病気の子ども達の教育

2005/8/28  10:11 | 投稿者: 益子

 前任校では訪問教育を長く担当した。これは、何らかの理由で学校に通学することができない子どものところへ、教員の方が出向いて、つまり訪問して教育を行う形態である。障害がとても重度で通学できない、自宅が養護学校から遠くて通えないなどの事情がある。また、施設に入所している、あるいは病院に入院している子どものところにも訪問する。筆者は、入院している子どもが病院内の教室で学習する学級を担当していた。病院側が子どもの教育の必要性を感じ、教育委員会と連携がとれ、体制を整えることができた限られた病院で実施されている。それらは、比較的治療に時間のかかる病気(小児がん・心身症・てんかん等)を扱う病院である場合が多い。
 病気とはいえ、病棟から病院内の教室に通って来る元気がある。しかしだからといって、国語、算数の勉強をするほどの気力はない。でも、勉強が遅れるのは心配だ。それより、明日の検査は痛いのだろうか・・この病気は治るのか、自分はこれからどうなるのか・・今日、入院してきた同室の子と仲良くできるだろうか・・家に帰りたい・・子ども達の心は複雑に揺れ動き、さまざまなストレスを抱えていた。 
 そんな子ども達が、「学校に行きたい」と思って、進んで教室に登校して来ることを願い、授業が楽しいものになるように工夫した。そして、子ども達の心の支えになるような教師でありたいと願った。一人ひとりの話にゆっくり耳を傾けた。ゲームで楽しく遊ぶこともあった。アイロンビーズといって小さなビーズで素敵な模様作りをするなど、物を作る活動で心が和む子どもが多かった。
筆者は担当しなかったが、小児がんの子どもを担当すると、場合によっては、ベッドサイドで話し相手になることが授業となり、そして家族と一緒に最後を看取るという悲しい経験をする同僚もいた。
 台風や地震などの災害にあい、思いもよらなかった生活を強いられ、また、心を病んでいる子どももいる。治療の難しい難病になる子どももいる。障害を持って生まれてくる子どももいる。不登校・ひきこもり・・・さらに「普通の子」と呼ばれる子どもも様々な心の闇をもっている時代である。
 子ども達にとって必要な教育とは?学校とは?大きすぎる問いだ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ