2018/6/1  21:57 | 投稿者: masuko

 市内の顕光院というお寺のコンサートに行って来た。

 アラブの音楽。

 ウード奏者の常味裕司さんと打楽器奏者の立岩潤三さん。

 こういうアラブの音楽を生で聞いたのは初めてかもな。

 なかなかよい。

 魂を揺さぶるような繰り返しの多いリズムと独特な音階だね。

 10拍子の曲とかぐっぐっと迫ってくる感じだ。

 どんな音楽もプロっていう人たちっていうのは凄いなあ。超絶技巧であんなに楽しそうに演奏するんだもんなあ。

 常味さんのトークも面白く興味深いものでした。

 古賀政男がアラブの音楽が好きだったそうです。
 カレの作曲したメロディーの翳り?哀愁?そういうのはアラブの音楽と関係あるかもね。

 ウード➡琵琶 ウード➡リュート という流れも教えていただきました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 


0




AutoPage最新お知らせ