hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2020
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

QUATTROケースにPi4を入れてみる

Pi4非対応QUATTROケースにPi4を入れてみました。

私が所有しているQUATTROケースはPi4非対応です。
今後対応したものが発売されるかもしれませんが、
持っているものを有効活用するために、
追加工してPi4を入れました。

まとめ
・大小合わせて6箇所追加工をすれば入れることができます。
・追加工箇所の外観は・・・気にしなければOK
・追加工箇所を目立たなくするには、薄板を加工して
 貼り付ける等の検討が必要です。
・バリバリ使うには排熱対策が必要と思います。
今後の計画(時期は未定)
 トップカバー裏にノートPC用のファンを取り付けたいと
 考えています。(Raspi3とTinkerBoardで実績あり)


QUATTROケースの外観
正面
クリックすると元のサイズで表示します
写真は放熱のため付属スペーサを取り付け、
トップカバーを高くして熱気出口を開けています。
下に付いているのはVESA規格モニタ裏取り付け用

トップカバーの裏側
スペーサーをタッピングビスで四隅に取り付けます。
タッピングビスは別途購入 秋月電子で購入しました。
クリックすると元のサイズで表示します
説明のため1個外してみました。
クリックすると元のサイズで表示します

スペーサを取り付けた状態です。
クリックすると元のサイズで表示します


左側面
クリックすると元のサイズで表示します

後面
クリックすると元のサイズで表示します

右側面
クリックすると元のサイズで表示します

上面
クリックすると元のサイズで表示します

底面
クリックすると元のサイズで表示します

QUATTROケース(QUATTRO Case)について
 ネット検索してみてください。
 私はKSYで購入しました。価格は1,430円で
 色は5タイプの中から選べます。

次に、追加工が必要な箇所を紹介します。
 6箇所(@〜E)

@裏ぶた部分の下からPi4基板を支える部分に加工が
 必要でした。
加工前
クリックすると元のサイズで表示します

加工後
クリックすると元のサイズで表示します
基板裏面の突起と干渉する箇所を削ります。
(Raspberry Pi3から4で変更された箇所が干渉)

AマイクロHDMIジャック周りを大きく削ります。
BUSB-Cジャック周りを削って拡大します
C3.5mmジャック周りはわずかにずれていて削らないと
 入りません。
加工前
クリックすると元のサイズで表示します

加工後
クリックすると元のサイズで表示します

拡大図(削り方汚いですがお許しください。)
クリックすると元のサイズで表示します

DLAN、USBジャック周りパネルの加工
 加工後写真のように、穴が本体につながっている部分を
 ニッパ等で切り取って、凸部やバリをヤスリで平坦に
 仕上げます。
 穴左側は切り取ったあとさらに1mmぐらい削ります。
 削らないとUSBジャックが干渉します。
加工前
クリックすると元のサイズで表示します

加工後
クリックすると元のサイズで表示します
パネルを縁の部分で切り取ることができれば
裏返せばピッタリ合うのかもしれません。

加工後拡大
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱりパネルが欲しくなりますね。

ヒートシンクを貼り付けて
クリックすると元のサイズで表示します
ヒートシンクはKSYで購入しました。
 ヒートシンク 40x30x6 熱伝テープ付 for Pi [RASSTCL4016TP]
 Raspberry Pi 4 Bシリーズ用の大型ヒートシンク 550円

今後の計画
 電源追加と冷却の改善を計画していますので、
 出来上がったらご紹介したいと思います。

2020.05.21
夏に向けて気温上昇で排熱対策が必要と思います。
今日のCPU温度52℃ CPU負荷10%以下室温23℃にて
0
投稿者:田舎人
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ