鎌田實のしあわせ介護

2008/6/8  11:52 | 投稿者: ますこ

 ぼちぼちと読み進めていた「鎌田實のしあわせ介護 苦しみを喜びにかえる33のヒント」を読み終えた。
 いつもながら鎌田さんの暖かさには胸が熱くなる。父や母にこんなに暖かな思いで接しているだろうかと・・・反省させられてしまう。けしてこころの優しさだけで介護を乗り切れなんていっているわけではない。サービスを利用し人の助けを借りて、介護者がつぶれてしまわないようにして・・・鎌田さんの暖かさは介護される人もする人も、死んでいく人も看取る人も、それぞれがその人らしく、最後まで生き生きと・・・そんな思いの実現のために実際にいろいろな行動をし、多くの人を巻き込んで地域社会を変え、ひいては介護保険や医療や福祉や様々な制度に影響を与えてきた。
 そして本を読んでいていつも思うのは、彼の優しさと行動力は、自分が誰の子であるかがわからないというとっても深い悲しさと育ての親への感謝の中から生まれているのではということだ。すごい人だと思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ