hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2019
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

マイコンはじめませんか その9

マイコンを使ってなんか作ってみませんか?

その9
 「Fading」サンプルプログラムの中身を変えてみる。

「Fading」少しの変更してみましょう。
6個のLEDを順番に明るさを変えながら点灯させます。

サンプルプログラム「Fading」をコピペして、
「ledPin」を3,5,6,9,10,11へデジタルピンの番号を
書き換えます。
 analogWrite(ledPin, fadeValue);
 例 analogWrite(3, fadeValue);のように
文字、数字、スペースもすべて半角文字で書いてください。

プログラム例は次の通りです。(コメント除く)


int ledPin = 9;//下方「ledPin」にデジタルピンの番号を書けば不要
void setup() {
}
void loop() {
for (int fadeValue = 0 ; fadeValue <= 255; fadeValue += 5) {
analogWrite(9, fadeValue);
delay(30);
}
for (int fadeValue = 255 ; fadeValue >= 0; fadeValue -= 5) {
analogWrite(9, fadeValue);
delay(30);
}
for (int fadeValue = 0 ; fadeValue <= 255; fadeValue += 5) {
analogWrite(3, fadeValue);
delay(30);
}
for (int fadeValue = 255 ; fadeValue >= 0; fadeValue -= 5) {
analogWrite(3, fadeValue);
delay(30);
}
for (int fadeValue = 0 ; fadeValue <= 255; fadeValue += 5) {
analogWrite(5, fadeValue);
delay(30);
}
for (int fadeValue = 255 ; fadeValue >= 0; fadeValue -= 5) {
analogWrite(5, fadeValue);
delay(30);
}
for (int fadeValue = 0 ; fadeValue <= 255; fadeValue += 5) {
analogWrite(6, fadeValue);
delay(30);
}
for (int fadeValue = 255 ; fadeValue >= 0; fadeValue -= 5) {
analogWrite(6, fadeValue);
delay(30);
}
for (int fadeValue = 0 ; fadeValue <= 255; fadeValue += 5) {
analogWrite(10, fadeValue);
delay(30);
}
for (int fadeValue = 255 ; fadeValue >= 0; fadeValue -= 5) {
analogWrite(10, fadeValue);
delay(30);
}
for (int fadeValue = 0 ; fadeValue <= 255; fadeValue += 5) {
analogWrite(11, fadeValue);
delay(30);
}
for (int fadeValue = 255 ; fadeValue >= 0; fadeValue -= 5) {
analogWrite(11, fadeValue);
delay(30);
}
}


前にブレッドボードに挿した抵抗、
LEDをそのまま使います。
マイコン側は〜マークのついたデジタルピンへ
挿し変えます。
点灯順を変えるにはプログラムのデジタルピン番号を
変更するか、マイコンに挿したジャンパーワイヤ位置を
変えます。
クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:田舎人

マイコンはじめませんか その8

マイコンを使ってなんか作ってみませんか?

その8 サンプルプログラムを動かしてみる3。

前にブレッドボードに挿した抵抗、
LEDをそのまま使います。

サンプルプログラム「Fading」を開いて書き込みます。
「ファイル」->「スケッチ例」->「03.Analog」->「Fading」

動作は「fade」と同じようですが
プログラムの書き方が違います。
setup()にpinMode書いてないけど
動きます。
for文を使って明るさを変えています。

Arduino IDEに入っているサンプルプログラムから
引用して、コメントをgoogle翻訳して追記しました。
/*から*/間の文字と、//のあとの文字はコメントです。


/*
Fading
This example shows how to fade an LED using the analogWrite() function.
この例は、analogWrite()関数を使用してLEDをフェードする方法を示しています。
The circuit: 回路:
- LED attached from digital pin 9 to ground.
  - デジタルピン9からグランドに接続されたLED。
省略
*/

int ledPin = 9; // LED connected to digital pin 9
//LEDはデジタルピン9に接続されている
void setup() {
// nothing happens in setup//セットアップなにもしない
}

void loop() {
// fade in from min to max in increments of 5 points:
// 5ポイントずつ最小から最大までフェードインします。
for (int fadeValue = 0 ; fadeValue <= 255; fadeValue += 5) {
// sets the value (range from 0 to 255):
//値を設定します(0〜255)
analogWrite(ledPin, fadeValue);
// wait for 30 milliseconds to see the dimming effect
//調光効果を確認するために30ミリ秒待つ
delay(30);
}

// fade out from max to min in increments of 5 points:
//最大値から最小値まで5ポイントずつフェードアウトします。
for (int fadeValue = 255 ; fadeValue >= 0; fadeValue -= 5) {
// sets the value (range from 0 to 255):
//値を設定します(0〜255)。
analogWrite(ledPin, fadeValue);
// wait for 30 milliseconds to see the dimming effect
//調光効果を確認するために30ミリ秒待つ
delay(30);
}
}

0
投稿者:田舎人
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/5 
 
AutoPage最新お知らせ