2018/11/23  19:10 | 投稿者: masuko

 2回目のお仕事でした。

 本当は今日はなかったんだけれど、急にね。

 私が契約した結婚式場に演奏者を派遣する会社さん、全国組織だからね、
 京都でも千葉でもどこでも、ハーピストに穴が開くと、「行けませんか!」って電話がかかって来るんですよ。
 三日前の夜のことでしたね。

 で、今回は「今日、いつも私が行く式場に入る予定をしていた人」を千葉に変更して、私をその穴埋めにしたってわけ。

 私はね、まだまだ新米だし、そんな弾いたことのない楽譜を渡されてさっと2、3日で弾けるようになんかならないからさ。

 会社の担当者さんもよくぞ考えました。

 今日はね、さすがに2回目ってことで前回よりは落ちついて弾けましたね。

 自分に裏切られなかったよ。よかったあーーー!

 明日もお仕事。明日は午前、午後の2回。

 まあ、がんばるっていうよりはおめでたい式に同席させてもらって、幸せのおすそ分けでもいただきながら楽しんでやりたいなって思います。

 音をよく聞いて、きれいな音を出すようにしましょう!


 そうそう、今日、おまじないをしました。

 龍体文字っていうのがあってね。ちょっとこれについていろいろと調べたんですよ。まあ本を読んだんですけれど。

 で、痛いところに龍体文字の「きに」って書くと痛みが和らぐとか

 「なわ」はここ一番っていうときに効くよとか

 そういうことがいろいろ書いてあって

 手に書くのもいいよって。

 それで今日は小さくね、両手の手の平に「なわ」って書いておいたの。

 おまじないね。

 楽器とか芸術系が上手くなりたいときは「ねせ」だって。だからこれは紙に書いて楽譜に貼ったの。

 

 日本に漢字が伝わってくる前にはいろいろな文字があったそうですよ。

 例えばヨシテ文字とかカタカムナ文字とかね。

 占いとか神事系に使っていたみたいですけれどね。

 なかなか正式な歴史として認められないみたいけれどね。

 どんな文字かと言うと、

 これです。世にも不思議な字です。


 クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ