2014/9/23  10:47 | 投稿者: masuko

 不思議な映画だった。終わったときにはなんとなく不消化で、この先どうなるのかなあって・・・。

 ゆっくり後から味わう。
 スマホでメールの時代にかわいいお手紙のやりとり。
 隣人とのお付き合いなんかない時代にアパートの上の階のおばさんの声が聞こえてそれでやりとりしてスルスルと降りてくる籠でモノのやりとりもしてまるで長屋で・・・。隣人のおばさんは声だけの存在。姿は現さない。長い間、寝たきりの旦那を介護している。匂いだけで下の階のお弁当を作る若い奥さんの料理指導をしちゃう。
 あの彼の仕事を引き継ぐ若い男性の存在はなんだったのだろう。ちょっとイラつく存在として現れる。でも彼は段々にその若い男性に心を開いていく。天涯孤独で慣れっこすぎて仕事はミスするし、帰りのバスの中で野菜を刻んでいるし、それも仕事の大事な書類の上で・・
 "人はたとえ間違った電車に乗ったとしても、正しい場所へと導かれる"という言葉は見ている人に何を訴えたかったんだろう。

 心のこもったお料理は人に愛を伝える。
 
 都会の喧騒の中での前時代的なエピソードの数々。

 だいたいあのランチボックスを配達システムは凄いし不思議だし今っぽくないよな。ありえるのあんなこと。自分の旦那のところへできたてのランチを届けようって・・・自転車で各家を回ってお弁当を集めてどっさりと籠に入れてバスやら電車やらに乗り込んで、各オフィスのそれぞれの机の上に届けて、空のお弁当箱をまた元の家に届けて・・・。どれがどれだかあんなスピードと仕事ぶりでちゃんと見分けられるんかいな。でも実際にムンバイに存在しているんだよね。タッパーワーラーって言うんだって。誤配送の確率はたったの【600万分の1】って!!

 なんだかよく解らないけれど、心に残ったのは確かだね。人の心に何かを残すって凄いことじゃん。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/9/20  13:06 | 投稿者: masuko

 アスペルガーのお話。スウェーデン。ラブコメディー。

 そうですね。アスペルガーの方の特徴をよく表しているし、周囲の人の接し方が大切っていうのも解るし、ほんわか楽しくできています。

 こういった特徴を持った方がいるってことを広く知ってもらうことができるのはいいですね。ただ、アスペルガーと一口にいったて、人それぞれです。本当にいろいろな特徴があるのでねえ。そこのところは勘違いしないで貰いたいですね。

 世の中全体がもっと寛容でのんびりしていて単純だったらなあ。
 そしてそれぞれの人が自分の得意なことや好きなことや安心していられることをやって生きていけるような社会だったらなあ。そうだったらアスペルガーなんて診断されている人もそうでない人ももっともっと生きやすいのになあ。

 こういった自閉的傾向っていうのは最近はアスペルガーと言わずに自閉症スペクトラムって言うのではないかな。こっち側とあっち側みたいに2分割されているわけではなくて、グラデーション的に虹のように連続帯として、自閉的な傾向の強さが強まっていく。つまり例えばですね、私に自閉的な傾向が1あるとしたら長男は2くらいで旦那は1.5ぐらいで、あの〇〇さんは3くらいかなあ?ってなもんで、この映画のシモン君はバリバリ15くらい・・・強いか弱いかということです。この例で言うと5〜10くらいの針がどっちにもぐっと振れていない人の生きにくさが割と問題のように個人的には感じています。本人も周りも特にその傾向が強めということを意識していない事が多いから「何となく変わった人」程度になるわけで。本人が今の社会では適応しにくくて引きこもり的になることもあるかもしれないし、場合によっては周りがその人の「あまりにも強すぎるところ」なんかにやられちゃったりすることもあるかもなんだよね。シモン君くらいハッキリしている方が周りも本人も解りやすいかも。いろいろと難しいね。「みんな違ってみんないい」の世の中になるといいけれどそいう柔軟性に弱いというかそういった感性に乏しいことがこの傾向の強い人の中にはあるからね。そいう人が教師だったり役人だったりもするんでねえ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/8/31  12:08 | 投稿者: masuko

 いいな。宮崎さん。はまるね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/8/29  9:28 | 投稿者: masuko

 宮崎駿さんをちょこちょこと観ていきましょう。レンタル・・と思ってたけれど、ネットで検索すると出てきて見れちゃうね。

 映画と漫画とは筋が違うんだ(ウィキで知りました)。

 1984年の作品。30年前かあ。テーマとしてはまったく褪せることのないというか福島のこともありより新鮮なテーマだ。

 戦争、原子力、環境破壊・・・・人間の愚かさと自然を司る神の大きさに胸を打たれました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/8/24  19:59 | 投稿者: masuko

 かなりショック。残虐な映像が流れるわけではなく、ほとんど土人形が表してはいたけれど、だからこそか。もの言わぬ土人形がどんなに訴えてきたことか。
 昨年の暮れ、カンボジアに行った。「いったいカンボジアに何があったのか。ポル・ポトって何をしたの?」その時に少しは勉強したつもりだったが。
 実際に死の恐怖を感じて生きた人が作った映画の訴える力は大きい。なんとかして伝えたいという思いでいっぱいの映画だ。
 土人形が語る辛い飢えと疲労と屈辱の日々。いつも笑顔で登場するポル・ポトの映像との対比。土埃が舞う不毛な大地で天秤棒を担ぎ土を運ぶ人々の映像。延々と列を作りうねうねと歩き、藁か蔓みたいなもので作った粗末なざるに土入れてを運び続ける。裸足だろうか。
 多くの人で繁栄した都市の人間はすべて収容され上記のような労働を強要された。黒い服とスプーン以外の個人の所有物はない。それが平等。
 そして多くの人が処刑され、病気で、自ら・・・死んでいった。
 
 どんなに辛くても語り伝えなくてはいけないことがある。同じ間違いを二度と繰り返さないために。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/8/20  13:50 | 投稿者: masuko

 樹木希林さんのお伊勢参りドキュメントですか。
 
 神様はいるんだと思う。どこに?って言われるとわからない。神様はいると思っても、そのことと神社参りとは別のことのように思っていた。なんだか神社の中にはいないような気がしていたから。

 でも、どうなのかな。この映画を観ていたら、神社にもいらっしゃるのかも。「も」なんだな。あくまでも。

 まずは自分の想像力の欠如を思った。映画冒頭に希林さんが「昔からこんなに多くの人が出掛けていく、詣でる、そこには何かあると思う」という言葉にそうか、私はそういう発想で考えたことがないなって思った。なんでこんなに多くの人が参拝に行くのか。物見遊山、観光・・・そうばっかりじゃないさということへの想像力の欠如。そういえば、ヨガスタジオで本を貸して下さる彼女も毎年、お伊勢さんと白山神社で祈祷してもらうって言ってたなあ。そういう思いを持っている人がいることへの想像力の欠如。

 さらに、神社があるということに関連して多くの人々がその「存在」に関わっているのだということへの想像力の欠如。
 宮司さんやそれを守る警備の人など、神社で仕事している人だけではない。20年に一度の遷宮のために森を守り、ひのきを育て、そして木を切り、製材している人達がいる。木こりの方が木に御神酒や鯛をお供えし手を合わせている姿に、「ありがとうございます」と書いたヘルメットをつけて木を切る姿にぐっとくる。

 伊勢新宮に鮑を奉納する海女さんが海の神様に手を合わせる姿。新しくできる神殿の周りの石を奉納するその祭事を司る人々の姿。

 いわゆる分家ってやつだからでしょうか、父方のおじいちゃんが亡くなり、祖母と同居するまでは家に仏壇はなかった。私が結婚してから実家は立て替えをしたがその時にはなぜか神棚を作った。へーそんな思いがあったんだ、と両親のことを思った。だから、こどもの時には家に神も仏もいなくて、手をあわせるっていう習慣のない家に育った。母方の実家の墓参りや初詣でぐらいだろう。

 でも、最近、どういうわけか、神とか魂とか霊とかいうものに気持ちが動く。神がいるから宇宙が地球が生物が人間が存在するのだと思う。

 そして、今、それをひとつの形にして祈る「神社」というものに尊いものを感じている自分がいる。

 手を合わせてお願い事をするのではなく、手を合わせて「生かされている」ことに「感謝する」気持ちは持っていきたいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

希林さん。かわいいな。好きな俳優さんです。
0

2014/8/6  16:47 | 投稿者: masuko

 暑いね。雨は今度は山口県を襲っているみたいだね。なかなか手強い。

 面白かった。軽快。画像が美しく感じるのは主役の女優さんの美しさ?サリーの美しさ?

 女として、母として、そして人として生きて行く・・・大切なメッセージが伝わってきたよ。公式HP

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/7/28  18:23 | 投稿者: masuko

 良かったよ。泣いちゃった。

 ケニア、モロッコ、アルゼンチン、インドの4人の子どもたちの通学の話。
 キリンの行き交う草原を跳ぶがごとく片道15キロ2時間で毎日学校に向かう。象に出会わないように・・・
 家族も本人も祈る、神の加護を信じて学校に向かう。

 学びたいという思いのために、夢を叶えるために。

 公式HP

 通学風景

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/7/23  16:51 | 投稿者: masuko

 好きな俳優さんがそろっているんで、観てきました。
 「ぼくたちの家族」
 好きな俳優さんたちはとってもいい演技でしたよ。妻夫木君も池松君も、そして父と母役の長塚さんも原田さんも。
 「家族」を扱ったお話って多いねえ。ここで「観たよ〜」って紹介してきたものはけっこうそのテーマだよね。 
 かなり辛い場面で「こういう時は笑おうよ」っていう原田さん演じるお母さん。いいね。
 別にこれといって「こじれてます」みたいなものがない家族だって、やっぱり子どもたちは親を乗り越えたいと思い、親に対してなんか憎らしいような、うっとうしいようなそんな感じを持つっていうのはまあ普通のことだし、・・・人ぞれぞれいろいろあるわなあ。兄弟姉妹:仲がいいとか悪いとかって一口で言えないような、互いを牽制しあうような・・・夫婦:わかり合っているようなまったくわかり合っていないような・・・近くて遠くて、つかみ所がないよね。
 一度こじれれば骨肉の争いってことになるかもだし、相続のことでもめれば裁判だしなあ。
 この前、ネットでみた話題に血のつながらない父子の関係を法律上解消できるかどうかっていうような裁判あったみたいね。奥さんが結婚前の彼氏との間に出来た子を産んで、父親であるその人はその子を我が子と思ってかわいがって育てて・・だから、親子関係は解消したくないみたいな話だったかな。奥さんとは離婚しちゃったんだけれどね。
 うまく言えないけれど、人間は野生動物として生きて行くのではなく良くも悪くもこういう社会生活っていうのを営むことになってしまった以上、(からこそ・・・かな)「家族」ってすごく大切だと思うよ。
 
 一言では言い表せない「家族」を表現していたね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/7/9  14:05 | 投稿者: masuko

 いい映画だった。実話をもとにしているとのこと。
 信仰って難しいね。結末で、このただただ我が子を思う一人の田舎のおばさんの方が老シスターよりもずっとずっと神さまと繋がっているようだったよ。

HPから

その日、フィロミナは、50年間かくし続けてきた秘密を娘のジェーンに打ち明けた。それは1952年、アイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは家を追い出され、修道院に入れられる。そこでは同じ境遇の少女たちが、保護と引き換えにタダ働きさせられていた。フィロミナは男の子を出産、アンソニーと名付けるが、面会は1日1時間しか許されない。そして修道院は、3歳になったアンソニーを金銭と引き換えに養子に出してしまう。以来わが子のことを一瞬たりとも忘れたことのない母のために、ジェーンは元ジャーナリストのマーティンに話を持ちかける。愛する息子にひと目会いたいフィロミナと、その記事に再起をかけたマーティン、全く別の世界に住む二人の旅が始まる──。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


0

2014/6/19  21:18 | 投稿者: masuko

 これはお薦め。いい映画だよ。アラン・カミングの歌唱力が凄い。
 正義っていったい何って思った。

HPより
1970年代のアメリカ・ブルックリンで実際にあった「障がいを持ち、母親に育児放棄された子どもと、家族のように過ごすゲイの話」。本作はモデルになった男性と同じアパートに住んでいたジョージ・アーサー・ブルームによってシナリオ化された。2011年、トラヴィス・ファイン監督はこのシナリオを読み、崩れ落ちて涙を流したという。トラヴィス自身はゲイではない。だが、愛するわが子を奪われる苦しみに普遍性を感じたという。出会うこと、求めること、守ること、愛すること……ゲイもダウン症も関係なく、魂のレベルで求め合う愛はすべての人の心に届く。そして、『チョコレートドーナツ』は全米中の映画祭で上映され感動の渦に巻き込み、各地で観客賞を総ナメにするという快挙を成し遂げた

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/6/13  18:05 | 投稿者: masuko

 今週2本目の映画。ドキュメンタリー映画だ。
 脳トレで有名な川島隆太先生のプログラムを入所者の数十人に試行していくアメリカの認知症介護施設の記録だ。映画の作成は日本の人達。
 脳トレはいわゆる読み書き計算だ。脳を活性化させ本来のその人らしさを取り戻すことが目的で読み書き計算ができることが目的ではない。学習サポーターたちは、褒めて褒めてお年寄りに達成感を感じてもらうように言葉をかける。プログラムの継続的実施もさることながらサポーター達のお年寄りに対する接し方もとても大切だろうと思う。 
 施設の中で老人達のプログラムによる変化の記録をとる仕事をしているジョンはひとつの指針として「僕の名前を知っている?」とお年寄りに質問している。たいていは「知らない」「分からない」と応えられるから名札を見せて自己紹介する。そしていろいろなお話などして5分後にまた同じ質問をする。そしてやっぱり「知らない」と応えが返ってくるからまた自己紹介する。これをプログラム開始時からずっと続ける。あきらめずにいつかきっと「知っているわよ、ジョンでしょ」と応えてくれる日を夢見てずっと続けていく。
 課題への達成時間、集中力などがあがってくると同時に、お年寄り達のいろいろな変化が見えてくる。聞こえないふりをしていたAさんは明るく応答するようになってきた。独りでこもっていて施設の人とかかわりを持たないでいたBさんはだんだん施設の催しにも参加し、冗談をいったりするようになり、始終手を動かしていた落ち着きのなさが改善された。息子が毛糸と編み棒を渡すと昔のことを思い出してどんどん編みだし始める。訪ねてきた孫がわかる・・・そんないろいろな毎日の変化をジョンは楽しみに仕事に通う。そしてついにプログラムを初めて5ヶ月後、自己紹介した5分後に「知っているような気がするわ、ジョンでしょ。ひらめいたのよ」という応えを得るのだ。90歳以上のおばあさんの認知症が良くなる・・・・!!!

 いい映画を観ました。スタッフが認知症のお年寄りの「人としての尊厳」に敬意を払って接していることが印象的でした。プログラムの実施により良くなっていく彼らの様子がさらにスタッフをそのように育てているようにも思いました。
 HP

 このプログラムは現在、日本でも1万人以上の方が実施しているとのことです

 
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/6/12  12:53 | 投稿者: masuko

 ランチタイムコンサートの後は映画を。これは見応えがあった。人の心の中をえぐり出すような映画もいろいろあるけれど、セレブの転落の葛藤をえぐり出してもあまり意味が無いけれど(ブルー・ジャスミンのことね)、この家族、夫婦の葛藤をえぐり出すことには意味があると思う。凄い。演技と演技のぶつかりあいが凄まじい。 

 時にありがたく、時に迷惑。避けたくても避けられない関係・・・・全くその通りなんだろう。ちょっと前に自分が父や母に感じていた感情を今、息子や娘から注がれていることをチクチクと最近感じるのです。かなり距離感的にはわざと遠い存在に彼らをおいやっている最近の私です。

HPから
8月の真夏日。父親が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ集まった三姉妹。真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラと、反抗期の娘、実は別居中の夫。ひとり地元に残り秘密の恋をしている次女アイビー。自由奔放な三女カレンと、その不審な婚約者。彼らを迎えるのは、闘病中だが気が強く、率直で毒舌家の母バイオレットと、その妹家族。生活も思惑もバラバラな“家族たち”は、つい言わなくてもいい本音をぶつけあい、ありえない“隠しごと”の数々が明るみに―。なぜ父は消えたのか? “家族たち”はひとつになれるのか?! 家族バトルのあまりのリアルさに胸を衝かれながらも、笑いと驚きが止まらない予想外の展開。そして物語は、衝撃の結末へ―! 時にありがたく、時に迷惑。避けたくても避けられない関係・・・それが家族。親子とは?姉妹とは?夫婦とは? 普遍的なテーマをかつてないテンションでダイナミックに描き出す、誰も見たことがない“家族”の物語が、今その姿を明らかに!

写真はなごやかですが・・・・とんでもないバトルが始まります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/5/27  22:36 | 投稿者: masuko

 観ましたよ!凄い。レズビアンの恋。アベルという女の子の心。少女から大人への成長。
 顔の大写しが多い。アベルが何を考えているのか、これという説明もない。でも、伝わる。
 だたの恋と失恋の物語としてはどうも、サルトルまででてきちゃう会話の内容とかしつこく描くスパゲッティーの食べ方とか??って思っていたら、こんなふうな読み取り方もあるんだなってことを夫から聞いた。フランスの階級のことを描いているんだよっていう見方だ。な〜るほど。確かに二人の女性の教養のレベルや家族のレベルの違いははっきり分かるように描いてあったなあ。
 それにしてもこうもはっきりと女性と女性のセックスシーンが描かれるのはなかなかだ!美しすぎる!切なすぎる!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/5/23  17:08 | 投稿者: masuko

 なんだかすごいことになっている。大ヒット!ってことなんで、観ておこうか・・・下調べでネットで松たか子さんの歌を聴きましたが、お話はどうあれ、歌を聴くだけでも楽しそうだと思って。
 きれいな声だねえ。松さん、神田沙也加さん。いいねえ。

 「Let It Go〜ありのままで〜」

 「生まれてはじめて」

 訳もいいんじゃないかな。
 楽しめた。
 昨日、今日と映画連チャン。そして晴のち雨も連チャン。自転車で出ていったけれど、降っていたときは建物の中でそれほど濡れずに済んだ。不安定な天気だ。暑かったりひんやりしたり。風邪ひかないように。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ