2016/1/31  18:19 | 投稿者: masuko

 文庫本で6冊分。頑張りましたね。やっと読了。

 クリックすると元のサイズで表示します

 全集の44はいよいよゴローニン事件だと思って読みだしたが、嘉兵衛さんが出てくるのは196ページ。そこまではずっとずっとロシア情勢やそれに対する日本の反応。どうしてゴローニン事件が起きたのか、そしてどうなったか・・・その因果関係を詳しく詳しく、綴っていく。
 この時期のロシアのそこそこの人々は外国関係のことは記録に残し書物にして、翻訳してヨーロッパの国々向け販売するという習慣があったようで、かなりの資料が残っているようだ。

 しかし、嘉兵衛さんには感服した。

 ロシアの船に拿捕された時に、こうなってしまったのは運命、おかしな形でこじれてしまったロシアと日本の関係を自分が解決しよう、ゴローニンを釈放できるようになんとか自分がその下準備をしようと進んで捕虜となる。
 そして彼を捕まえた直接の指揮官であるリコルドとなんとかそういった込み入った話ができるまでの会話力を身につける。これが嘉兵衛さんだけの力ではない。リコルドという人も立派な人で、嘉兵衛が尊敬できる人であることをすぐに見抜き、彼と意思疎通をしようとして嘉兵衛さんとリコルドの二人言語みたいなものを作り出していく。
 二人ともに手記を残しているから、自分はこういって相手はこういったという部分を付き合わせていけば、お互いに相手の意図を理解していたとか、少し違ったとらえ方をしていたとか一目瞭然だ。
 どちらの手記を読んでも、二人が深い信頼、友情で結ばれていたことがわかる。

 そしてゴローニン事件は解決される。

 それにしても嘉兵衛さんはただの町人じゃないか。船頭、商人だ。それなのにこの時期に国というものを考え日本人としての立場を考え、さらに他国の事情も鑑みて行動できる、自分のふるまい方を考え決定することができるというのは本当に凄い人だ。ゴローニン解放について日本側への交渉を嘉兵衛さん一人に一任するというように事を運んでいくのは容易なことではなかった。ちょっとして刃傷劇場的なことも嘉兵衛さんはやってのけ、リコルドを脅しつつ信頼させていく。もちろん、いざというときは切腹とまで考え詰め行動している。日本人としてみっともない形で行動したくない、卑怯なこともしたくない・・・そこの部分が文化の違う外国の人には微妙に理解してもらいにくいことだということもわかるからこそ、これが日本人の矜持だ、方法だということをどうにかしてわかってもらおうとして、悪戦苦闘する。
 もしかしたらこの40年後に起きるペリーの黒船事件に発する幕末の志士達の考えや行動より一枚も二枚も上手かもしれないなあ。

 日本に戻り、日本の役人と交渉する嘉兵衛さんが面白い。日本人の役人との会話の方がリコルドとの会話よりよっぽど話も気持ちも通じず、困難だとぼやいている。

 コミュニケーションというのは結局そういうことだね。いかに互いに真心があるかってことだ。

 司馬遼太郎さんにはまいりました。これだけすべてを調べ尽くすというのは容易なことではないだろうね。でも、まあ「竜馬がゆく」とか「坂の上の雲」とか・・・読む予定はありませんよ!!

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/29  19:38 | 投稿者: masuko

 箱根には何度も行っているけれど、ラリック美術館には初めてはいった。

 ルネ・ラリック氏の作品を展示している。ジュエリー作家、ガラス工芸作家。

 作品は例えばこんな感じ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 なかなか繊細、幻想的な感じ。シャンデリア、ドア、壁等の家の中のデザインや豪華客車の内装のデザインなども手掛けている。けっこう見応えのある美術館だったな。

 庭に宿り木があった。こんなに間近に見たことあったかなあ。

 

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/28  16:28 | 投稿者: masuko

 冬らしい箱根を4泊も満喫してきました。

 今までの暖冬が続いていればもっと山登りやハイキングが楽しめたのだけれど、さすがに雪の道はたくさんは歩けず、予定を大幅に変更だった。でも、雪道体験も悪くなかったかな。雪が降ったばかりならまた違ったんだろうけれど、一週間前の雪をたくさんのハイカーが踏み固めて氷にしてくれてあるからねえ。それが怖いんだよね。けっこう歩いている人が多いんだね。箱根の山々。

 ラリック美術館のレストランも箱根ハイランドホテルのレストランもグー!でした。ランチはちょっと贅沢しちゃったね。
 でも、キッチンもあるからごはんを炊いて、味噌汁やら野菜炒めやらで簡単な朝食や夕食も用意でき、何度も温泉に入って、ちょっとした別荘暮らし気分を味わいましたよ。滞在型会員制ホテルも悪くないと思うよ。

 マイ宿の部屋から見える金時山の景色
クリックすると元のサイズで表示します

 乙女峠からの富士山
クリックすると元のサイズで表示します

 芦ノ湖 深良水門からの景色
クリックすると元のサイズで表示します

 湖尻から・・・ 
クリックすると元のサイズで表示します

 雪道をこわごわ歩いているところ
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/26  16:23 | 投稿者: masuko

朝、箱根の宿のガラス窓の結露が凍ってた〜寒いですね。関西では水道管が破裂して断水も起きてるところもあるとか。お見舞い申し上げます。
昨日と同様に8時30分ごろの出発。マイ宿は湿生花園近く。沢山あるゴルフ場脇にサイクリングロードがあります。それを湖尻へと向かいました。雪道ですが昨日と違って平らですから。芦ノ湖畔にでて西海岸の遊歩道を。でも深良水門までの道にアイスバーン状のところもあって、そんな道を箱根町まで3時間以上も歩くのは流石に嫌だとー夫は行きたいみたいでしたけれどね。また新緑の季節にリベンジしましょうってことで湖尻に引き返し桃源台からバスで宿近くまで戻り、ランチして宿。今日も午前中の多少ハードなお散歩と午後の温泉というパターンでした。夕食はお部屋のキッチンで簡単な物を作っています。明日もそのパターンかな。寒いけれど空は澄み切って快晴。気持ちがいいですよ。
0

2016/1/25  16:45 | 投稿者: masuko

夕べ箱根入り。会員になった滞在型ホテルです。京都、城崎温泉、淡路島、鴨川、伊豆高原、そして箱根と利用しましたね。今年は沖縄、琵琶湖も利用してみたいです。
夕べ、今朝と冷え関西では雪のようですが箱根は雪は降りませんでした。でも一週間前に降った雪が道の脇にいっぱい!!
今朝は雲一つない快晴で乙女峠に行くことにしました。いつものハイキングシューズではなくちゃんと登山靴です。かなりの雪道でした。ツルって所を踏まないように一歩一歩気をつけて歩きました。大涌谷の方は黄色い湯煙がモウモウです。海も三浦半島も見えて景色はグーです。峠からは富士山。気温は低いものの太陽の光がいっぱいで歩いていると暑いです。
昼には降りてきてラリック美術館のレストランでランチ。しっかりしたフランス料理で美味しかったです。ラリックさんの作品もなかなか見応えありました。
3時には宿に戻って温泉ビール。まったりしています。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/23  18:12 | 投稿者: masuko

 明日はゆっくりアップできないだろうから一日早く。

 能を見ます。見てから、夕方箱根へ。会員になった滞在型ホテルのポイント消化。2月6日が年度の変わり目。2015年度分のポイントが少し残っていて、それが失効してしまうのはもっていないので、箱根で温泉につかったり、山登り(ハイキング)をしたり、美術館を訪ねたりしたいと思います。
 お天気がちょっとね。雪が降るとか寒すぎるとか・・・まあ、そういう時は温泉でまったりしていればいいでしょう。

 能は江戸城で上演されたものの再現だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/22  17:30 | 投稿者: masuko

 全くミーハーだ。

 朝ドラになる前に「土佐堀川」を読んでいて浅子さんのことは知っているし、朝ドラをみながら、あちこちで紹介される浅子さんのエピソードをネットでみているからあえて読む必要もないのに、まあ、とりあえずざっとコンパクトにまとまっているようだから読んどくか・・・と図書館で借りて来た。

 ほとんどどこかで仕入れた内容とダブルけれど、ひとつ、平塚らいてうさんの浅子評は初めて知った。
 らいてうは日本女子大学校で浅子の演説を聞いたという学生の一人。個人的な交際はなかったようだが、浅子の演説を
 「自分の手腕に自信満々という態度で押しつけがましく、不愉快な演説」と極評しているそうだ。

 ほー。女同志は難しいかな。まあ、そういうふうに評されるのもわからないではない。

 本日は五代友厚が死んだ。死んだというシーンのすぐあとの朝イチにディーン・フジオカが出演していたそうだね。笑える。有働さんがどんなだったか・・・!!面白そうって思って、YouTubeで探しておおよそ見たよ。

 五代ロスが心配されているとのこと。ディーンさん、確かにかっこいい。

 歴史上に実在した人の話を基にアレンジし、ウソも交えて上手にドラマを作っていくものだなあ。

 「あまちゃん」「ごちそうさん」「マッサン」そして「朝が来た」というのが私の中の朝ドラ。あまちゃん以外は大阪のNHK作成。東京の方のはなぜか見ない感じなんですけれどね。でも次は高畠充希ちゃんが主役だからなあ。「暮らしの手帖」のことだしね。見ちゃうかもです。

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/20  16:35 | 投稿者: masuko

 面白い。

 「二」は嘉兵衛がいよいよ蝦夷地に進出。幕府の政策と絡んで定御雇船頭になり函館、択捉島等で活躍していく話。

 そういった筋よりも「一」同様、その時代の情勢についての話が多い。

 蝦夷地を幕府がどう扱っていたか、松前藩はどうであったか、さらにロシアはどう考えどう行動していたか。
 領土問題の始めともいえる。そもそもこの時代、「領土」とはなんであったか。どう考えていたかということについても相当なページをさいている。

 アイヌの人々との関係。アイヌの人々の暮らし方。人間の文明や文化が発展していくということは幸せにつながっているのか考えさせられる。嘉兵衛さんは蝦夷人が和人の暮らし方ができるようになることこそ幸せだと心底思い、そのために一生懸命に産業を発展させていく。

 関連した多くの人々の簡単な略歴からその思想についても触れていくから小説とはいえない資料集的な部分が多くなる。
 
 大黒屋光太夫や間宮林蔵のことも出てくる。大黒屋と嘉兵衛さんとの直接的な交流はないけれど、間宮林蔵は嘉兵衛さんの船に乗っている。このあたり、吉村昭の小説を思い出す。吉村昭だったら嘉兵衛さんのことをどう描いたかなあ。この時代の漂流ものをたくさん手がけていたから、司馬遼太郎が書いているいろいろな時代背景の知識は吉村さんだって十分持っていたはず。

 嘉兵衛さんを竹中直人のイメージで読んでいる自分がなんだかおかしい。

 「三」はいわゆるゴローニン事件だね。明日、図書館に行ってこよう。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/19  16:21 | 投稿者: masuko

 さすがに冬です。寒いです。風が強いです。
 
 猛吹雪という地方の方々、様々な雪の影響で大変な方々、お見舞い申し上げます。大きな災害にならないように祈ります。雪かきで屋根から落ちたりしないように、凍った道路で転んでけがしないように・・・。

 この天気、土日の大学入試センターテストの時でなくて良かったね。

 つい一昨日まで真っ黒だった富士山に雪が・・・って喜んでいる場合ではないかもしれないけれど、でもやっぱり綺麗だし、なんだか嬉しくなるな。

 外まで行って撮った写真とマンションの3F共有スペースからガラス越しに撮った写真。
 こういう時、静岡県のそれもこんな風に富士山の見える場所で生まれ育ってよかったなあって思うわけですよ。特にここへ引っ越してきてからはとっても富士山が身近に感じられます。前の家付近からは上四分の一ぐらいしか見えなかったからな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/18  17:40 | 投稿者: masuko

 寒い時は暖かくしてバスで行こうかな。ホッカイロを手に握って温めながら行くのもいいかも
 今日は雨あがるって思って自転車で先生宅へ。
 ぽつぽつ降る雨。
 そういう時って知らないうちに身体に力入っちゃうんだねえ。ちっとも緩まなくて、指が動かなくてガチガチで、うまく弾けなくて悔しかった。

 練習の仕方。

 倍くらいのテンポでゆっくり弾く。
 付点をつけて弾く。タタタタでなくタッカタッカで。
 右、左別々に弾く。
 階名を読みながら弾く。特に指を外しやすいところは。
 手首の回転を使い、指は力を抜いてパーからグーへ握りこむような動きを使って弾く。指の力で弾こうとしない。

 改善点がいっぱいいっぱいありますよ!!!

 エクササイズの教本が一冊もうすぐ終わる。次には芸大の入試に使うほどのレベルのヤツをやることになってちょっとうれしい。もちろんそれだけのレベルがあるってわけではないです。私たちおばさん達にはおばさん用の到達点を見つけてレッスンしてくれますから。
0

2016/1/17  19:56 | 投稿者: masuko

 姪が懇意にしている整体師の方の勉強会に行ってきた。月に一回開かれているけれど、彼と彼の奥様(お医者さん)、彼のお母さま、そして姪と私というこじんまりとしたもの。2回ぐらい他の方が参加したこともあったかな。私も毎回はなかなか行けない。今回も3か月ぶりかな。
 
 あちこちで仕入れる話と通じるなあっていうことも多い。自己ケアの動きも教えて下さるけれどけっこう難しかったりもするので日常的に取り組めなかったり。でも今回のお話しの中には取り組めそうなものもあったな。自分のためにも復習しようっと。

 心地よいという状態(ゆるんだ状態)をずっと続けていくためには冷やさない。冷えると幸せでなくなる。
 身体が嫌がる人とは一緒にいない。距離を上手にとる。 
 でも嫌な人と仕事を一緒にしなくてはならないとか、仕方なく冷えた・・・などというときにはそのダメージを整える。それにはたくさん身体を触ってあげる。自分を大切にするということ。まんべんなく気を配る。つまり「気」を身体中にあげる。自分をほめてあげながらやる。いい音とともにする(いい音楽聴くってことかな)ともっといい。

 自分を整えると周りもよくなってくる。整うと呼吸がよくなる。呼吸のよい人の近くにいる人はその人にはかなわない。

 髪の毛には「気」がいっぱい。嫌な人には触らせない。美容院は要注意。好きな美容師さんに。頭蓋骨あたりとと骨盤あたりは相似系。頭(後ろ)を自分で触ってあげると骨盤、お尻あたりの凝りがよくなる。

 気のイチ、重心のイチは発する言葉ですぐ変わってしまう。きれいな言葉ではどっしりといい状態のイチにあるのが、「ばかやろう」「死ね」などの汚い言葉を発すると気があがって重心のイチが乱れる。
 これは言葉の意味ではなく、「音」そのものが持つ意味によっておこる。

 四股を踏むような形(腰を割って重心をおとす形)をして会陰が地球の中心の方向にあうと身体の内臓等がよい位置に整う。これを一日三回。

 冬場の今のデトックスの方法。今やると春、夏の体調が変わってくる。
 指の第一関節を曲げる。(反対の手で爪を持って第一関節を折る)薬指はあまりやらない。
 親指:呼吸系 人差し指:胃腸系 中指:耳 小指:腎系 
 薬指は気があがってしまう。心臓とも関係。

 何かに集中すると身体は内旋するから広く気が巡らなくなる。リラックスしてねじれを取ることが必要。逆に、いざ!というときに集中するためには緩んでなくては集中できない。もともとねじれていてはそれ以上ねじれない。

 寒いときは手の甲、足の甲を温めて

 今週から少し寒いからそういう時は甘酒、きのこがいい。
 
 18日、明日はエリンギ食べるといいよ。 今年はオレンジ色が吉。(こういう話になるとこの方は見えないもの見えたり感じたりするタイプなんだろうなって思う・・・)

 私の身体がちょっと歪んでいるっていう話になって、ハープを弾くことと関係しますかねえなんて話ていたら、楽器で一番歪むのはフルートだよって。でそのときに楽器は「その人が鳴る」って言われた。「確かに・・・ムムム」とうなってしまった。楽器って結局、それを演奏する人の「人となり」なんだな。「その人が鳴る」なかなかいい言葉であり恐ろしい言葉でもあるね。私を鳴らさなくてはね。私が成長すれば、私の奏でる楽器の音も変わるんだよね。テクニックだけじゃない。でもやっぱりテクニックも伴わないと私が鳴るとこまでいかないような気もする・・・あー難しい。
 プロの演奏を見ると演奏する姿形、動きが美しいよね。ってことは重心の位置とか内旋とか外旋とかよくわからないけれど、身体の動きに無理がなく、理に適っていて、且つ、力の入れ具合、抜き具合がちょうどよい加減で、且つ、演奏中の呼吸の状態もいいんだろうな・・・

 彼のお話しを楽器演奏と結び付けて感じることが大だった。そして人間って不思議ってまたまた思った。






 
0

2016/1/16  13:03 | 投稿者: masuko

 またまた○○オタクが・・・

 夫の叔父のところに年始に行ったときに夫の友人が開いているクラシックカフェに寄った。そこで珈琲をいただきながらちょうどテーブルにおいてあったカフェ特集の雑誌を読んだ(静岡限定)。

 ほーこんなところにこんな店・・・といくつかチェックを入れメモしてきた。

 そのひとつに酵素玄米を食べさせるよという店があった。繁華街ど真ん中、いつもいく書店のすぐそばだ。さっそく、街に行ったときに寄ってみた。
 Vegetable Smile
 酵素玄米の上にサラダがのっていてカレーソースみたいのをちょっとかけてナッツかな、ヘンプ(麻の実)かな、何かがパラパラとかかっているというベジ丼とスープでランチをしました。動物性ゼロ、グルテンフリーだそうな。1296円。んーちょっとお高いかな。こういう店は材料に凝っているからどうしても高めだよね。美味しかったけれどさ。 

HPより
クリックすると元のサイズで表示します 

 なかなか本題にはいらないね。

 それでその店で見たチラシに一ヶ月に一度瞑想みたいのをやっているというのがあってなんでも澄子さんという人の歌をCDで聴きながら椅子に座ってリラックスするだけとな。

 やってみようということで夕べ行ってきたんですよ。これがクリアゼーション。クリア、クリーン、リラクゼーションをミックスさせた言葉だそうな。

 やってみると11月に八ヶ岳で習ったビーイングタッチの河野さんが提唱しいるハートジャイロ瞑想とほとんど同じなんだな。
 音楽をきいてふわっとしながら身体が動きたいと思うままにゆらゆらと動くということなわけです。そうしていると天からの光を受けて流して出して浄化される。
 河野さんは気が巡る、気が入る、流れるという言い方をしたけれど、まあ、同じでしょ。違うのはこの澄子さんっていう人の音楽を聴くかどうかってところ。

 やっている方としては音楽があるとそれなりにそのムードになるんでやりやすいかも。

 フムフム、いろいろあるね。

 初回CD一枚と飲み物(酵素ジュース)付きで3000円。昨日聞いた音楽のCDがネットで3000円なんでその値段だけで体験させてもらったということですね。

 是非、家でもこのCDを聴いてやってみてということでした。

 澄子さんのサイト 
 Vegetable SmileのFacebook
0

2016/1/14  18:59 | 投稿者: masuko

 いいお天気だけれど気温は低い。富士山の雪は風でとばされてしまったね。
 午後から長いお散歩。10キロ強くらいかな。
 家からずっと南へ。海を見て別の道で家まで。

  クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/13  14:26 | 投稿者: masuko

 読書ってほどのものじゃあないけれど、まあ読んだってことで読書2016で投稿します。

 暮れの関西暮らしでクリスタルワークを経験したことを以前投稿しました。
 三浦宏美さんという方です。彼女はご主人で代替療法に熱心なお医者様と一緒に「自然療法研究所 花音」というものをやっていて、その活動の中にはクリスタルヒーリング以外にもヨガゆる体操があります。それは講師を招いて花音のワーク室で行うものなんだけれど、宏美さん、本人が講師をするものにエンジェル気功講座があります。最近資格を取得したばかりで初めての講座をこの前やったばかりとな。

 彼女と何らかの縁で知り合うことになり、彼女が熱心に取り組んでいるものにとても興味を持ったので、ゆる体操ってなんだいとかエンジェル気功って何?とかネットでいろいろと調べてみたわけです。
 
 そういうわけでこのエンジェル気功を理解するために購入した本です。アマゾンの中古で大変お安く手に入れました。
 
 えっと。簡単にいうと「エンジェル・ヒロ」さんが広めている気功法で、「エンジェルたいっち」と言ったりするらしいです。
 元極功法という修練法がベースになっていて、道教の「太一道」の流れを組むもの。それをヒロさんが日本人にもやりやすいように作り変えているそうです。
 そして、これを楽しくやっていると気の流れがよくなり、ニコニコ細胞が増えて幸せを感じ、幸せな思考であふれ、幸せな現実を創造していく・・・ まあ、そういうことをこの本の中で何度も訴え、まあともかく楽しくやってみてよ〜〜〜と勧めています。
 
 三浦さんのHPに書いてある「六字訣養身法」は夏の天外さんの瞑想断食のときにちょっとやりましたね。いわゆる手足を動かす気功もやりましたが六個の臓器に訴える音を発声しながら瞑想しました。

 この本には「六字訣養身法」ではなく「十字真言」を唱える静功や動功が紹介されていました。きっといろいろあるんだろうな。

 今までいろいろな体操系の健康法を見聞きし体験もしましたけれど、どれもたいてい、それをやっていると「気持ちが変わる、楽しくなる、ありがたい気持ちになる、ラッキーなことを引き寄せる、幸せ感が強くなる・・・」って唱っていますね。人間の心と体っていうのは本当に一体なんでしょうね。
 心も体もどっちもやわらかく、柔軟に、ゆるゆるになっているってことが健康の秘訣ってやつなのかな。

 いつか講習会にいってみるのもいいかもなって思っていますが今のところはパスです。他にも気になることがたくさんありすぎて(笑)
 

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/11  21:54 | 投稿者: masuko

 どうも、暮れから「壊す」が続いている。修理できそうなものばかりではあるけれど、メーカーに来てもらう、修理に持っていく・・・等、意外と面倒というか、プレッシャーがあるというか・・・緊急でもなく、どうしても困ってはいないのでまだ修理に手をつけていない。そろそろやらないとな。
 昔からそこそこ「注意力散漫」で「がさつ」であることを自覚している。年齢もあってか、どうもうっかりが増え、症状が悪化しているように思う。

 要注意、要注意。

 何をするにも心を込めて丁寧にしなくては・・・とわが身に言い聞かせています。
0




AutoPage最新お知らせ