2016/12/6  19:59 | 投稿者: masuko

 行きたいと思っていたところで面白そうなイベントがあったので。

 行きたかったところは湯河原のご縁の杜

 創業65年の温泉旅館を女将が1年ほど前に「心と身体の健康」を考える様々なイベントのできるリトリートの場に生まれ変わらせた・・・ということを、天外さんのFacebook等で知った。女将の深澤さんは天外塾の卒業生だ。

 女将の思いはこちら→

 この一年で本当にいろいろなイベントをしていて、私が面白いなと思ってフォローしている人はなぜかこの宿でイベントを実施する。

 縁はどんどん繋がっていくようだ。

 一度、何かに参加しようと思ってチャンスをねらっていたんだけれど、なかなか他のお遊びと重なったり、前後に何かあってちょっとなあだったり・・・

 今日は二ヶ月に一度のライアーの先生が静岡に来る日だったのに、「ワイン酵母で作るパン」という内容にひかれてこちらを選んでしまった。

 パン作るのって好きなんだなって改めて確認。もちろん、食べるのもですが。

 面白かったですね。

 オーガニック、無添加のワインの瓶の下にたまっている沈殿物(おり)を水で溶き、強力粉を加えて混ぜた物が元種。

 この写真が赤ワインの澱に水と強力粉を混ぜたところ。けっこう硬め。

 クリックすると元のサイズで表示します

 もともとアルコールを発酵させていた酵母なのでかなり発酵力が強いようで次の日には元種として使える(干しぶどうとかで天然酵母を作ると何日もかかるものね)。

 粉や水、塩、元種等の分量はまったく量らず、見た目、雰囲気、指先が粉に触れる感覚等の体感を頼りに決める。

 捏ねない。まぜてまとめるだけ。ビニールにいれて常温で一日。

 一日経ったらビニールからだし、成形して焼いてもよし、もう少し発酵させてからでもいいそうだ。

 粉を混ぜる時から、〇日の〇時位に焼くからそのころちょうどよく発酵してね、とイメージし、粉と心を通わせて作る。

 測らないとか、粉と心を通わせてとか、なかなか面白い「料理人」。

 この方についてHPではこのように紹介している。

 出逢ってしまったのです。お野菜の声を聴きながら料理する人に。
料理は普通なら最終のイメージを決めてから作りますよね。ご縁の杜のシェフは違います。その次元ではなく、料理のゴールを決めずにお野菜に“どうなりたいか”を聴きながら作るのです。どんな風になるのかを瞬間瞬間、自分自身も野菜と一緒に楽しみ、出来上がりの感動を体感していく。シェフの口癖は料理が出来た後に「美味しそう〜!」と何度も連呼すること(笑)。まさに新しい感覚との出逢いです。これは実は私たちすべての人が持っている能力。感じる力です。


 料理人(彼女)は言う。

 「固定観念とか常識とかホントかなって思った方がいいですよ」って。

 「焼こうと思っていた時間に何か用事ができちゃって焼けなくなった時なんかにパン生地に『待っててね』とお願いしておくと発酵しすぎずに待っててくれるんです」

 そんな感じでアバウトなお料理教室は和やかに進行。

 焼けたパンは
 
クリックすると元のサイズで表示します

 みんなで食べ、本日まぜた生地は明日、家で焼くように持ち帰り、元種もいただき・・

 さて、この元種をうまくかけ継ぎしていけるかな。本当は毎日がいいけれど3日に一度は焼いてほしいなということだった。

 焼くということはそのタイミングで元種に水と粉を足して種を継いでいくということ

 既に目前に10日以上、家をあける予定あり。冷凍を試してみるのと、まあ、ダメなら、オーガニックワインを買ってくるところからだな。

 講習が終わって、もちろん、温泉に入ってから帰ってきたよん。

 ワクワクと楽しい一日でした。
 
0




AutoPage最新お知らせ