さぶぶぶーーーい

2008/12/6  21:05 | 投稿者: 益子

 真冬の寒さですね。
 母はやっとこ退院しました。施設に戻ると、ヘルパーさんや入居者のみなさんが笑顔で出迎えてくれて、こういう生活も悪くないなって思いました。我が家に帰りたい気持ちもそりゃ正直あるでしょうけれど、我が家だからといってそれほど快適な生活が待っているわけでもないよね。娘の不機嫌な顔をみたり、怒られたりして笑顔あふれる生活環境でもないし、全館暖房でもないしね。施設なら栄養士さんの管理のもと、塩分制限の食事が提供されるし、いろいろな人と話しをして刺激もあるし。
 それにしてもずいぶん、パワーが落ちてきたなあと感じます。できれば寝ていたい、できればなんでも人にやってもらいたい・・・そんな感じです。いつか、本当に寝たきりになり、食事をとることもできなくなったりしてだんだん弱っていくのでしょうね。急性の症状はなく徐々にという場合、家で看取ってあげるほうがいいのでしょうかねえ。そんな状態になるのはどのくらい先のことなのか・・・検討がつきません。
 温泉旅館にいくとか、なんか楽しませてあげることがないかなあって思うのだけれど、塩分制限もネックだし、割りと神経質だから、かかりつけの病院にすぐいけないような遠出は不安になるだろうなあ。今は寒いしね、しばらく大事にして体調を安定させて春にはお花見にでもつれていくかなあ!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ