2016/4/1  17:36 | 投稿者: masuko

 今日は多くの朝ドラファンが泣いた日。新次郎さんが亡くなった。

 ドラマはこういう死を描く。大旦那さんも惣兵衛さんも・・・マッサンの時のエリーも・・・

 自分の死期を悟り、近しい人にお礼の言葉を言う。最愛のパートナーの胸に抱かれたり、家族に見守られたり・・。

 見ている人は悲しいけれど、でも言うなれば「満足」というようなものを味わう。互いの心が通じ合う場面に心を打たれるからだろう。

 でも、テレビの前で見ている人のどのくらいの人がそういう最期を迎えられるんだろうか。

 私の身近なあの人もあの人も・・・・。

 だってドラマだもの。作り話だもの。実際とは違うさ。

 それはそうだろう。そんなにことはうまくは運ばない。

 でもそういうことだろうか。

 否・・・・。と「半分」思ってしまう。

 点滴なんかしないから、食べられなくなっても経管栄養なんかしないから、ただただ、家族に見守られて家で養生し、ゆっくりと枯れていくから、だから、
 
 お別れの言葉を言うタイミングがあるのではないだろうか。

 人工呼吸器はやめてください、心臓マッサージなどの過度な延命治療はしません・・・と言えても、点滴を断れるだろうか。痛み止めや安定剤(?ーよくわからないけれど、意識の混濁や呼吸の乱れを鎮めて眠らせてしまうもの)を断れるだろうか。

 病院に、家族に、家に帰りたいと言えるだろうか。家族の負担に遠慮してしまうだろうか。

 家に来て死亡診断書を書いてくれるお医者さんとあらかじめ仲良く付き合っておかなくては、簡単に家では死ねない。

 人間はどうしてこんなに「死」を嫌ってしまったのか。でも、だからこそ、医学はこんなに進歩した。有り難いことではある。

 誰もがいつか死ぬ。死は負けでも悪でも忌み嫌うものでもない。
 
 「死」は「生」と同じ尊いもの。

 
 
0

2015/3/14  20:56 | 投稿者: masuko

 死んだら・・・・

 父や母の時代の人やそれ以前の時代の人はあたり前に自分が死んだら入る墓のことを心配した。長男だったら先祖代々の墓があるだろうし、分家ってやつだったら新しい墓を用意したんだろう。
 今は散骨?海に撒くんだか森に撒くんだか知らないけれどそういうのもあるし、永代供養とか共同納骨堂とかいろいろな方法が出てきた。
 今あるお墓を管理していくというか中心になって祀るっていうのかそういう立場の人がいなくなってしまって放置されている、無縁墓っていうのもたくさんあるらしい。

 人ごとではない。
 市営墓地に多分祖父が申し込んで手に入れ、父がその利用者を引き継いで祖父や祖母、つまり父にとっての両親を埋葬した墓があり、その墓に父も母もはいっている。現在、利用者は姉(姉はこの墓には当然、入っていません。結婚した相手の家の墓に入っています)。次に継承すべき人は誰なのか。私?えっ?そんなー。私もこの墓には入らないよ。父にとっての長男(私の兄)は逆縁で父たちよりも早くその墓に入ってしまっている。ところが子どもは娘ばかりでいわゆる直系というやつが途絶えてしまったのだ。

 親戚で相談して継承していく人が決まったのだが、市役所の手続きのなんと面倒なことか。今、このことをなんとかやっつけてしまわなくてはというのが当面の私の目標である。

 同意書に署名しなくてはならない人が6人。父の遺産相続の時に用意した、他市からとりよせた戸籍謄本が役に立つ。継承者が何ものであるかの証明に必要なのだ。もちろんその継承者の戸籍謄本やら住民票の写しやらも必要だ。姉が亡くなっていることを証明する除籍謄本も必要。これがまた妹の立場じゃ簡単にとれないんだなあ。霊園の窓口へ相談に行くと親族関係みたいのも根掘り葉掘り聞かれる。2回いって2回とも説明した。今度行く時は申請書を提出できるけれど、その時には家系図みたいなものを用意してきてくれると助かるとな。今度の利用者のその後を継いでくれる人はいるのかともきかれた。市役所にしてみれば利用料を払ってくれる人がはっきりしなくなるのが一番困るのだろう。また、後から親族同士の揉め事が起きるのも防ぎたいらしい。それで同意書の人数が増えてくる。そんなこと余計なお節介とも思える。

 思い切って墓じまいにして、中のお骨を共同納骨堂へなどと私などは考えるが、立派な墓石の撤去料は相当な金額になるようだし、まだまだ父の代の人たちには墓を無くすというのは受け容れられない。

 縄文時代みたいに村の真ん中に村の人がみんな入る墓地があれば十分なのにな。家制度、檀家制度と墓が結び付いたのは、徳川のキリシタン対策が元なのだろうか。平安のころなんか鳥葬なんていうのもあったのか?

 もう、家ごとに墓を持つ時代ではなくなったように思うけれどな。そう簡単にはいかないけれど、でも、なんとかしないと寺も公営の墓地もにっちもさっちもいかなくなるのでは。

 ちなみに私も夫も自分の骨の行き場は市の共同納骨堂に申し込んである。いろいろな人の骨と一緒にどさっと入れてしまうところだそうだ。

 千の風になってなんていう歌が流行するのにね。
 
0

2013/11/18  14:22 | 投稿者: masuko

 土曜日に静岡いのちの電話相談主催の講演会を聴きにいった。
 「それぞれの<自分らしく生きる>を支え合うために」というテーマで東京大学大学院人文社会系研究科 死生学・応用倫理センター上廣講座 特任教授の清水哲朗先生の話だった。
 人と人の関係は「皆一緒」と「人それぞれ」のバランスで成り立っているというお話を丁寧にされた後で高齢者の生活を家族、医療者、介護者がどう支援していくのがいいだろうかということを話された。
 自分のことだから自分で、独りで決めるということではなく、支援者と本人が本人の人生や生き方を理解し、尊重して皆で決め、皆で納得し、皆で支えるということを提案されていた。
 自分らしい生活というのはまずは快適な日々、苦痛がなく、楽に過ごせる、残っている能力を発揮する機会があるということで、その上で長生きがプラスアルファーであればいいねというお話は大変わかりやすく納得できる。
 胃瘻について例にあげていたが、胃瘻がいいとか悪いとかではなく、胃瘻をするとどういう生活になるのか、それはその本人にとって最善の生活かという視点で考えてほしいと訴えていた。
 お医者さんは是非、パソコンをみていないで、患者の顔をみて患者の生活や人生に思いを馳せて欲しい。
 先日、東北のホテルでテレビをみていたら、震災の後、病院の建物がつかえないので自然発生的に生まれた家庭訪問医療が介護保険との連携の取れた地域医療に発展しているという陸前高田市や石巻の例を紹介していた。全国から視察や医師の研修派遣が増えているとのことだ。今後に期待したい。
0

2013/10/2  12:36 | 投稿者: masuko

 夫がいない生活7日目。これからの生活についていろいろ考えてみた。
 仕事をやめて、今まで使ってこなかった脳やもともと好きだった分野の脳を活性化させたいと思った。モノ作りと演奏活動と芸術鑑賞、旅行がまず脳にいいぞっと考えた。だから、着物リメイク、洋裁を始めた。これは今まであまり使ってこなかった脳の分野を刺激していてとってもよい。モノを作るという行為はとてもいいね。音楽の演奏活動は今までもリコーダーアンサンブルとハープをやっていて、特にハープの方は今までの2倍くらい練習していると思う。ほぼ毎日練習するからね。だからってメキメキうまくなるってもんでもないところが難しいねえ。リコーダーは仲間と2、3週間に一度の練習をする日以外にはなかなか手にしないが、もう少し、家で独りで練習したいなあって思っている。芸術鑑賞は美術館、博物館、コンサート、映画、落語、歌舞伎等、そこそこだ。旅行もけっこう実行しているよね。春に宝石屋さんのイベントでカード占いをやってもらったら旅行がいいって言ってもらってぴったり!って思ったよ。それから自分の身体の声を聞こうと思ってヨガも始めた。週1程度でスタジオに行っている。
 で・・・なかなかいい生活しているじゃんって思っていたんだけれど、なんだか物足りなくなってきた。っていうのも、夫がいなくなってみると、朝は、息子と一言かわすのみ、夜は私が寝るまでに息子が帰ってこなかったら、一日で人と会話したのがそれ一言みたいなそんな日もありえるなあって・・・ちょっとこれはまずいのではないかと、もう少しだけ、社会とつながっている必要があるのではないかと・・・
 ボランティア?絵本の読み聞かせ?・・・ちょうどチラシが目にはいったんだけれど、いのちの電話の相談員・・・ちょっと重すぎるかなあ。病院でもボランティア募集してたような・・・
 それとも、表現活動を増やす? ダンス?合唱?吹奏楽?
 ん・・・・ちょっと考えよう。っていうか、こういうのってなんかの出会い、きっかけがホイって起きるように思うからなあ。そう言う意味でいうとふっと目にはいったチラシっていうのもけっこうな出会いかもなあ。どうすんべ。
0

2013/8/27  11:47 | 投稿者: masuko

 中村勘三郎、1955年生まれ。板東三津五郎、1956年生まれ。まさしく同世代だ。勘三郎さんの食堂癌も確か健康診断で発見したのだったと思う。三津五郎も健康診断で膵臓の腫瘍が・・・まだ良性か悪性かはわからないということだ。どうか、よい方向に進んで今後も歌舞伎界の重鎮として活躍してほしい。
 この記事カテゴリを「老い支度」とした。お二人とも元気に過ごしていくために定期的な健康診断をかかさなかったのだろう。私も今、上等な健康診断をうければ、何らかの異常が見つかるのではないかと思う。そういうことをして早めの治療を受けるのが一般の老い支度なのだろう。
 しかし、退職をし、強制的な「生活習慣病健診」を受けることもなくなった今、「痛い」ということが堪えられない程の異常が自覚されないうちは医療のお世話になるのをやめようと思っている。手遅れになる?さあ、どうだろうか。検査数値が病気を作る一面もあるのは確かだ。人はだれでも老いるのだ。老いれば数値の上での平均値とずれが生じるのは当たり前だ。老いと病気をごっちゃにする今の医療とはある程度の距離を置いておきたい。
 その変わりに「息」「呼吸」「気」などのことを大事にしていく。食生活は「腹八分目」をモットーに朝昼は特に軽めに、何を食べてはいけないという縛りは作らないが、できるだけ玄米や野菜を中心にしていきたい。
 気になっている健康法(チベット体操、正心調息法、活元運動・・・)ついてはそれにのめるのではなく、とりあえずそれがどういうものであるかということはきちんと知っておき、体験したいと思っている。
0

2013/5/3  16:29 | 投稿者: masuko

 本日の家の片付けは後半から防災グッズの点検とあいなった。予想される東海大地震でこの家はどうなるのだろうか、避難所に行くのだろうか。皆目検討がつかないのだけれど、ともかく、防災用のアルファー米などの食品はどれだけあるのか、避難用のリュックの中には何が入っているのか・・・などの点検と賞味期限切れの食品の試食も。全然大丈夫!食べることが出来ます。
 先日の春野町の茶畑崩落に関連していよいよ東海大地震が近い!って言っている人もいるよね。あー地震はいやだなあ。
 備えあれば・・・っていうけれど、たいした備えでもないしどう考えてもこの地震が起きれば憂いは大きいよなあ。
0

2013/5/3  12:49 | 投稿者: masuko

 病院通いが終わった後の日常作り。
 葬儀の次の日の朝から散歩を始めた。朝のめざめの悪さを訴えていた夫の提案。起きて簡単に身支度してから30分程度歩く。遊水地など自然に囲まれた地域なので、散歩する場所には事欠かない。
 日常となるかどうか知らないが、今年一年の目標としての「片付け、物を捨てる、整理する」を本日決行。家中、いらないものだらけだよ。簡単には終わらない。何度かに分けて計画的にやっていくしかない。
 東北被災地への行き方を検討している。ネットで見ていくといろいろな方法があることが分かる。いわゆる旅行社が企画してるツアー(観光+被災地巡りとお買い物支援)もあり、支援団体が行っているボランティアの応募もあれば、是非ここを見て歩いてみたいな呼び掛け、個人で回る場合のモデルコースなんていうのも出てきたりする。交通機関の時刻表ともリンクしてあって親切この上ない。ボランティアと被災地の案内(南三陸町)をミックスしている一泊二日(仙台駅発着)がいいかなあ、仙台で前泊後泊するか・・・なんて思っているところだ。
 岩盤浴をやったりカイロプラクティックで身体の調整をしてもらったりしてだいぶ元気になった。
 
0

2013/4/28  18:31 | 投稿者: masuko

 姉の葬儀を終えて帰ってきたところです。
 悲しいとか、寂しいとかそういう言葉と今の気持ちはあわない気がします。
 そういう言葉で言い表せないほど、悲しみが強いというのでもないのです。もちろん、悲しいにはちがいありません。でも、覚悟はとっくにできていました。
 なんでしょうか、よくわかりませんが、
 姉の死顔に向かって「ご苦労さん、大変だったね、お疲れさん」というねぎらいの言葉と「私はこれからこう生きていくから!」みたいな決意宣言を突きつけたというか・・・
 人の生き方と医療との関係に関してまたまた課題、宿題をもらいやっきりしているのかもしれません。なんでこんなに自分の生き方、考え方、価値観の有り様による選択を病気で辛い思いをしている人は突きつけられるのか。そのことに答えが出せるような、人生観、死生観を人は学んでいるのか・・・学べる土壌がどのくらいあるのか、学校教育にはなにもない。宗教はどういう役割を果たしているのか・・・・本屋やインターネットに氾濫する情報をどう精査し吟味し自分のものとしていくのか・・・・・。
 私はそのことに答えの出せる人になりたい。それにはそんなに時間がないかもしれない年齢なんだ、そのための退職だったんだ・・・と決意を新たにしています。
 今言えること。 
 命ある物はいつか死ぬということを自然に受け止めて生きていきたい。そしてなるべく、宇宙、地球の中で生きる生命体として自然でいたい。できるだけ。かなり難しいことだけれど。
0

2013/4/17  18:10 | 投稿者: masuko

 退職をした理由の一つに生活をスリムにしたいということがあった。入らない物は捨てて、持ち物を減らす、そういうことをする時期がもう来ている、仕事しながらではとてもできない・・・。
 4月にはいり、洋服ダンスやクローゼット、整理引き出し等、少しずつすすめて大きなゴミ袋をいくつも出した。今日は、台所を少し整理した。
 でもこの程度では日常の整理整頓、掃除をしたのとたいして変わらない。もっともっと大胆にやっていく予定ではある。実は来年4月以降に、今の家の半分程度の広さのマンションに引っ越す。マンションはすでに購入済み。そこを終の棲家として慎ましく、シンプルな生活をしていくのが夢だ。この家は息子に使ってもらえばよい。早くお嫁さんが決まればいいけれどね。こればっかりは手出し口出しはしない方針。
 衣類はいろいろな方法で再利用するという団体に寄附している。本は一度、ブックボックスに来てもらおうか。夫がどれだけの本を捨てる気持ちになるか・・・・結婚前から3回の引っ越しで捨てなかった本もたくさんあるようだ。
 
1

2013/4/5  19:19 | 投稿者: masuko

 お世話になった方に退職の挨拶状を書こうかなって思った。いつもの私なら当然、パソコンでちゃちゃっとやってプリンターで印刷でしょ。
 でも、アナログにすることにした。
 一日、一枚でもいいから、手書きでハガキに書くことにした。なんせ、母や義父が残したハガキ(切手貼るやつ。ちょっと花の絵とか描いてあってね)が山とあるし、切手もある。
 とりあえず、2枚書いた。今から2枚書くように、文面の下書きをさっき喫茶店でやった。なんせ、ペンで字を書くってけっこう最近していないから、とっても新鮮。
 「わー仕事していない」って感じる時Bでした。
1

2013/4/5  18:56 | 投稿者: masuko

 「わー仕事していない」って感じる時@
 昨日も今日も用事があってお街にいった。二日とも、用事が終わった後、喫茶店に入り、ゆっくり読書しながら珈琲タイムをした。
 昨日いった喫茶店はお気に入りの店。ご夫婦でやっていてカウンターに8人ぐらい。丸テーブルに無理すれば3人。満席になったらちょっと息苦しいって感じの小さな細長い店。とっても美味しい珈琲を入れてくれる。モーニングも2時までやっていて安い。昨日は前々から食べてみたいと思っていたフレンチトーストをおやつに珈琲をいただいた。フレンチトーストは食パンを6つに切ると正方形に近い四角になるが、その大きさのサイコロ状が6つ。つまりかなりぶ厚い食パンをたっぷりの卵ミルクにつけてから中までアツアツにやんわりとバターで焼いてある。メイプルシロップとシナモンシュガーを好きなだけかけて食べる。ホントにアツアツで口に入れる量を気をつけないと口の中全体がやけどしてしまいそうだった。
 ささやかな退職記念???
 
 
1

2013/4/3  17:44 | 投稿者: masuko

 さてさて、本日は。
 7時半から11時まで姉の病室にいる。朝食の時に美味しい緑茶を入れてあげる。昨日作った玄米珈琲は、食後にちゃんと陶器の珈琲カップとソーサーに入れて、雰囲気を出す。脚をさすったり、話相手になったり、看護師さんが来た時に無駄口を一緒にたたいたり・・・といってもそうそうすることもない。てなわけで、本日は裁縫道具を持参。家では色々な誘惑があって絶対にやりそうもないことだけれど、人の病室ならできちゃうっていうのもおかしなものだ。冷え取り健康法で、絹のソックスの重ね履きをしているのだけれど。時々、まるで絹が溶けちゃったみたいにボッと穴があく。最初の3枚ぐらいは捨てていた。でも・・・・なかなかのお値段。もったいない。昔、母がやっていたみたいに繕えばいいじゃん!というわけで、6枚も7枚もたまっていた。私の場合、小指とかかとのちょっと上あたりが破れる。そこから毒素が出て破れるそうな。さっき、破れる場所と身体との関係をネットでみたら、どっちも膀胱系だって。ズバリだね。最近、ずっとならないけれど、膀胱炎にすぐになってしまう癖がある。最近ならないってことは、絹のソックスのお陰でかかとや小指から毒素がでているからってこと?? まあ、信じる者は救われる。
 病室にいると担当ドクターや看護師、食事を運んできてくれる人、ゴミを処理してくれる人、掃除をしてくれる人、臨床心理士、薬剤師、病棟医長・・・いろいろな人とお話できて結構面白い。人生勉強になりますねえ。職種っていうやつは本当に様々ありますし、それぞれのプロ意識とか、人柄とか・・・
 で、姉の息子夫婦がきたから私は家に戻る。
 昼食後、ハープをタップリ練習。んー。シェエラザードが難しい。29日に先生の家でケーキパーティーとおさらい会。先にケーキの方を書いてどうすんねん。
 夕食の材料を買い物して、DVDで自力整体を2時間。
 雨も上がったんで、庭の草取り。気になっていたんだよ。あんまりボーボーでねえ。
 
 いやーけっこう充実の一日じゃあないですか。満足満足。
 このブログ、どうせそんな多くの読者がいるわけでなく、自己満足の日記替わりですので、自分の記録として無職の日々のつれづれを書いていくとするかなあ。まあ、あんまりこだわらないことにして、書きたい時にってことで。何事もこだわらない。
 少し、今までと違う部分の脳が活性化してきているかなあ。まだまだかなあ(笑)
1

2013/4/2  15:52 | 投稿者: masuko

 3月10日の投稿で東北のこと、原発のこと、自分にできることを考えていきたいということを書いた。
 まずはFacebookで、「いいね」をすることから。
 「忘れてないよ」のメッセージを「いいね」で伝えよう〜100万人でつなぐ! 東北への想い〜
 被災地に行こう!
 の二つにいいねをした。
 そうすると、当然、2つのページが投稿したり、だれかのページをシェアしたりすると私のホームページにもアップされる。そうやっていろいろな人の考えを読むことが出来る。そういうネットワークっていうやつで『10000人の応援団』というのを知った。
 とりあえず、参加。3000円振り込んできた。
 まだ、何もしていない。マウスのクリックをしただけみたいなもんだ。それでも、主催者側にとっては関心を寄せてくれている人が一人でも二人でも増えることが力になるはずだ。
 「東北と原発のことを忘れない。」これは退職時の誓い。
 無職第二日目。まずまずだ。
 
 
1

2013/4/1  19:03 | 投稿者: masuko

 4月1日です。仕事いかなくてよくなった最初の日。無職記念日。みんな年度の初めで新しい学校へ行ったり、新しい学部、学年、同僚・・・なんだか緊張のイライラ、ワクワクの一日だったはず。 あーそういう緊張はもう味あわないんだねえ。(これ寂しがっているわけじゃないから。)
 仕事へ行くのと同じぐらいの時間に家を出て、姉の病院へ。食事時は一人だと寂しいだろうからね。
 ひっさしぶりにハープもやったよ。
 ヨガ教室の予約もした!
 娘が送ってくるのが遅くって事務室に返却してなかった保険証を返しに行って、ついでに各職員室にちょっとお礼の品物を届けて、これで当分こないぞって思って。
 出だしはまあまあ。
1

2013/1/22  19:32 | 投稿者: ますこ

 やあ、勉強になった。父の持っていた土地と家を姉が相続する。その所有権移転の手続きに姉の委任状を持って私がいってきた。
 法務局に入るのも初めて、中にはいって大きな声で「おはようございます」と言われても、どこでどうしていいかわからない。銀行のようにお客様係はいなかったけれど、うろうろしていたらどういう用件かと聞いてくれて、相談コーナーへ行くことを教えてくれた。
 用意した書類を見てくれる相談員の人がいるんだ。もう、始めっから、申請書の書き方を添削され・・・まあ、覚悟はしていたけれど、試験の答えを目の前で採点されているようなドキドキ気分。用意した戸籍謄本やその他の書類は確かにそろっているかとか、分割協議書の書き方は本当は・・・の方がいいよとか。まあ、いろいろ指摘されたけれど、とりあえずは、区役所で足りない書類をひとつとって、実家にいって申請書をパソコンでちょっと直して、印を押し直して、もう一度行って見てもらったらOKがでた。やれやれだ。これでお無事登記が終了すると、相続関係手続きもあと一歩となる。
 それにしても、登記のための税金がこんな金額になるとは。びっくりだ。戸籍謄本もらうのも、印鑑証明もらうのも、なにもかもお金がいるもの。相続手続きにけっこうな金額かかるんだね。これを税理士だか司法書士だか知らないけれど、代行してもらうとどのくらい取られるんだろう。
 私の「書類の作成、準備、それにともなうストレス、関係機関に出向いた労力・・・」は幾らに計上しようかな。まあ、私がもらうことになっている遺産から支払われるようなもんだから、意味ないか。
 疲れました。でも、一歩一歩前に進んでいるので達成感があります。さて、あとひとつ金融機関が残っていて、もうひと仕事は遺品の整理です。父たちと姉の家族の二世帯住宅だったのをひとつ下の世代に受け継ぐ、つまり姉と姉の息子夫婦との二世帯住宅にするのでね。早く整理しなくちゃね。
0




AutoPage最新お知らせ