hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2020
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

振動ロガー動作テスト

振動ロガー動作テスト

RTC(DS1307)動作テストの説明が抜けていたので、
追加しました。

 振動ロガーでも電圧ロガーと同様に
 IO2を入力、IO16を出力としています。
 T0(A0)をデジタル入力化してますが、外部入力とは
 未接続です。

 電圧切り替えジャンパーを12V接続にしておきます。
 ACアダプタは必ずセンタープラスのものを使って
 ください。

 ACアダプタをAC100Vコンセントに挿し、
 異常を感じたらすぐに抜けるようにしながら、
 DCジャックにプラグを挿します。

 AE-ESP-WROOM02-DEVの赤LEDが点灯しましたか?
 焦げくさいニオイがしてないですよね?
 異常のないことを祈ります。

 AE-ESP-WROOM02-DEVをマイクロB USBケーブルで
 パソコンに接続します。

ボードマネージャ、ライブラリのインストール
やってありますか?下記リンクを参照して準備します。
ロガースケッチ書き込み準備

IO2の入力のテスト
 「ファイル」→「スケッチの例」→「Basics」
 →「DigtalReadSerial」を開く。
クリックすると元のサイズで表示します

 下の方delay(1)を(10)に変える。
クリックすると元のサイズで表示します

 AE-ESP-WROOM02-DEVのPGMを押しながら
 RSTを押して離して、PGMを離す。

 Arduino IDEソフトの書き込みボタン(○の中に→)を押す。
 「ボードへの書き込みが完了しました。」を待つ

 デジタル入力のピンヘッダ一番上へプラス+24V
 (12〜24V)2番目にGNDを接続すると
 入力ありとなる。
 (ボードによって入力ホトカプラ位置違います。)
クリックすると元のサイズで表示します
 書き込み終了したらシリアルモニタ(虫眼鏡?マーク)を
 表示して、連続表示される数字をみる。
 入力なしで「1」入力ありで「0」が表示されればOK
クリックすると元のサイズで表示します

RTCのテスト
 「ファイル」→「スケッチの例」→「RTClib」
 →「DS1307」開き、行番号10付近
//while (!Serial); // for Leonardo/Micro/Zero
と修正して書き込む。(行番号10の修正が追加箇所)
クリックすると元のサイズで表示します
 シリアルモニタを開き、下の方の通信速度を57600bpsへ変更
クリックすると元のサイズで表示します
 日付、時刻が表示されていればOK

OLEDのテスト
 上手く行かなかったので省略します。
 ロガースケッチを書き込めば、IPアドレスが表示されます。

SDのテスト
 ボードのDCプラグ、USBケーブルを抜いてから
 SDカードを挿してください。フォーマットはFAT32
 「ファイル」→「スケッチの例」→「SD(esp8266)」
 →「CardInfo」←いつのまにかCardInfo無くなっています。
 「Listfiles」でもSDカード内のファイルが見えます。
  行番号38を探して if (!SD.begin(4)) 4を15へ変える→if (!SD.begin(15))
クリックすると元のサイズで表示します
 ボードのUSBポート番号を再確認!!
 電源を入れ直すと変わっていることがありますので
 再確認してください。(「ツール」→「シリアルポート」)

下は表示例なのでファイルの有無で表示が変わります。
CardInfoの例
クリックすると元のサイズで表示します
Listfilesの例
クリックすると元のサイズで表示します

Arduino IDEでMMA8451加速度センサーを使う準備
クリックすると元のサイズで表示します

MMA8451で検索
(ライブラリリストのアップデート終わったら)
クリックすると元のサイズで表示します

MMA8451 demoを読み込みます。
クリックすると元のサイズで表示します

書き込んでシリアルモニタを開くと
クリックすると元のサイズで表示します
X,Y,Zの加速度値が表示され、センサー角度を変えると
数値が変化していれば正常と思います。

ここまででだいたいのチェックは終わりと思います。

次にスケッチを書き込む準備です。

スケッチは下記よりダウンロード出来ます。
 スケッチ準備中です。

ダウンロードしたスケッチをネットワーク環境に合わせて
編集する必要があります。

 SSID,PASSWORD,IPアドレス,gateway,subnet,dns

スケッチ編集後検証ボタン(○印にレ点)押してしばらく待つ
 コンパイルエラーになるかな?
 「コンパイルが完了しました。」となりましたか?

SDカードに入れておくファイルは
 (HTTPサーバ起動の確認のため等(?))
 下の写真のようにスケッチを開いて
クリックすると元のサイズで表示します

スケッチのフォルダを表示
クリックすると元のサイズで表示します

SDRootフォルダを開き
クリックすると元のサイズで表示します

フォルダの中のフォルダとファイル全部を
SDへコピーしてください。(不要ファイルも含まれます)
クリックすると元のサイズで表示します

ボード電源切ってあることを確認後
SDをロガーボードへセット

ACアダプタでDCジャックへDC12Vを供給

OLEDにIPアドレス等何か文字表示されましたか?
IPアドレス等表示されればOK

URLへ ロガーのIP addressを入力して[enter]すると、
pins.png(画像)のページが表示され、
HTTPサーバが機能していることが確認できます。

ログデータを見る方法
 URLへ board IP address/filenameのように入力して[enter]
 例 192.168.11.253/20200101.csv
 データが表示されるはずです。

0
投稿者:田舎人
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ