孤独感

2007/7/27  22:12 | 投稿者: 益子

 出張が1週間に3回あるとさすがに疲れる。そして、学校に戻った時の孤独感を何度も味わうので余計に疲れる。養護学校の仕事はチームだ。日々の授業作りをチームで行う。私が出張から戻ると、みんなそれぞれに授業作りの話をしている。私には関係がない。私の出張の内容はとりあえずは彼らに報告する必要のないものばかり。机の上には留守中にたまった電話のメモとか配布された文書とか・・・しばらくは孤独感にひたりながらそういったものに目を通し、よそ行きの自分からいつもの「職員室の中の自分」に戻るための時間を過ごす。
 私が担当していた学年部は夏休みになって、急に秋の修学旅行の準備に盛り上がっている。この盛り上がりに自分は参加できない。もし、あの3月に今のポストになることを断っていれば、多分、盛り上がりの中心に居たはず。別に後悔しているわけではない。今の仕事にやりがいを感じている。月曜日にはある小学校で講演をするが、その準備にのめりこんでいる。私の話を聴いてもらって少しでも、小学校の先生の特別支援教育についての理解がすすめばこんなにうれしいことはないと思う。素晴らしい仕事をさせてもらっているという思いでやらせてもらっている。それなのに、職員室の修学旅行の準備の輪に入れないことを寂しく思うなんて、贅沢なのだろう。
 1学期ご苦労さん会でアルコールが入っているからかな。やけに愚痴っぽい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ