hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2021
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ソーラーパネル使ってみよう

台風で被害に遭われた方々へ
お見舞い申し上げます。

先日の台風とは比較にならないほど軽微ですが
私が住んでいるところでも
平成3年(1991年)に台風19号で被害があって
数日間停電が続いたことを思い出しました。

そのへんをきっかけに、前から興味があった
ソーラーパネル発電ネタを少しずつ始めたようです。

今回紹介するのは
 バッテリーとコントローラなくてもできる、
 「ソーラーパネルと電源を使って実験」をやってみました。
 (電源は降圧型スイッチング電源モジュールです。)

パネル→電源→テスターのように接続
クリックすると元のサイズで表示します

直射日光が必要!!
出力電圧おおよそ5Vで安定
クリックすると元のサイズで表示します

使える電流をざっくり計算してみる
 (不正確ですがお許しください)
 5Vで取れる電流は、
 電圧を下げるので、電流は多く取れるはずです。

 12(W)/5(V)*0.9(効率)=2.16(A)
  電源の最大電流は2Aでしたね
 誤差要因
 PmaxはMPPTがなければは得られませんし、
 スイッチング電源モジュールも、
 効率の条件とずれていると思います。
 (MPPT参考 Pmaxを得るための最適制御って感じ)

1Aぐらい取れれば使い道があるでしょう。
 試しにArduino unoへ供給すると、5Vでは電圧低いですが
 動作しました。
 天気良いとき撮り直しました。
クリックすると元のサイズで表示します

パネルへ直射日光が当たれば
十分使えるのではないかと思います。

また実験してみたいと思います。

データ
Solar Module OSSM-SF0012(Optosuppy)
 販売終了
 Pmax 12WP
 Vmp 17.2V
 Imp 0.7A
 Voc 21.6V
 Isc 0.77A
 
 同等スペックで現在取り扱いがあるのは
 太陽電池モジュール 12W SY-M12W-12
 通販コード M-08233 秋月電子 2,500円

電源モジュール
 最大2A 3〜16V降圧型スイッチングモジュールキット
 (MPM80使用)通販コード K-08572 秋月電子 750円
 出力電圧範囲:3V〜16V
 入力電圧範囲:8V〜30V(出力電圧より+3V以上必要)
 スイッチング周波数:630kHz
 効率:90% (入力24V、出力5V、電流1A)
 過電流保護開始電流:2.4A(min)
 低電圧保護電圧: 7V(typ)
 加熱保護開始温度: 150℃(typ)
0
投稿者:田舎人
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ