2016/1/7  19:12 | 投稿者: masuko

 今年初めての映画を観た。

 いつもの映画館、最近の盛況ぶりは目を見はる。私のようなヒマなおじさんおばさんでずいぶんと賑わっている。

 映画ダライラマ14世。「平和とは何か」を考えることができる。
 チベット亡命政府のあるインドのダラムサラで勉強する子ども達のインタビューが印象的だった。どの子も勉強は楽しいと言い、社会に貢献するために勉強したいと言い、今、とても満足で欲しいものは何もないと言う。国をとられ、親をなくし・・・という環境の中でも学校や寄宿舎を与えられ、支援者や仲間に愛され、勉強ができるから幸せだと言う。十分だと言う。

 「足るを知る。」とはこういうことを言うのだろう。

 ダライラマは日本人の甘えた質問に「I don't know 」と答える。それはあなたが考えることだよといっているんだろう。
 神でも仏でもない、ただの人間。悪魔といわれるけれど悪魔でもない、ただの人間だよって笑っている。笑顔がチャーミングだ。

 「平和は心からうまれる。」

 自分の心がを平和で慈愛に満ちたモノであるようにし、自分の家族や自分の周辺との生活を平和であるようにすることがまずは大切だということだろう。まずは自分の足元からだ。

 最近、あちこちで読んだり聞いたりした言葉。「幸せとは幸せになりたいと願ったり努力したりするものではない。“今、幸せ、もうすでに幸せ”なんだよ。幸せであることを感じられる感性を養おう。」この言葉とたくさんのダライラマからのメッセージが重なった。

 クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ