特別展「茶の湯」

2017/5/12  12:32 | 投稿者: masuko

 東京へ行くとここに寄ることが多い。東京国立博物館。「茶の湯」展をやっていた。

 お隣の美術館の「バベルの塔」展も気になったけれどね。

 博物館には退職後、ほんの少しの文化貢献と思いまして、毎年ちょっとまとめてお支払いさせていただいて賛助会員というのになっているんで、ひとつの特別展につき1回は会員カードを提示するだけで入れるわけです。

 やーさすがにお着物姿の女性がけっこう多い。

 陶器に興味のある方も多いのでしょうね。じっくりとケースに顔をくっつけて熱心にご覧になり・・・

 なかなかの賑わいです。

 日本に「茶」というものが伝わってきたことで、ホント、素晴らしい文化が育ったんだねえ。

 足利時代の将軍様も、信長や秀吉さんも、利休さんや小堀遠州さんも・・・三井財閥の旦さんも、とにもかくにも、「茶」に親しんで戴いてよかったよかった。

 「曜変天目 稲葉天目」(東京・静嘉堂文庫美術館)は5月7日までの展示で、観られませんでした。残念。

 クリックすると元のサイズで表示します

 でも「油滴天目」(大阪市立東陽陶磁美術館)他、たくさんの国宝や重要文化財等をみせて戴き、楽しかったです。

 
 クリックすると元のサイズで表示します

 ところで、何度も国立博物館には行っていますが。イメージキャラクターにもなっている「ユリノキ」の花が満開の時に行ったのは初めてだったかもな。
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

ついでにユリノキちゃん
 
 クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ