2017/5/12  15:57 | 投稿者: masuko

 今、久しぶりに津村節子さんを読んでいる。

 「波」に平成23年から28年まで連載されていたものをまとめたもので今年3月末に発行された「時の名残り」。

 相変わらず、昭さんへの思いがたっぷり。

 昭さんの本はいまだによく売れているそうで、奥様もびっくりしている。

 その中に、荒川区の図書館が今年の3月に「ゆいの森あらかわ」という施設に生まれ変わる話が出てきて、そうだ、前々から吉村昭記念文学館に行きたかったんだよな・・・と思いだし、行って来ましたよ。

 やー立派な施設です。赤ちゃんからお年寄りまでたくさんの方の使いやすさを考えた総合図書館っていう感じかな。

 カフェもあって、広々していて、駐車場や駐輪場も立派に完備してありました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 大勢の市民が利用していましたよ。

 文学館も充実です。吉村昭という作家を愛してやまないという企画編集した方の思いが迫ってくる感じで、たっぷりと彼の作家人生を紹介してくれてあります。

 私は勝ってに昭氏のファンのようなつもりでいましたが、代表作の「戦艦武蔵」、受賞作の「星への旅」その他、映画になったものや三陸地震関係のものなど、読んでないものがた〜〜くさん。

 奥様の津村さんのものもエッセイばかりで肝心の小説は読んでないし。

 お二人のものはいつかはジックリと取り組みたいと思います。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 上野からは山の手線と地下鉄千代田線で向かったけれど帰りはのんびり荒電に乗りました。

 早稲田までちんたらちんたら1時間。市民の脚だねえ。利用客の乗り降りが多い!

 昨夜とは違う写真をアップしましょう。
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
 
 荒川のあたりは下町って言えばいいのかな。生活臭のある「庶民」の街っていう感じがいいね。
0

2017/5/12  12:32 | 投稿者: masuko

 東京へ行くとここに寄ることが多い。東京国立博物館。「茶の湯」展をやっていた。

 お隣の美術館の「バベルの塔」展も気になったけれどね。

 博物館には退職後、ほんの少しの文化貢献と思いまして、毎年ちょっとまとめてお支払いさせていただいて賛助会員というのになっているんで、ひとつの特別展につき1回は会員カードを提示するだけで入れるわけです。

 やーさすがにお着物姿の女性がけっこう多い。

 陶器に興味のある方も多いのでしょうね。じっくりとケースに顔をくっつけて熱心にご覧になり・・・

 なかなかの賑わいです。

 日本に「茶」というものが伝わってきたことで、ホント、素晴らしい文化が育ったんだねえ。

 足利時代の将軍様も、信長や秀吉さんも、利休さんや小堀遠州さんも・・・三井財閥の旦さんも、とにもかくにも、「茶」に親しんで戴いてよかったよかった。

 「曜変天目 稲葉天目」(東京・静嘉堂文庫美術館)は5月7日までの展示で、観られませんでした。残念。

 クリックすると元のサイズで表示します

 でも「油滴天目」(大阪市立東陽陶磁美術館)他、たくさんの国宝や重要文化財等をみせて戴き、楽しかったです。

 
 クリックすると元のサイズで表示します

 ところで、何度も国立博物館には行っていますが。イメージキャラクターにもなっている「ユリノキ」の花が満開の時に行ったのは初めてだったかもな。
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

ついでにユリノキちゃん
 
 クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/2/28  16:27 | 投稿者: masuko

東京に来ています。空いてる時間に東京庭園美術館にいきました。

旧朝香宮邸。アール・デコ様式の素敵な館です。

宮家が退去した後は吉田茂が、総理大臣仮公邸として使用。
その後は現在の迎賓館ができるまでは迎賓館として使われていたそうです。

重要文化財。

並河靖之展(七宝焼き)をやっていました。

明治の作家さん。

美しい作品をたくさんみて、フランス風の館の雰囲気を味わい、広々した庭園散策してとてもゆったりとした気持ちになりました。

夜は清水義久さんの講演を聞きにいきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/2/21  12:17 | 投稿者: masuko

 こういう所へ行ってこんな展示やら常設展やらを見ました。

 新ブログにアップしています。

 
 クリックすると元のサイズで表示します


 クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/23  15:38 | 投稿者: masuko

 先日の東京で、もうひとつ・・・。

 こちらのブログに書きました➡。

 

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/21  15:48 | 投稿者: masuko

 先日東京に行ったとき、行ってきましたよ。日本民藝館

 京王井之頭線の駒場東大前で降りて歩いてちょっと。

 このあたりで見かける学生さんはみんな東大生かなあ、なんてどうでもいいことを考えながら。


 あー受付に並んでいるのは・・・ともかく英語を話す白人の女性達。10人くらいのお仲間かなあ。

 人種差別的発言でごめんなさい。中国人でなくてよかった。こういうところには彼らはいない。

 ホッ

 リーチさんの作品は少なめでした。なんか都合があってリーチさんの作品のためのお部屋が閉鎖中だったんだ。受付で聞いたら2月の2日からとか。

 今回、私には濱田庄司さんの作品がぐっとぐっと迫ってきました。

 栃木にある濱田庄司記念益子参考館に行って見たくなりました。

 民藝館も西館の柳宗悦さんの晩年のお宅の公開日に合わせてもう一度行きたいし、その時には近くの駒場公園の旧前田邸にも寄りたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/22  18:19 | 投稿者: masuko

 11月2日、3日で東京に行ったときに東京国立博物館にも行って、この展示に感激したことを書いておこう。

 素晴らしかった。

 この日は特別展として「禅ー心をかたちにー」と「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」をやっていたので両方見た。

 そのあと、ミュージアムシアターにも行て映像もみた。(会員なんで無料券を年間2枚もらってあるんでね。)

 けっこう疲れて総合文化展(常設展)はいいにしようかなと思ったが、東洋館のこの展示だけは見てみるかと脚を伸ばした。行ってよかった。

 小林斗盦(こばやしとあん)という方の生誕100年を記念しての展示。91歳で亡くなられている。15歳から書と篆刻を始めたということ。まさに篆刻に生きた一生だったのだろう。

 字の美しさ! 字の持つパワー!

 現在の漢字はずいぶんと簡略化され本来の意味がなくなってしまったものもあると聞く。

 それでも漢字を使う国として残り得たことはとても大事な大切なことだね。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/15  17:46 | 投稿者: masuko

上野の森美術館。

写真を撮ってもいい日でした。

SNSには制限ありました。

ピカソは❌だったね。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/3  22:13 | 投稿者: masuko

 東京行くとね、つい、あれもこれもって欲がでる。

 もともと3日、本日ちょっとしたセミナーに申し込んであったんで、それでお泊りにして三婆みることにしたんだ。

 空き時間に三菱一号館美術館。予定では江戸東京博物館で「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」っていうのを見ようかと思っていたんだな。

 でも、東京いってから三菱の方のポスターを見て、こっちにしちゃった。

 「拝啓ルノワール先生 梅原龍三郎に息づく師の教え」

 ルノワールも梅原龍三郎も好きな画家だからとっても楽しく見てきました。

 見応え十分です。

 ルオーやピカソ、セザンヌ、ドガ、モネあたりもあるよ。

 「梅原龍三郎とルノワール」という本もあるようだし、高峰秀子さんの「私の梅原龍三郎」っていう本もあるね。ちょっと読んでみたくなった。

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/10/2  16:21 | 投稿者: masuko

 アリスちゃんのピアノを聴きに東京に行ったとき・・・赤坂迎賓館を見に行く予定だったんだよ。

 ところが、数日前に急にその日の公開が中止になったんだよね。国賓の訪問予定が変わったんだろうね。友人がHPみて気が付いてよかった。知らずに行って門の前でがっかりするのはねえ。
 
 それで、ついでに絵画館ってことになっていたからとりあえず聖徳記念絵画館に行き、

 明治天皇を中心に成し遂げられた、維新の大改革、その輝かしい時代の勇姿と歴史的光景を史実に基づいた厳密な考証の上で描かれた80枚の名画。
 一流画家による優れた芸術作品であり、政治、文化、風俗の貴重な歴史資料でもあります


 というのを観てきました。

 朝井まかてさんの落陽を読んだばかりだから、タイムリーっていう感じはするね。

 外壁は岡山の花崗岩。中央には大理石張りの大広間。なんとも重々しい建物です。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します


 ながーーーーい間、京都の御所の中にいて外にはでなかった歴代の天皇とは違い、日本全国巡幸し、たくさんの人々が働いているところを見聞し、そしてお声を掛けたようだから・・・まあ、当時の人達が新しい時代の特別な天皇って感じたのも無理もないかもな。

 そして、明治記念会館の中のランチ。

 このラウンジKinkeiは憲法記念館を移築したもの。

 憲法記念館といいますのはまずは赤坂仮皇居の別殿として建てられ明治天皇御親臨のもと、帝国憲法・皇室典範の草案審議が、 前後十数回にわたり行われたところ。その後、伊藤博文に下賜され伊藤公邸に移築、その後、明治神宮や神宮外苑の構想ができるとともに伊藤家から寄付され現在地に移築・・・という建物だそうです。

 お庭がきれいだし、鳳凰が舞い飛ぶ壁紙もきらびやか。ちなみにお料理のお味は普通。

 お写真、ネットからいただきます。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 聖徳記念絵画館に続く明治神宮外苑の銀杏並木が黄色く色づいた時に歩いてみたいものだね。

 こんな感じらしい。
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 
0

2016/9/27  19:58 | 投稿者: masuko

 友人が行ってみたいよということで、先日の関西旅行の三日目は京都の「現代美術館 何必館」

 場所は四条通り、くずきりで有名な鍵善のおとなり、一力茶屋のお迎え、花見小路・・・と書けば、まあ、京都の一番の観光地ですが、今まで四条通りを何度も歩いたことがあるのに、気がつかなかったですねえ。

 入口はほとんど普通のビル、オフィスビルって感じで、目立たないよな。

 ちょうど「木村伊兵衛展」をやっていてとってもよかったですねえ。

 昭和の時代の息づかいが聞こえてくるような・・・

 ビルの5Fには屋上に突き出た紅葉の木や和室があり和風の雰囲気。地下は北大路魯山人の作品。

 四条通りの賑わいからちょっと逃げたい時に立ち寄るとほっと一息つけるかもな。

 クリックすると元のサイズで表示します
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 

1

2016/9/20  10:36 | 投稿者: masuko

 先日の小淵沢方面の旅で身曾岐神社に行ったことはアップした。

 そのあと、駅で入手した観光マップをみると少し歩けば美術館があるようなので・・・ブラブラと。

 フィリア美術館

 小さなかわいらしい美術館だった。

 企画展の方はそれほど興味のある内容ではなかったんだけれど・・・・

 パイプオルガンがあってコンサートを行うことがあるという室内の雰囲気はとてもよかった。

 さらに展示室の奥の方の常設展が!!

 ミエチスラフ・コシチェルニアクという方の絵が・・・・

 これが

 1912年1月29日ポーランド中部カリシに生まれる。クラコフの美術アカデミーに学ぶ。1939年徴兵され、ワルシャワ防衛線にて負傷、郷里に帰り、対ドイツレジスタンスに加わる。1941年16歳のときレジスタンス活動とポーランド人が射殺されるところを描いたために逮捕されアウシュビッツに送られるがそれでも絵を描き続けた。収容所内部を描いた絵を洗濯物の中に隠したりして外部へ。それが解放運動の力になり1945年1月18日メルク・エーベンゼーの各強制収容所に移送されたが、米軍により解放される。

 という方の絵。

 ホロコースト関連の本もたくさん並べられていて・・・・

 この旅から帰ったら映画「奇跡の教室」を見ようと思っていたのでタイムリーでもあり、

 「人の毒」を突きつけられて・・・虚しい、苦しい・・・そういう時の自分の心の慰めに「祈り」しかないことを確認する時間だった。

 クリックすると元のサイズで表示します

0

2016/7/6  10:57 | 投稿者: masuko

 世田谷文学館付近の地図をみていたら、近くに蘆花恒春園というのがあることを知る。これって徳富蘆花の関係?って調べてみると確かにその通り、蘆花さんの旧宅もあり、記念館もあるとのこと。

 せっかく近くまでいくのだから寄ってみることにする。

 徳富蘆花って名前はなんとなく知っていたけれど、どういう方かはほとんど知らなかった。

 明治元年生まれ。お兄さんに徳富蘇峰がいる。同志社大学入学。退学(恋に破れて:相手は新島八重の姪ー山本覚馬の娘)。お兄さんの経営する民友社に入って雑誌を作ったり洋書の翻訳などする。明治31年に「不如帰」の新聞連載が始まり、大成功して作家としての地位を獲得。
 トルストイを師と仰ぎ、お手紙のやりとりもしたし、遥々ロシアまで訪問し面会を果たしている。
 トルストイから農業で生活できないか・・・と言われ、この公園のある土地を購入し移住して永住の地とし「晴耕雨読」の生活を送る。恒春園と名付ける。
 昭和2年に亡くなり、10年後夫人が土地、建物、遺品すべてを東京市に公園としてほしいと寄付。

 とまあ、こういう方でした。

 記念館にトルストイからのお手紙が展示してあり、和訳もありました。ピンぼけでごめんなさい。

クリックすると元のサイズで表示します

 真ん中あたりにこういう文章があります。

 小生は儒教も道教も仏教も存じています。これら教義の宗教的、形而上学的原理に対しては、最大の敬意を払っているつもりです。つまり、それらはいずれも基本原理において、キリスト教のそれと同じだということであります。(要するに)宗教というものは唯一であり、だたそれぞれ国民に対し、それぞれの別の面から顕現するというだけの話です。それだけに、そうした宗教の・・・

 という件があり、別に全文読んだわけではなく、そこの部分がパッと目に入ったことが不思議でした。

 地球上のみんなが「神はひとつだよ。同じだよ」って思ってくれたらなあ。戦争しなくてもいい世の中になっていくんじゃないかなあ。

 記念館も旧宅も無料でした(かなりほこり・カビ臭くて、ちょっと苦しかったな)。公園は森のように樹木が多く、ドックランもあって市民の憩いの広場になっているようでした。

 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/7/5  13:56 | 投稿者: masuko

 2014 年、上橋菜穂子は子どもの本における最高の賞である国際アンデルセン賞作家賞を受賞しました。日本人では詩人のまど・みちおに続く2人目の栄誉です。多様な価値観や、文化的背景の異なる人々が織りなす世界を鮮やかに描きあげる作品は、世界的に高い評価を得ています。1989 年の作家デビュー後、『精霊の守り人』『獣の奏者』『鹿の王』などのベストセラーを世に送り続ける上橋菜穂子は、創作においてはプロットを作らず、自らの内なる〈羅針盤〉の動きに合わせるようにして壮大な物語を紡いでいきます。

 本展は、代表作〈精霊の守り人〉シリーズに描かれる多文化共生を軸として、その卓越した物語世界を紹介する初めての大規模展です。シリーズ関連資料や文化人類学の研究ノート、作者が本展のために語り下ろしたインタビュー映像などで作品の魅力に迫ります。単行本の挿画のほか、TVドラマ資料やアニメ、漫画化された作品も展示。異なるジャンルのクリエイターたちを刺激してやまない〈守り人〉シリーズへのアプローチもご堪能いただけます。
私たちの心の奥にある神話や伝承文学と同じように、ファンタジーや児童文学の枠をはるかに越えた、あらゆる世代に開かれた「本物の物語」がここにあります。日本語で書かれた、魂をゆさぶられる物語世界の素晴らしさ、面白さにぜひ触れてみてください。


クリックすると元のサイズで表示します

 ということで、わざわざ世田谷文学館というところまで行って来ました(6月29日)。京王線の蘆花公園という駅の近く。この公園はなんだ?・・・・そのことはまた後日。

 さすがに「守り人シリーズ」のファンは多いのですね。平日の午前中なのに賑わっていました。

 東京の「区」っていうのは凄いよね。区ごとにけっこう立派な公共施設を持っている。まあ、こちらでいうところの「市」より力あるのかもな。

 世田谷文学館
 
クリックすると元のサイズで表示します

 「作者が本展のために語ったインタビュー映像」というのが会場のあちらこちらでテーマを変えて流されていてこれがなかなか面白かった。お人柄も、考えているこことも分かるものでした。

 精霊の守り人(最初の最初)を書き終えて出版社にその原稿を渡す時に添えた手紙が展示されていた。
 もし本にしてもらえるなら是非是非、二木真喜子さんに挿絵を描いてもらいたい。しかし、スタジオジブリの仕事で多忙を極めるのでどれだけ時間がかかるか分からないけれど、それを了解した上で彼女に依頼してほしい、内諾はとってある・・・というような内容のことが簡潔にでも、ちょっと遠慮して、そして心からのお願いよって感じで書いてある。「上橋さん」のこだわり方を感じた。

 その二木さんだが、今年の5月13日に亡くなられたとのこと。58歳。なんということか。忙し過ぎたのかな。ジブリもブラック企業みたいなものかもな。
 上橋さんの追悼文

 二木さんが描いた挿絵等

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 この展覧会、秋には静岡でもやるみたい。
0

2016/7/4  9:52 | 投稿者: masuko

 先日の東京国立博物館ではもう一つ古代ギリシャの特別展を。

 丁寧に時代を追って展示してあって見応えあります。量が多くて疲れちゃった。

 紀元前7000年ころのものから展示が始まって・・・想像できないような、長い長い時が流れているんだねえ。

 人間の暮らしはどんなふうに始まったんだろうって思うと本当に不思議。

 動物の進化が人を生み出していったのは本当なのかな。

 宇宙の偉大なる叡智はある意図を持っている・・・そういう宇宙の中に自分も今、生きている。

 古代ギリシャと今の私はその意図の中で繋がっている。

 この頃の私はそういう想いでこういう展示を見るようになりました。


 クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ