2017/6/6  16:28 | 投稿者: masuko

 図書館の新着図書のページで見つけて予約しておいたものだけれど・・・・

 新着といっても昔の本を新装復刻したものでした。

 佐藤さんが68歳とな。

 今は93歳でいらっしゃいますよ。

 最近、書店で愛子さんの本、目立つところに並んでいるよね。

 もうかなり長いこと図書館の予約かごの中に「晩鐘」がリストアップされているんだなあ。

 読みたいと思ってはいるんだけれど、「血脈」を読んだときの凄まじいドロドロ感、自分の家族をここまで書けるかという恐ろしいまでの作家魂・・・・・たじろいでしまうよ。

 「予約」ボタンを押せずに後回しにしている。

 確か今度は自分の別れた夫のことを書いているんだよね。

 で、上機嫌の本はまあ、いわゆる愛子節でした。

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/6/6  13:50 | 投稿者: masuko

 自分の努力ではどうすることもできない、でも、無事に〇〇して欲しい・・・

 てな時に「祈る」という気持ちは誰の心の中にもあるのではないかなあと思う。

 何に対してどのように祈るかはそれぞれのお考え、信条、ライフスタイル、そういうものがあるだろうけれど。

 私の場合、何というはっきりしたものはなく、宇宙を創造されただろう「神」のような存在に心の中で祈るというのが今までの方法だった・・・・かな?

 最近、ちょっと「神社」に重きを置くようになっているみたい。

 旦那なんかは神社に入ったお金が「憲法改正」関係に流れて行っていると言って神社を胡散臭く思っているみたいだけれど、

 そうとも言えないのではないかと・・・。

 確かにそういう旗、〇〇党の議員さんの顔写真入りポスターを貼っている神社もあったりするのだけれどね。

 前置きが長くなりましたが、今日はちょっと「祈る」っていうのを大切にしたい気分でして、神社巡りをすることにしました。

 今住んでいるところの氏神様、旧宅の氏神様、駿河国総社(浅間神社)、産土様。

 自転車にてざっと1時間半弱のコースでした。

 「お願い」よりは日頃の御加護への「感謝」が大切かなと思いますが、それでも、今回は「無事に〇〇して欲しい、お力添えを」とお願いしてきました。


 
0

2017/6/4  19:50 | 投稿者: masuko

 さっそく探して購入してきました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 温度や湿度が大切だったりするようで、けっこう面倒な感じかな。

 米粉の種類やその日の湿度で米粉の水分の吸い方が違ってくるみたい。

 何度かやって様子をみないと・・・だな。

 
0

2017/6/3  22:21 | 投稿者: masuko

 なんちゃってグルテンフリーはほとんどうやむやになっている。

 北海道でラーメンを食べ、六花亭のお菓子を食べ、きのとやのケーキを食べ・・・・

 おいしい物をありがたく、うれしく、幸せになっていただくのは大切な人としての営みです。ハイ!
 
 でも、ちょっと米粉でお菓子やパン作りに挑戦したくなってきた。

 市販の米粉パンミックスなんかにはグルテン粉が入っている。

 これは使いたくない。一応、グルテンフリーを目指して、できれば、乳製品も使わずに作ってみたい。

 都会へ出て行けば講習会もあるようだが、まずはネット検索と、本だな。

 明日は書店へ繰り出そうか。なんか、気持ちがはやる。

 けっこういろいろと手を出し、且つ飽きっぽい? 

 Facebookで友達になっているご縁の杜の女将さんの投稿から拝借

 クリックすると元のサイズで表示します

 スノーボールを作ってみた。美味しいよ。



 本日は姪っ子ちゃんが遊びに来てくれて、いっぱいおしゃべりして楽しかったな。


0

2017/6/3  6:43 | 投稿者: masuko

4:44


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/6/2  19:35 | 投稿者: masuko

 読書に関することはあちらに書いています。➡どうぞ

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/6/1  20:52 | 投稿者: masuko

 6月です。

 今年上半期の大イベント、北海道旅行も終わりました。

 さて、6月はどのように過ごしましょうか。

 どうっていうビジョンもないんですけれどね。

 毎日、気の向くまま、何となくピーンときたことをして過ごします。

 左手親指の付け根あたりの痛みはだいぶ改善されてきました。

 今日はハープを弾いてみましたが、完全復帰とはいえないけれど、まあまあな感じです。

 無理しないで少しずつやっていきましょう。

 今日、ちょっと出かけた時に生まれて育った家、つまり実家のある地域あたりを通り、その地域の氏神様である神社、私にとっての産土神社の横を通ったんで、お参りしてきました。

 産土神さまは、生まれた産院や病院があった場所の氏神さま。産土神さまは、神さまの中で、いつもその人のそばにいて他の神さまとのパイプ役をしてくださいます。(ご縁を繋ぐ神社・仏閣コーディネーター能津万喜さんより)

 だそうです。

 私は実家での自宅出産だから実家の氏神様=産土神様だね。

 子どもの時にこの神社のお祭りの御神輿を担いだことがありますね。

 清水義久さんが1日と15日は氏神様にお参りするといいよ、って言ってたのを急に思い出して、氏神様ではないけれど、私にとっては縁の深い神社だからいいにしてもらおう・・・てなわけです。

 けっこう古い神社です。案内板によれば、和銅4年(711)の棟札が現存しているとか。

 大きな立派なクスノキです。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ