着慣れる

2016/1/6  16:43 | 投稿者: masuko

 暮れから積極的に着物を着ている。能に1回、歌舞伎に2回、家族の食事会で1回、お正月になって友人との新年会で着て、次の日に甥姪がお年始に着てくれる時に着て、今日、夫の方のおじさん宅へお年始に行くにの着て・・・3週間の間に7回。さすがに馴れた。着物を替え、帯を替えると多少の違い(材質による締め具合、帯の柄合わせ)はあるのであれ?巧くいかないなってこともあったが、今日はおおよそ20分くらいでだいたいできた。

 このくらいの時間で着れればいいねえ。でもこれで暫く着ないでいると勘が鈍るからな。

 微調整の仕方、着崩れの治しかたが分かってきたので、ちょっとまずかったところを後から治せるので気持ちが楽。帯を後手に触ってどこを引っ張ると何がどうなるかっていうのもやっと分かってきた。平面の布をどう折りたたんでいるのかっていうことがやっと頭に馴染んできたってことかな。

 母や叔母の着物。着なくてはもったいない。私の次の時代の人達が着ることはあまり期待できない。めんどくさがらずにドンドン着るようにしよう・・・・とは言え、半襟の付け替えとか畳んでしまうこととか考えるとついつい面倒になるけれどね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ