2015/10/31  19:11 | 投稿者: masuko

 なんで??わからん。7時のニュースでも言っている。今日はハロウィーンで仮装した人でいっぱいだって。いつから日本でもこんなお祭りするようになったん?

 図書館に本を返そうと思って久しぶりに歩いた。だんだんお街が近づいてきて古い商店街を歩いていると、子どもたちがぞろぞろと歩いている。みんなハロウィーンの仮装だ。そしてお店によってなにやら貰っている。お菓子だね。こんなの目撃したのは初めてだ。
 もっと繁華街に行くと子どもだけでなくけっこう大きな女の子たちなんかもそういうスタイルで歩いている。そういえばデパ地下ではもうだいぶ前からどうみても似合わない年配の従業員もハロウィーン関係の被り物をかぶっていた。

 この時期の土日は静岡では大道芸を毎年行っていて、けっこう有名な行事になっていて全国からあるいは外国からも芸人やお客さんが集まって賑わうが、今日はそちらの方とハロウィーンと両方ですごい人だ。
 
 大道芸はいいけれど、なんかあの仮装には腹が立つ。
 昔、チョコレート会社の陰謀でバレンタインデーが日本にやってきたように、今回も儲けるための商業ベースに踊らされてこういうことになったのかな。

 仮装した子どもを連れまわり、あちらこちらで写真を撮る親たち。親はどことどこを回るといいよみたいなマップを持ち歩いている。いくつか制覇するとプレゼントがあるのかなあ。

 こういう遊びしか今の子どもたちにはないのかなあ。

 生活の質。食べ物の質が人生を変えると同じように、生活の質だって人生を変える。

 考えさせられる。

 ちなみにウィキを添付 ハロウィン

 2014年のハロウィンの経済効果は1100億円に上り、バレンタインデーの1080億円、ホワイトデーの730億円を抜き去って、すでに6740億円のクリスマスに次ぐビッグイベントとなった

 だってさ。どうやら日本ではディズニーランドに始まり、やはり菓子メーカーが火をつけたみたいね。

 
0

2015/10/31  18:19 | 投稿者: masuko

 食べものの恵に感謝して料理する、食べる・・・

 そのことの大切さを改めて「わら」の船越さんから教えられました。

 断食中、二日目の午後にコップ一杯の野菜ジュースをいただくことができます。過去2回は市販の野菜ジュースでしたが、今回はわらの手作りジュースで人参と玉ねぎを重ね煮したものと船越さんの奥様のご実家の無農薬みかんで作ったジュースをミキサーにかけたものでした。あま〜〜くてとってもおいしかったです。

 で、それをいただくときと、断食明けの食事を食べだすときにみんなで唱えたのが

 雨土の
 お恵みと
 これを作られた方の
 御愛念に感謝して
 いただきます
 この食べ物が
 私たちの身体の中に入って
 自他共に
 お役に立ちますように
 ありがとうございます。
 


 船越さんはこのお祈りをしてから料理するとのこと。(5行目を「料理させていただきます」に変える)そうしているうちに手の平からはレイキが出るようになり、そういう関係の方から「あんた、どうしてレイキでる?」って驚かれたそうな。

 帰って来てから重ね煮について検索したところ船越さんと同じ師匠に学んだ方のHPやそのお料理教室の動画がヒットしました。
 その中にこのお祈りをして料理を始めるところがあったのでリンクします。

 おいしい重ね煮・体験会 その3 火にかける前のお祈り

 重ね煮。昔、玄米菜食にかなり凝って、その関係の雑誌なんかを取り寄せていたときにはしばらくやっていましたね。野菜がとっても甘く甘く煮えます。久しぶりにやってみようと思っていくつかレシピをネットで見ました。重ねる順番を自分で考えるときのヒントは火を太陽だと思って、太陽に近いものから入れていく。つまり、葉物が下で根菜の方が上。と雑誌に書いてあったと思います。今回、検索したHPにはそうは書いてなかったですけれどね。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ