hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2021
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Tinker Boardを使ってみる。

ASUSTeK Computer incから
Tinker Boardという
RasPi似SBCが発売されたので
使ってみた。

Tinker BoardをQUATTROケース入れて、電源、冷却を頑張った記事はこちらでで

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Tinker boardと周辺
Physical Computing Labの
Board & Case Setと
Starter Pack for Tinker boardを
購入しました。
(ヒートシンク付属)
Starter Packにinstall済の
microSDが含まれます。
・・・用途により冷却FANが必要になります。

ヒートシンクだけでは放熱不足
負荷がかかると(YouTubeとか)
60℃を超えブラウザが閉じることがあります。
(室温25〜26℃ 全画面にて再生)
よってFANによる冷却が必要です。

ケース買いました。
cocopar®
Raspberry Pi 3 Model B Raspberry Pi 2 Model B
専用アクリル ケース (Black/黒)
(FANもついています)

ケースの加工
このケースの構造は
厚さ約2oのアクリル板8層重ねです。
何層目かで部品と干渉するので加工が必要です。
 (LANコネクタ後ろコンデンサとコイル)
私はニッパで切りましたが、
 (あぶないのでNG!!)
のこぎりで切ることをおすすめします。

冷却FAN
FANは5V駆動ではうるさいので
3.3Vで回しています。
 (3.3V オレンジ GPIOコネクタ 1ピン ,
 GND クロ GPIOコネクタ 6または 9ピン)
CPU温度は43〜45℃
 (室温20〜21℃ 全画面再生
  室温25〜26℃でもブラウザ停止なし)

セットアップの備忘録 2017.10.29
 (一部内容は他サイトより引用しています。感謝
 利用される方は自己責任でお願いします。)


まずは
sudo apt-get update

タイムゾーン
ロケール(日本語)環境の設定
LXterminalから
sudo dpkg-reconfigure locales
「Configuring locales」画面が表示されるので、
「ja_JP.UTF-8 UTF-8」スペースキーで「*」印を付け、
Tabキーで了解(英語表記?)へ移動しEnterキーを押す。

確かめる
echo $LANGと入力Enterキー
ja_JP.UTF-8 表示されれば良い

キーボードの種類を変更する。
sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration
キーボードモデルを選択してください。
標準105キー(国際)PC(カーソルがいると思う)
「Tab」キーで了解へ移動 「Enter」
キーボードに適したレイアウトを選んでください。
日本語 ー 日本語(OADG109A)を選択
「Tab」キーで了解へ移動 「Enter」
AltGrとして機能させるキー
 キーボード配置のデフォルトを選択
コンポーズキー
 わからないので コンポーズキーなしを選択
Xサーバを強制終了するのに
 Control+Alt+Backspace を使いますか?
わからないので <いいえ>を選択
 以上で終了

installしたソフト
画像編集
sudo apt-get install gimp
フォント
sudo apt-get install fonts-takao
sudo apt-get install fonts-ipafont fonts-ipaexfont
sudo apt-get install fonts-vlgothic
ブラウザ言語パック
sudo apt-get install chromium-l10n
officeソフト
参考sudo apt-get install libreoffice-help-ja--install-recommends
参考sudo apt-get install libreoffice-l10n-ja--install-recommends
参考sudo apt-get install libreoffice-help-ja
sudo apt-get install libreoffice-l10n-ja
sudo apt-get install libreoffice libreoffice-help-ja
日本語入力
sudo apt-get install ibus-mozc --install-recommends
sudo apt-get install ibus-mozc im-config

設定(設定不能項目があるようだ)
Tinker Board版raspiconfig

wget https://raw.githubusercontent.com/mikerr/tinker-config/master/tinker-config
sudo sh tinker-config
 tinker-configは
ロケールをうまく設定できなかった。
やり方を間違えていたかもしれない。

8.Advanced Option
 SSH設定
 Overscan ・・・設定できなかった。

省電力で画面が消えると
復帰しないことがある。

「メニュー」-「設定」-「電源管理」-
 「ディスプレイ」タブで
「ディスプレイの電源管理を行う」のチェックを外す。
「ブランク画面にするまでの時間」を適当にセットする。
復帰しない状態になってしまったときは
他パソコンからssh操作すると良いかも。
ssh linaro@xxx.xxx.xxx.xxx
(xxxはIP Addressを入力)
passwordのデフォルト設定は「linaro」

電源管理は使えない項目がありそうだ。
「一般」-「ボタン」3項目とも「何もしない」
「システム」-「システムの省電力」-
 「スリープするまでの時間」を
左側いっぱいに移動し「しない」にする。

必要に応じて
必要がなければ設定が終了してから
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get dist-upgrade
0
タグ: TinkerBoard
投稿者:田舎人
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ