


同時に2個のLEDを
点灯けたり消灯したりするには・・・

上の例を見てください。
analogWriteの行が2行づつになっています。

編集は
その9をベースにして、
analogWriteの行を選択、コピーします。
行末で「Enter」キー押して空行を作り、
そこへ貼り付けてください。
analogWriteのカッコの中の数字を
3,5,6,9,10,11から選んで入れます。

さらに同時点灯を増やすには、
前の要領でanalogWriteの行を増やします。

LEDの配置や色を変えたり
一緒に点灯する数を変えたり、
アイディア次第で見て楽しい作品になります。

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:田舎人
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ