hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2019
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

マイコンはじめませんか その4

マイコンを使ってなんか作ってみませんか?

その4 サンプルプログラムを動かしてみる1

ボードを設定する。
「ツール」->「ボード」->「Arduino/Genuino UNO」をクリック
クリックすると元のサイズで表示します

マイコンを接続したCOMポートを設定する。
「ツール」->「シリアルポート」->「COM4(Arduino/Genuino UNO)」をクリック
※COMのあとに表示される数字は決まっていません。
番号の後に(Arduino/Genuino UNO)と表示されている
ポートを選んでください。
クリックすると元のサイズで表示します

サンプルプログラムを開く
「ファイル」->「スケッチ例」->「01.Basics」->「Blink」をクリックすると、
別のウィンドゥが開きます。
(Arduinoではプログラムのことをスケッチと呼びます。)
クリックすると元のサイズで表示します

サンプルプログラムを書き込む
上の方の 丸の中に矢印 ボタンをクリッすると
マイコンへ書き込まれます
クリックすると元のサイズで表示します

正常に終了すると、マイコン上のLEDが点滅しはじめます。

ここまでできれば
他のプログラムも同様に書き込みすれば動かすことができます。
0
投稿者:田舎人

マイコンはじめませんか その3

マイコンを使ってなんか作ってみませんか?

その3 準備パソコン編2

パソコンのディスクトップにできたArduinoのアイコンを
ダブルクリックしてみます。

こんなメッセージが
「Windowsセキュリティの重要な警告」
「このプログラムの機能のいくつかが・・・ファイアウォールでブロックされています。」
と出てきました。
ソフトウェアアップデートの自動確認&通知機能のことと思われます。
手動アップデート確認はできると思います。
「アクセスを許可する」もしくは「キャンセル」をクリックしてください。
注意)アクセス許可は各個人で判断してください。

※メッセージ等はオペレーションシステムや
セキュリティソフトウェアで変わるかもしれません。
テスト環境は
Windows7でMicrosoft Security Essentilasが入っています。

マイコンをUSBケーブルで接続します。
パソコン画面に次のポップアップが表示されて準備が完了します。
「デバイスドライバソフトウエアをインストールしてます。」
「Arduino Uno(COM4)・・・正しくインストールされました。」

マイコンの電源はUSBから供給されます。
いくつかのLEDが点灯しているはずです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

使いやすく設定を変えます。おすすめです。
「ファイル」->「環境設定」
クリックすると元のサイズで表示します

・「エディタの文字の大きさ」必要に応じて変更します。
・「行番号を表示する」チェックボックスをチェックします。
クリックすると元のサイズで表示します

これで整いました。
0
投稿者:田舎人
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ